支部花展終了しました。

a0214206_10384452.jpg




22日の生け込みの日から花展終了までお天気に恵まれ
お客様の足も絶えることなく華やかに賑った花展でした。
たくさんのお客様にご来場いただけることが何よりの喜びと励みとなるのです。

お仲間の力作をご覧ください。
ひと花、ひと花に作者の愛と思い入れが宿っています。


a0214206_10364051.jpg




花や花器との出会い、そして、各自のテーマを胸に刻む・・・
勢いがそのまま形になってくれれば幸いですが、
苦しんで苦しんで到達したり、消化不良のまま涙を飲むことも。
こういうことが次に繋がっていくのだと信じているのですが~
個性、感性だけに頼っていては限界が直ぐにやってくることも多しです。

a0214206_10365172.jpg


a0214206_10370215.jpg


a0214206_10371661.jpg


a0214206_10372847.jpg


a0214206_10375768.jpg














 ・艶
 ・弾み
 ・粋
 ・陰陽
 ・季節感
 ・品格
 ・間
 ・感情
  等々~
 たくさんの
 要素を
 どう
 織り込むか
 ...


 
 















a0214206_10432434.jpg


出かける日の朝、庭の白山吹が
「あのォー、私、ここにいるんだけど、連れってってくれない?」と。
そう、声が聞こえた気になったものです。
「ウワー、なんと!喜んで!」174.png


a0214206_10342847.jpg




a0214206_10435139.jpg









 拙作。
  
 寝ても
 醒めてもを
 繰り返し
 やっと
 ここに~

 もう、
 鋏を置こう。

 
 




 
  
 ※縦長写真の
  圧縮方法を
  忘れたまま
  またもや
  このサイズ
  汗














いけばなの写真の前後感はがなかなか表現し辛いものです。
自然の風景はフォーカスの位置で遠近感を出せますが
いけばなの限られた小さな世界では難しいことです。
実際、写真では横に振りだしているように見えるものは
実は斜め奥に振り出ていたり、正面に重なるように写っているものが
力強く前方に位置していることが多くあります。
もし、花展をご覧いただくことがありましたら
そんなことも参考にしていただけたらと思います。


a0214206_10362770.jpg


最後までご覧いただき、ありがとうございました。






  

  




 
  



  
  
























トラックバックURL : https://mirrorinn.exblog.jp/tb/238620711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gojyagojya at 2018-06-25 15:26
茜さん~お疲れ様でした。
お疲れの所、もう花展での素晴らしい作品の数々を見せて頂き有り難うございました。
私の方は週末、公募展があります。。。
がんばらなくちゃね。。。
一日、会場での受付も当たっていて。。。ぼそっ
Commented by budoudana-de at 2018-06-25 16:27
gojyagojyaさん
こんにちは。
掃除機かけて、洗濯して・・・後はなんもせず(笑)

これから公募展~これはどういう形態の花展なんでしょう?
受付けも大変です。
次から次ですね。
でも、頑張って!

Commented by boheme0506image at 2018-06-25 17:39
お疲れさまでした。
このように皆さまの作品が並んでいるのですね。
1枚目、ジオラマ風に見えて面白いですね。
最後の作品・・・なるほど~、撮り方が違うとまた違って見えますね。
最後の横からの撮影を見て、すごい!

Commented by u831203 at 2018-06-25 21:15
すばらしい作品が並んでいますね。
夫も花の絵を描くのに、構図の参考になると言って
生け花の本も買っています。
プレバトでも生け花のコーナーがありますね。
お疲れ様でした。
Commented by budoudana-de at 2018-06-26 00:30
さおりさん
こんばんは。
会場作り、花席のデザイン、色等は毎回頭をひねること多しです。
いけばなは正面から見ることが基本ですので、壁が必要になるんですけど
時に自由花に至っては壁なしのことも。
他の作品と重なって写真も撮り辛いことが発生します。
最後のはいけばなの立体感を知っていただこうと撮ってみました。

街中の紫陽花、綺麗でした。^^
Commented by budoudana-de at 2018-06-26 00:36
秀子さん
こんばんは。
無事終了でホッとしています。
お花を下げる時の早いこと!^^;
長いこと悩ましく過したのに(笑)
ご主人様の植物の絵は毎回楽しみに拝見しています。
いけばなの本も参考にしていただいているんですね。
季節毎の植物が鮮明にそこにあるということでしょうか。
プレバト~私、残念ながら観たことなくて・・・
言葉さえ初めてで検索してしまいました。^^;

Commented by kouhougama at 2018-06-26 00:55
お疲れ様でした。
今年も素敵な作品いっぱいですね❗️
壁掛けの生け込みもいいですね〜
花器も面白いデザインの形あり
いろいろと勉強になります。

銀色の鶴首の花器
生け込みの所は小さそうですけど
綺麗に葉と花が生け込みされて
流石に池坊さん凄いって思いました

Commented by budoudana-de at 2018-06-26 01:23
光峰窯さん
こんばんは。
写真を改めて見直すと立花の掲載が多かったなァ~でした。
花器も素敵なものと出会いました。
流行のもの、古典的なもの、陶器に唐金、和紙を張り付けオリジナルを追求したもの等々
興味が尽きません。
注目された鶴首の作品は優しく品良く繊細でした。
細く際立つ水際が立花の命ですので、私もため息と一緒に暫く眺めました。
際立ち、弾み・・・永遠のテーマです。
毎日の陶作、ご苦労様です。
楽しみに拝見しています。
頑張って下さい。


Commented by kiyoko166 at 2018-06-27 10:37
花と花器・・・どれも見事ですね~しばし見とれて何度も見てました
癒されました 有難うございました (*^_^*)
Commented by budoudana-de at 2018-06-27 11:21
kiyokoさん
こんにちは。
嬉しいコメントをいただきました。♫
ありがとうございます。
皆さん、器も花も吟味に次ぐ吟味です。
そして、花席の間取り(空間)もいけばなを際立たせるための重要なポイントになります。
何事も間と言うことが大切ですね。

そちらのブログも拝見して、とても明るく楽しい工夫が施されて
見応えがあります。
楽しみにさせていただいています。
これからもよろしくお願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2018-06-25 14:33 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(10)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30