人気ブログランキング |

真昼岳でヤマドリ(雄)と遭遇

a0214206_14225129.jpg



a0214206_14294311.jpg


紅葉の頃はさぞや美しかったろうに・・・
明日から雨になりそうだし
雪だってやって来ないとは限らない・・・
そんな初冬を意識する日々です。

もうすぐタイムリミットなので時間があったら行ってみませんか?と
誘っていただいて到着したのが、真昼岳(標高1059m)。
秋田県美郷町から岩手県西和賀町に位置する県境の山です。

いわゆる、奥羽山脈の一端で、山岳信仰の山でもあるようです。

ブナ、ミズナラ等の広葉樹林の中にスギ、カラマツ等が混在しており
こうした多雑種の樹木は動植物にとっても
命を繋げるに好条件の山ともいえるらしいのです。

枯葉が積もる崖の中にヤマドリです。

あ、あっ! マジすか!
行かないでおくれ!
慌ててカメラを構え息も整わぬうち撮った3枚の内の1枚です。

綺麗!
尻尾が長く、これは雄と知りました。
渓流の音しかない山中で遭遇した命に感動です。
去年の7月に隣村(東成瀬村)で出会ったヤマドリは子連れの雌で
地味でしたけど、雄はやはり綺麗です。


a0214206_00452773.jpg



a0214206_00485114.jpg



ここは↘

圧倒的なブナ林や渓流に魅せられます。
葉がすっかり落ちて灰色の幹群が露わになり、寂しいかと思えばそうではなくて
老木も若木も真っ直ぐ伸びたつ姿に凛としたものを感じました。


a0214206_00464116.jpg



西陽が敷き詰められた枯葉を照らし、
木々の影を落とし始めて


a0214206_00480446.jpg



a0214206_00482517.jpg


山を抜ける頃には田んぼや人の住む家が見えてきて解放感に包まれます。
おっ、真昼温泉ですと^^
お爺ちゃん、早目のお風呂ですね。
ゆっくり温まって下さいねェ~


a0214206_20190452.jpg


次回は振り出しに戻って山の景観などをUPします。

トラックバックURL : https://mirrorinn.exblog.jp/tb/237968264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 4416_yumeoibito at 2017-11-09 21:22
こんばんは!
なんと!憧れのヤマドリの、それもオス!
羨ましすぎて、泣きそうですぅ・・・(゚゚;)オオッ
は~い、まだ見たことがありません・・・┐( ̄ヘ ̄)┌
Commented by budoudana-de at 2017-11-09 23:39
yumeoibitoさん
こんばんは。
そうなんです。雄でした。とても綺麗でした。
全体的に赤茶色なんですね。枯葉の色と同化してしまいそうです。
向こうも慌てたでしょうけどこちらもアワワァ~~~!!
手が震えましたです。はい。^ー^;
来年でもこちらにいかがでしょうか。
Commented by emptynest2 at 2017-11-10 11:29
雉のつがいは今でも田舎の畑に出没しますが、
ヤマドリはなかなかみられないんでしょうね。
鳥の世界では、オスの姿が美しいというのが通説。
目の当たりにしたら、感動ものでしたでしょうね。
Commented by budoudana-de at 2017-11-10 21:57
emptynestさん
こんばんは。
雉の番いですか!この辺にもいるんでしょうか?
動く雉を見てみたいものです。
父が仕留めたのかどうかはわかりませんが、我が家に雉(雄)の剥製があったんです。
子供のころからずーっと見ていましたけど、
いつの間にかなくなっています。
きっと家の建て替えのときにでも捨ててしまったんでしょう。

真昼岳のヤマドリは本当に美しく感激でした。
水が流れる音しか聞こえない中で突然現れてくれた呼吸する生き物との遭遇は
どう表現していいかわかりません。
来年もまたいってみよう・・・です。^ー^
Commented by stay-gold83 at 2017-11-12 02:22
私の住む美瑛も野鳥は数多くいますが、これほどハッキリと撮ることはできません…一度撮ろうと試みましたが 逃げられました(笑)あっ鳥も逃げられますがキツネにも逃げられたことあります(笑)
秋田は寝台列車で通り過ぎたことありますが、行ったことありません。こっちの紅葉は完全に終わりました… ちょうど1か月くらい景色が違うと思います。
Commented by voyant-art at 2017-11-12 23:26
素晴らしい〜〜!!
秋田の自然は美しい!その美しさを捉える茜さん、
すっごく素敵だな。
私は昨今ブログと、どう向き合うか悶々と考え続けているの。
創作の原動力となる裏側を伝えたいと思い、
庭の植物を通して表現しようと初めは思っていたのです。
が、何か魂がちっぽけで、ただただ自身の未熟さを確認するのみ。
それで遠ざかりつつあります。

茜さんのようにピュアのままになりたいです。
茜さんの暮らす地方もまた限りなくピュアで、
自身の薄汚れた心が洗われます。
気負い過ぎの頭デッカチで何もできていない自身に
フレッシュな水と光と風を吹き込んでくださるブログです。
私のブログは立て直し再生しますから、待っていてくださいね。
Commented by budoudana-de at 2017-11-12 23:47
ライオンさん
こんばんは。
美瑛の広大で美しい紅葉に魅了されました。
やはり北海道、広大さを存分に感じさせていただきました。

ヤマドリとの遭遇は今回で2回目です。
雌と雄で幸運でした。^^
山の中の動植物は限りないのでしょうね。
ペットと同じように向き合えたら嬉しいんですけど
無理ですよね。笑
こちらも寒くなりましたが、北海道とはひと月遅れて追いかけているのですね。
函館に友がいて数年前に主人とゴルフしてきました。
また、いつかゆっくり旅したいものです。
コメントをありがとうございました。
Commented by budoudana-de at 2017-11-13 00:14
ボヤントさん
こんばんは。
雄大な自然には心底魅了されます。
またそれで飽きない。
やはり山に登る人たちの思いも少しわかる気がします。
春夏秋冬、それぞれの趣きがそこにあって
下界の猥雑さから逃れられる貴重な時間でもあるんでしょうね。
私もこの数年で知った世界です。
大自然も小さな花を透かす光も絶対です。
光と水は親かも。
ボヤントさんの光の捉え方は真似できませんし、だから憧れます。
そして、創作のイメージが湧く!これは最高です。
生活することと創作の狭間で苦心することは私も同じかな。
イライラ、悶々~切ないネ。
でも、時折喜びに感謝することもありで
これが私の生きる道とまた進むの繰り返しです。
きっと、皆さん同じですよ。
新展開も期待しています。
Commented by powanksyfu-no at 2017-11-13 12:35
綺麗な写真の数々に、うっとり。
ヤマドリなんて見たことなくて、感動!
もうすぐ雪が降りそうなきりっとした空気感が伝わってきます。
もう晩秋の山の中の気配大好きです。
Commented by budoudana-de at 2017-11-13 23:33
らんるるさん
こんばんは。
空気が冷たくなってくると写真にもしっかり写し出されますね。
太陽光が弱まってきた証拠なんでしょう。
突然目の前に現れたヤマドリには慌てました。
羽が綺麗なんですゥ。
天然物の神秘性とでもいったらいいのか。ウワー!でした。
そちらも秋深しでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2017-11-09 20:39 | 自然 | Trackback | Comments(10)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30