人気ブログランキング |

2018年 03月 11日 ( 1 )

a0214206_14455933.jpg



















講師の
見本作品














10日(土)は今年度最後の研究会でした。
今回は華麗に咲く大輪のお花が主役です。
本来は花王と呼ばれる牡丹が入るところですが
お花事情も人の価値観も変化し
「ねばならぬ」の約束が少しずつ解れて活用、応用の時代です。

7年前の今頃、京都のお家元で学ぶための準備をしていた年でした。
そして、大震災が起こり、家を離れることが恐ろしく急遽取りやめの連絡を入れました。
一大決心で願書を送った結果がこれで無念!でしたが諦めはつきました。

同時に、お花に向かう気力も失せるというか
こんなときにお花なんかを生けていていいのかしらと・・・
日本中が激しい喪失感に襲われていた時です。


「思い出したくない」「忘れてはならない」「語り継がなければならない」の論議も続きます。

ささやかな日々の生活、そして、学びを継続できることを幸せと肝に銘じて暮らす日々です。




a0214206_21044216.jpg


















拙作















買ってから30年も経つガラス花器です。
新鮮だったのでしょうか、仲間が素敵と褒めてくれました。
花器をです。笑
































by budoudana-de | 2018-03-11 23:06 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(0)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜