人気ブログランキング |

タグ:雪景色 ( 17 ) タグの人気記事

四月もこの雪⁉

a0214206_14132593.jpg



新元号が発表され、万葉集からの引用という『令和』に、そうなんだァ~
宜しく、和する時代と解釈して、5月を待ちたいと思います。
気分一新の4月、5月となりそうですね。

期待に胸膨らむ新年度をスタートというのに、あろうことか今日はこの雪!
こういう時は
「オイオイ!それはないんじゃないの!132.png 」と、声を荒げますです。

ホントに


a0214206_14134626.jpg


これがあるから、タイヤ交換は急げません。


a0214206_14140348.jpg


外に出した、ボケが寒さに凍えて


a0214206_14142768.jpg


ラッパ水仙も


a0214206_14144142.jpg


雪の話題には事欠かないのでひとつ。

こちら、1週間ほど前の珍現象。
何か笑えます。
フロントガラスの雪がずり落ちながら、
綺麗に丸まって、
これは
羽二重餅? 厚焼き玉子?

とっても端正で壊すのに勇気がいったというお話でした。(笑)



a0214206_14114562.jpg




by budoudana-de | 2019-04-02 14:51 | フォト 日記 | Trackback | Comments(16)

捲れるツララ

a0214206_23563942.jpg



タツノオトシゴがいたり龍神様がいたり・・・・・・・・?



a0214206_23582968.jpg


台所の窓から見えるもの・・・・・・・・

反射的に↓

蛍の光 窓の雪  🎶  書読む月日重ねつつ

確かに明るい
新聞も照明なしで辛うじて読める
でも、
蛍の光は~どんだけいたらいいの?無理と思ふ
しかも、点滅するし
等と










by budoudana-de | 2019-02-17 00:26 | フォト 日記 | Trackback | Comments(6)

やられた・・・‼

a0214206_15294529.jpg


a0214206_15300463.jpg


a0214206_15301744.jpg


今季最強の寒気団襲来ということでしたが
お稽古日であり、気張って車を出しました。
5kmほどがんばりましたが、いけません!!
ホワイトアウト~いつ車が目の前に現れるかもわからない怖さに
これはダメだ。危険過ぎる…
コンビニの駐車場に車を寄せて、お稽古中止の連絡です。
ここ何年も1月はお稽古をお休みにしているので
2月は心新たにの月でもあり
多少のことは得意の根性で乗り越えねば!なのでしたが
お弟子さんに万が一のことがあってはと苦渋の決断です。

車の温度計は-6℃
北海道では-25℃、-30℃ 149.png149.png149.png
って⁉
どんな冷たさなの?
想像がつきません。


a0214206_15563387.jpg


それでも、蔵通りはお客様の姿があり
吹雪を楽しんでいるようです。
外国のお客様の雰囲気もあり
雪国に来た甲斐があったようなものかもしれませんね。


a0214206_15310339.jpg








by budoudana-de | 2019-02-08 23:28 | フォト 日記 | Trackback | Comments(13)
それでも今朝は「ほんの気持ですゥ~」みたいな晴れ間があったりして・・・
所用で上京する主人を駅まで送った後、
そんなに見せつけたいなら結構!撮ってあげようじゃないの!
もう喧嘩腰の爆撮。
無駄な抵抗? そうなんです、ハイ。泣笑



a0214206_12030329.jpg


河川の管理事務所へ向ってみました。


a0214206_12031793.jpg


日光が当たって輝く雪原は美しいです。


a0214206_12032655.jpg


とはいえ、川岸は雪壁の向こうなので行けませんが、
白鳥の鳴き声が元気です。


a0214206_12042731.jpg


a0214206_12044174.jpg


一方、街中(蔵通り)は雪おろしがまだ済んでいな所が多いようで、
屋根の雪が重々しく感じられます。
殆どが昔ながらの商家ですし奥行きがかなりあり、屋根面積はただならぬ大きさです。
雪おろし業者の順番が回ってくるのを待つより仕方ありません。
大変です。
昔は家族も多く、商家であればなおのこと重厚長大の波に乗って今に至る訳で
挙句、若い力(後継者)が不足しています。
雪下ろし中の事故も後を絶たず
本当に困ったことです。


a0214206_12225813.jpg


そうそう、山辺で白い横縞の小鳥を見つけました。
なんでしょう?
ピーピーと甲高い声です。


a0214206_16281341.jpg


さて、今夜はお一人様ご飯です。
ゆっくりいただきま~す。109.png



by budoudana-de | 2019-01-23 16:37 | フォト 日記 | Trackback | Comments(10)

体感温度

a0214206_11594638.jpg


「こんな日ってサ、体感温度下がるらしいよ。」
「そんな感じする?」
「う~~~ん、あんましわかんない。」
「そだよね、あたしたちまだ若いしサ。」
「そういえば、ばあちゃん、寒さが堪えるって言ってたっけなぁ・・・」

ウフッ


とかなんとか言ってるかどうかはわかりませんけど
-4℃の中帰宅途中の仲良しさんたちでした。
昨夜からまた吹雪いて
窓にへばりついた雪の紋章?も
見ようによってはゲイジツ的です、か ??
体感温度が下がったかもしれませんね。109.png 



a0214206_12450937.jpg


新しいPCを決めてきたその夜、
捨てられる気配を感じとったのか
いきなり復活!となり
「よっし、それならば」と差し迫った仕事の処理等々夜中まで互いに頑張りました。
愛着の一台です。


a0214206_11591646.jpg







by budoudana-de | 2019-01-21 13:14 | フォト 日記 | Trackback | Comments(8)

雪の捨場

a0214206_12264909.jpg


雪の捨て場になっている河川敷です。
右端に見える土手とほぼ同じ高さになっていて
というか、雪を落としながら堆積面積を広げているんでしょうね。
高低差7~8㍍以上はあるかと思います。
ここには大きいブルが待っていて(写真撮れば良かったァ~)、
トラックで運ばれてきた雪は空きスペースへと押されながら地均しされていくのでしょう。


a0214206_12265956.jpg


この数日は降雪が少なく、降ったとしても雨雪だったりで
少し日が照ると御覧のように道路の雪はすっかり消えてくれています。
除雪作業も頻繁ですし、しかも、ブルのオペレーターの凄技も大きく貢献します。
舗装はどうしても傷んでしまいますけど
雪のない道を走れる幸いには変えられません。
こんな調子で春までいってくれるといいんですけどね。



a0214206_12270950.jpg




by budoudana-de | 2019-01-15 14:40 | フォト 日記 | Trackback | Comments(14)

雪の山辺

a0214206_01571065.jpg


休眠中のリンゴ山。
見慣れてはいるけれど、 ハアー なんだか凄い、もの凄い!
丹頂が翼を広げたような枝という枝に
重たい雪がのしかかって
辛抱、忍耐などと平易には言えないモノクロームの世界です。


a0214206_01574045.jpg


風が雲をさらっていきます。


a0214206_01572741.jpg


垣間見えた太陽は変わらず猛烈に燃えていました。
ダイナミックです。
そんな下で蠢きながら、双葉が地中から現れることを
待ち望んでいます。
擦り込まれた喜びの経験値なんでしょうか。



a0214206_01582118.jpg




by budoudana-de | 2019-01-10 20:52 | 自然 | Trackback | Comments(6)

冬至から霧の朝へ

a0214206_21451893.jpg


冬至前日の夕景です。
鳥海山を赤く染めてくれるかと期待しましたが、
やはり、太陽の力は弱く朧です。
冬至・・・「陰が極まる」という言葉を見つけました。

と、なれば
極まった後は陽の復活です。
冬至を境に太陽が生まれ変わり、凶が去り吉が再び戻る・・・「一陽来復」
心地よい響きです。


a0214206_13041167.jpg


今朝は霧の朝でした。
午前中1時間ほど気になるポイントに出かけ
生まれ変わった光を集めてみました。



a0214206_13042084.jpg



a0214206_13044054.jpg



a0214206_13274407.jpg



a0214206_13045125.jpg


冬来りなば春遠からじ・・・念仏のように唱えています。笑
南無、南無 ^ー^~~~

a0214206_13371653.jpg









by budoudana-de | 2018-12-23 13:41 | 自然 | Trackback | Comments(6)
a0214206_13400846.jpg


横手市平鹿町の醍醐駅です。
今は無人駅。
単線を走る電車も極めてコンパクト。
ちょうど良いタイミングで電車が来てくれラッキー!



a0214206_13403890.jpg


降りてきた男子学生コートなしです。
これは・・・大人になりかけた男子学生の美学?
男たるもの、そんなヌクヌクのダサいもん着てられるか!でしょうか?笑
とはいえ、家族の車で送り迎えが普通にある時代ですからね。
当然ながら、駅の外にちゃんとお迎えの車が待機で・・・
幸せな時代なものだと・・・


a0214206_13410015.jpg



暗闇の中、去っていく電車の後姿には哀愁が漂いますね。



a0214206_13414062.jpg



アリスの遠くで汽笛を聞きながら~の
レコードジャケットの写真は電化される前の
醍醐駅だと最近聞かされ、好奇心に駆られ仕事帰りに寄ってみました。
国道を折れて1分。
動画は福島県のようです。






街の明かりが雪雲に覆われた空を染めています。
今日の雪景色でした。


a0214206_13421091.jpg









by budoudana-de | 2018-12-16 14:40 | フォト 日記 | Trackback | Comments(6)

雪華イルミ



a0214206_23124516.jpg



ブルー、ピンク、ホワイトの華が咲いていました。
今夜も雪がわんさと降っていますが

お稽古帰りの通過点にこんな嬉しいプレゼントが待っていたなんて!  177.png101.png177.png



a0214206_23131015.jpg


雪が好きになります。笑


a0214206_23133876.jpg


桜の木にしつらえられた3色のイルミネーションは
和みの空間でした。
ブルーが雪夜には一番しっくりです。


a0214206_23135277.jpg




by budoudana-de | 2018-12-14 23:42 | フォト 日記 | Trackback | Comments(4)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31