木製糸巻

a0214206_23334991.jpg

















 呉服屋さんで
 見つけた
 糸巻です。
 
 艶やかな
 絹糸を
 巻いて
 インテリア
 として
 販売して
 いたのです。
 
 


























なんて美しいんでしょう!
絹糸が巻かれた状態でほぼ完成された形と思います。
使い込まれて古びた糸巻の味わいも
なんともいえないものがあります。

花展での作品に使えないものかと
思案しましたが
・・・・・・・・・・
また、いつかの機会に練り直しです。
惚れ過ぎました。
思い入れが強すぎです。




a0214206_23441524.jpg



木枠も絹糸も天然物・・・綺麗です。

 
 
 












































トラックバックURL : https://mirrorinn.exblog.jp/tb/238573902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by satohit at 2018-06-11 08:52
配色が美しいです。

陶芸でもこんな模様ができないか・・
ふと考えてしまいました ^^

Commented by budoudana-de at 2018-06-11 18:55
satojitさん
こんばんは。
絹糸の艶やかさ、優しさ、繊細さ・・・今回、再確認しました。
紡いだ糸がこの糸巻にクルクル巻かれている光景を想像してしまいす。
釉薬でもきっとこの表現ができるのではと期待しています。^^
よろしく!

Commented by emptynest3 at 2018-06-12 23:20
色合わせが美しい糸巻きですね。
これを作られた方のセンス、好きだわ~。
ところで、大きさってどのくらいなんでしょう...?
Commented by budoudana-de at 2018-06-13 14:13
emptynestさん
こんにちは。
私も同感です。
他にもありましたけど、取りあえずお気に入りになった組み合わせをゲットです。
直径10.5㎝、高さ17㎝ほどです。
存在感あります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2018-06-11 00:05 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(4)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30