人気ブログランキング |

「そんなものだと思っていました。」~ ベストアンサー⁉

a0214206_23321972.jpg



そろそろ厚手のセーターを洗濯することにしました。
が、あろうことかバスマジックリンで洗っていて・・・149.png
ピンクぽいものが隣り合って並んでいたのでうっかりだったかもしれないけど、
ショックとガックリ‼「ああ~、私も終わったっ‼」
『老い』を痛感した5日ほど前です。

で、

今夜のTVで、人間の脳内の老い構造とAIがテーマというのがあって
途中からでしたけど
ちょっと見ていると

学びと経験で構築された脳内の点と線も
年齢を重ねていくほどに減少傾向になるのだけれど
これは
「無駄な思考を整理する」ということでもあるらしく
更には
わかりたくない=したくない であり
倫理的に展開すると
してはいけないことはしてならないとなるらしく
そして、
バカの壁の養老孟子氏の談話の中に
学生にコップに注がれた炭酸水のプチプチが無くなってしまうのは何故?との
問いかけに
ある学生が
「そういうもんだと思っていました。」と(笑)
あ、あァーーー。。。
余計なこと、無駄なこと、嫌なことを排斥しようとしようとする思考の例えでした。

私も考えました。
うっかりバスマジックリンでセーターを洗った老い症候群(きっと)も
そういうもんだと思えば納得です。
お蔭でスッキリ‼

そのままを受け入れることが楽で肝要等と締めくくった
お彼岸の中日でした。 162.png

あっ、セーターはちゃんとおしゃれ着洗い洗剤で洗いなおしましたよ。105.png





















トラックバックURL : https://mirrorinn.exblog.jp/tb/239161518
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiro2831 at 2019-03-22 06:55
洗剤の件、最近の私のような出来事😅
加齢を感じ、老いに不安を感じ
そして、とてつもない恐怖
その繰り返しでごじゃります😨
でも、その感じを感じている
その間は大丈夫❗と言い聞かせる
勝手な自分も居て😅
私はこんな言葉が好きです
年寄り笑うな、いつか行く道
若者笑うな、通ってきた道

読んでいる途中で、セーターどうなった?とハラハラ
良かった~と、安堵してます✌️
Commented by u831203 at 2019-03-22 21:15
ほぼ同じ色柄ですからね
間違いそうですね
シャンプーとリンスの間違いは時々あるんですけどね
気をつけます、
Commented by budoudana-de at 2019-03-23 00:18
ヒロさん
こんばんは。
お恥ずかしい話を暴露で・・・(--;
でもね、それはないでしょう!!のショックでした
いつか行く道・・・なるたけゆっくり慎重に歩きたいですね。
ヒロさんの好奇心と実践力を思えば、老いとは無関係な日々と想像してますよ。
ご心配いただいたセーターは何事もなくフカフカソフトを保っています。(笑)
匂いもなくです。
それにしても、冷や汗でした。^^;




Commented by budoudana-de at 2019-03-23 00:23
秀子さん
こんばんは。
過去を辿れば色々しでかしています。
毎日手に取るものは気を付けないとですね。
勘違いやうっかりだったらいいんですけど、
齢を重ねると心配やら不安が増えます。
こればかりはしょうがないんですけどね。
Commented by powanksyfu-no at 2019-03-26 17:45
た、た、たいへんd( ̄  ̄)
気がついた時はびっくりされたでしょう!!
いや、私もじつは最近、犬用シャンプーで髪洗ってしまい、かなり、ショックを受けたとこなんで、まあ、、そういうこともあるかなあ、、笑笑
きをつけます。
Commented by budoudana-de at 2019-03-27 01:15
らんるるさん
こんばんは。
きゃっ、犬用シャンプーを!
で、どんな感じに・・・?
私も気が付いた時のショックはもう。。。
マジ、終わった!と思いました。
うっかりであったと気を取り直して、明日も加齢な日々を送ります。(笑)






名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2019-03-22 01:13 | フォト 日記 | Trackback | Comments(6)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30