カテゴリ:いけばな・アレンジメント( 357 )

スワッグ

早いもので、もうXmas飾りの時期になりました。
先週土曜はスワッグに挑戦でした。
厄を祓ったり、幸せを呼ぶために壁やドア等に吊り下げるお飾りです。
約60㎝の土台とあって皆さん立っての作業です。


a0214206_00384887.jpg


少し前にこの日の為にメタセコイアの実を拾ってきたことを記事にしたのですが
後日、京都のHさんから有難いコメントをいただきました。
シダ-ローズを提供してくださったのです。
こちらでは手に入りづらいナンキンハゼまで入れて下さって
茜、感激!! ありがとうございます。162.png
お蔭様でシダ-ローズはレッスンの皆さんにたっぷりお分けでき
ゴージャスなスワッグが完成しました。



a0214206_00383821.jpg


私も皆さんと一緒に制作したスワッグにリボンを結んで
早速、壁に飾ってみました。
存在感ありますね。
12月に入ったらリボンを赤に変えてみようと思います。

その頃は外は雪でしょうか・・・Merry Xmas! 112.png

造花、ドライ、プリザーブドで構成です。



a0214206_22423389.jpg



by budoudana-de | 2018-11-13 23:41 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(2)

華展

第76回秋田県華道連盟綜合いけばな展が開催中です。
秋田市文化会館 地下展示ホール
10月27日~11月4日

a0214206_21525575.jpg


会員出品者数299名が三次に分れて
それぞれの流派の特徴ある作品を展示しています。


a0214206_21524559.jpg


研鑽、美の追求、感性を磨く・・・永遠のテーマでしょうか。

古典華席~秋には枝物がふさわしいと


a0214206_21522511.jpg


5人の合同作はボケに赤白の椿を細髙の器に挿しこんでいます。
お水の補給も大変です。


a0214206_21515369.jpg


作者の熱い視線が感じられます。
ガラス器との調和も素敵です。


a0214206_21544991.jpg


黒ホオズキと再会しました。


a0214206_22115889.jpg



拙作~通うほどに新しい発見と感動を受け
その魅力溢れる奥深さに驚くばかりです。
身近な山里の秋の移ろいを一瓶に盛り込んでみました。


a0214206_21534643.jpg


お近くの方は是非ご来場下さい。
明日から最終の三次展です。


a0214206_21550891.jpg


今夜はやっと我が家です。
ホッ110.png

作品が完成するまでたくさんの目が必要となります。
アドバイスを下さった先輩、仲間
滞在中、お世話になった友
そして
夫の理解と協力に感謝です。





by budoudana-de | 2018-11-01 23:39 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(4)

お出かけ

かなり冷えてきているのに、山辺の田んぼ脇に朝顔が一輪頑張っていました。
他はもう萎んでいるんですけどね。
こうした個体差ってなんだろうといつも思います。
しかも、太陽が西に傾いた時間です。
この時期、陽射しを恋しがるのは人も植物も一緒ですね。




a0214206_10583009.jpg


県の華道連盟華展へ出かけます。
暫く留守にします。
遠くの光が一筋でも自分のところへ届いてくれたらと願っていますが・・・

行ってきま~す。162.png








by budoudana-de | 2018-10-29 11:15 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(0)

多目的ないけばな

先日の町の文化祭では日ごろのお稽古の成果を発表しました。
基本を学ぶための花器から作家さんの器まで様々。
材料集めも「足で稼げ」の通り、お店だけに任せることはなく
野山を駆け巡ることも。汗


a0214206_21032259.jpg



a0214206_21095421.jpg


研究会では講師の解説と技術を学びました。
先生のお手本です。
焼杉材の泊船(とまりぶね)がシンプルで気持ちが落ち着きます。
帆を下した帆柱の感じを表す~静中の静


a0214206_21061707.jpg


今日は旧家の観光にいらしたお客様をお迎えするおもてなしのお花を生けてきました。
陶器の変形花器に自由花。
菊の季節でもあるので、黄菊を挿しましたが
勢いよく水を吸い続けるので、水の補給が大変です。


場所や規模、目的もそれぞれですけど
いつでも気が抜けませんね。^^;



a0214206_21024635.jpg




by budoudana-de | 2018-10-26 22:07 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(2)

釣瓶落とし

a0214206_00392699.jpg


お昼過ぎの2時、お宿到着です。
好天、空どこまでも青し。


a0214206_00394399.jpg


a0214206_00395469.jpg


a0214206_00400482.jpg


仕事に燃えて?気がつけば夕5時半。
窓の外は真っ暗。
これが秋かと・・・
「釣瓶落とし」と何気に言っているけれど、調べたら妖怪が襲ってくるらしく
大木から火の玉が落ちてくるのだと~

さ、さっ 帰らなくっちゃ!
アクセル踏みこんで滑るように家に帰ったとさ。笑

次は11月。
一年が終わっちゃう気分です。
疾風の如し 149.png ネ。


a0214206_00401363.jpg




by budoudana-de | 2018-10-15 23:33 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(2)

気分はお天道様次第?

a0214206_10225511.jpg


今朝、窓辺のハ-バリウムが陽射しを受けて綺麗です。
こんな朝は「太陽にありがとう。」ですね。
昨日、持ち帰ったお稽古の材料を朝一で生け直しました。
材料のひとつ、雲竜柳は我が家からの持ち込みでした。

さあ、午後からお宿の花生けです。
張り切って行って来ま~す!!

お天気次第で気分がこうも違うって・・・
つい、自分を笑ってしまいました。
単純明快・・・つける薬もなし 笑


a0214206_10230696.jpg


昨日、教場へ向う途中虹が~
雨だ、風だ、陽射しだと目まぐるしいお天気でした。
気温も13℃170.png176.png


a0214206_10261032.jpg




by budoudana-de | 2018-10-13 11:06 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(4)

いただいたコスモスです。
179.png
「冬前には全部バッサリ処分してしまうのだからなんぼでも!」

いつも眺めていたコスモスが
あれよあれよの間に抱えきれないほどに。
オカアサンがバリンバリンと情け容赦なく折っていくので
ちょっと妙な汗が噴き出てきたりして(ー_ー;






a0214206_09452895.jpg



「娘も花摘んで行ったもんだ。すぐ散るのに。」
すぐ散る・・・これはなるたけ聞きたくない言葉であって
ちと、心が翳ったけど、帰宅してすぐ下処理してバケツに。

179.png
179.png

翌朝のなんと贅沢で豪華なことよ!!
滅多にありませんからね。
キャッホ




山の~里の~庭の~秋を集めて
練習に励みました。







a0214206_15212539.jpg








こちらもいただいたリンゴで。
リンゴ(1cm強の輪切り)をオーブンでやや焼いた上に
ピザソース、ベーコン、オニオン、チーズ、アスパラ等々
お好みのットッピングで更に焼きます。
リンゴの甘酸っぱさと溶けたチーズの旨味がばっちり!
リンゴの甘さがあるので、ボリュームたっぷりのオヤツです。




a0214206_21481809.jpg











by budoudana-de | 2018-09-24 16:10 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(2)

仕事


a0214206_23122119.jpg




沈む気持ちを振り払って
錦秋の秋を先取りします。
予約の仕事に待ったなしです。



a0214206_23125778.jpg


a0214206_01045744.jpg





寝て、起きて、食べる



寝て、起きて、食べる



エンドレス



時々、頑張ろう  誰かが喜んでくれる

















by budoudana-de | 2018-09-07 23:54 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(6)

a0214206_14113698.jpg




長くいけばなの世界にると、必然的に理想的な花形とその規矩等約束が頭に刷り込まれます。
理想とする姿を自分のものにしたい!
学ぶ世界でのこだわりです。
庭に咲くヒオウギをどっさり採取したものの
どうも
思うようにまとまらず、苛立ち、頭から湯気。 (@m@”)♨




a0214206_01330827.jpg



一日花ではあるけれど次々に花を咲かせるヒオウギは
猛暑の季節に手堅い材料です。




a0214206_14125038.jpg




お盆は年中行事の中でも大事な区切りと思います。
ご先祖様たちの霊をお慰めすることが一番でしょうか。
そして、
帰省してきた家族、友人等との懐かしい時間も待っています。

妹が蜜蠟をお供えしてくれました。
甘い香りがします。


a0214206_11155595.jpg



ご家庭でお客様をお迎えするお花、2点です。


a0214206_14352091.jpg


a0214206_11260257.jpg


涼やかな風が待たれる夏ですね。
暑さ疲れ等お気をつけて
楽しい時間をお過ごしください。
















































































































by budoudana-de | 2018-08-12 11:33 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(0)

小品でも

a0214206_01080230.jpg




「1週間持ってくれれば・・・」
真夏の願いは切実です。
フレッシュフラワーでお客様をお迎えしたいお宿の心意気に少しでもお手伝いできたらと
願っているわけですが
この夏は本当に厳しいものがあります。
器がマンネリ化しないよう、手持ちの花入れを持参しました。
アルミのリングにガラスの落とし付きでシンプルそのもの。
トルコ桔梗、ドウダンツツジ、ワレモコウを極少量挿し入れただけの小品ですが
器のデザインに救われて、ドキッとする存在感です。
いつものお花を新しく見せる工夫が肝要。
3h~hand・head・heart
こんなことを思い出しました。





a0214206_01094888.jpg



a0214206_01135581.jpg










by budoudana-de | 2018-08-07 22:32 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(6)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31