2018年 01月 06日 ( 2 )

内蔵の無双障子

フラッと立ち寄った町内のお土産屋さんで出会った「素敵」です。
店舗の奥にある重厚な黒漆喰外壁の内蔵に導かれました。


a0214206_20471187.jpg


a0214206_20463608.jpg




板敷きで白漆喰の部屋はかつて商品倉庫として使われ、
その奥は主が大事なお客様をもてなす座敷蔵として使われていたということです。


a0214206_20461909.jpg




座敷蔵内は京壁でしょうか?長い年月で褐色に変色したのかと思われますが・・・


a0214206_20460573.jpg


a0214206_20452833.jpg




そこを仕切るのがこの障子。
無双障子というのだそうで、二重になった障子がスライドします。
ふたつとないという意味を持つ優れた伝統建具です。
換気扇等ない明治時代の建造物ですので、蔵内の換気もこうした工夫を
装飾を兼ねながら贅をこらしたのでしょう。
こうした機能を備えたモダンがあるんですね。
素敵と思いました。

明治から大正時代に渡って造られ、職人たちも技術を競ってきたのでしょうね。

a0214206_20454762.jpg


a0214206_20444897.jpg
縦と横のみで構築されたこれぞ日本の匠!ですが
ここでは欄間の細工が唯一斜め山形のリズムを見せています。

クロス張りだらけで、反響効果著しい我が家とはまるで異次元です。笑

a0214206_20451154.jpg

当町に現存し公開されている内蔵は他にもたくさんありますが、
このように内部の写真撮影が許されいるところとそうでないところがありますので
お気をつけください。






by budoudana-de | 2018-01-06 22:39 | フォト 日記 | Trackback | Comments(6)

窓辺のヒヤシンス

a0214206_22562476.jpg





寒さに負けないヒヤシンスは大したものです。
去年の暮、紫を買いました。
外は雪で真白ですけど
健気に咲いてくれて慰められます。
花ことば「悲しみを超えた愛」ですって。
泣かせてくれますね。

トーチャン、頑張ってます。165.png






a0214206_22564532.jpg














by budoudana-de | 2018-01-06 00:06 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜