講習会・生花別伝 / サンシュユの記事

爆弾低気圧の中、無事、講習会を終えることができました。
講師の先生も前日、予定していたより一便早い<スーパーこまち>で秋田入りされ、途中、車窓から見る雪にびっくりされたようです。

a0214206_21112247.jpg  
  今回のテーマは<生花別伝>といって、基本の生花を理解したうえで可能な花。
  味わい深さ・草木からの感動・飾る環境・心情・花器等様々な要因に左右される花です。
  一般家庭の床の間の広さと奥行きは前後に大きく振り出す花形には不便を感じていらっしゃる方も多いのが実情です。
  ですので、奥行きを心配せずに済む「前副」を学び、お弟子さんにもこの形を伝えたいと思いました。
  ← ←  

  向かって左の枝(副)がいつもの斜め後ろとは逆に斜め前方に振り出しています。



           私の前の席では、副の中段流枝が立派にできていました。
           素敵!
           写真では分かりづらいのですが約70㎝の奥行きがあります。
                   ↓ ↓

a0214206_21132530.jpg
a0214206_21141634.jpg


以前にも何度か記しましたが、住宅事情の変化と私たちの心の変化に伴い、いけばなも古き良きものを残しながらも時代の変化に対応し進化し続けています。

華道誌3月号にサンシュユの記事がありました。

a0214206_2303150.jpg

漢字では「山茱萸」と書きますが、「やまぐみ」と仮名がふられていてびっくり!
そして、あの綺麗な紅い実がサンシュユの実だったとは・・・  薬にもなるんですね。
残念ながらサンシュユの木を見たことが無い私はこうして紅い実がつくことさえ知り得ませんので驚きです。
a0214206_2304131.jpg

ブログで今盛んに見せていただいているサンシュユ。
陽の光に美しく輝いて見えることから「春黄金花」の別名が付いているとあります。
こちらも良いお勉強になりました。♪

知識を得られることはとても嬉しく、幸せです。

a0214206_101765.jpg

トラックバックURL : https://mirrorinn.exblog.jp/tb/19550081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kouhougama at 2014-03-10 02:19
綺麗に生け込んでいただきありがとうございます!

茜さんのブログ読ませていただき
私も妻もいろんな勉強でき
仕事にも通じるので助かります

先生方の作品見て勉強してもっと魅力ある
作品が作れるように頑張りますね

小花器の生け込みも綺麗!

Commented by yumesaki_annai at 2014-03-10 06:12
おはようございます~茜さん
サシュユの生け花素敵です
我家は床の間は無し
やはり、床の間に飾りたいですね
サンシュユの赤い実・・・勉強になりました
本日のyumesaki地方は快晴!
ドクターイエローを撮りに出撃します
サンシュユの花が咲いたか見て来ますね
Commented by asahinahikari at 2014-03-10 09:39
お早うございます。活け方のお話なるほどと思いました。確かに住宅事情が変わって来て、子供達の家には床の間がありません。
サンシュユの花小花の固まりが可愛らしいし将来の赤い実も可愛いですね!山茱萸がサンシュユとは、、、
知識を得られる事は本当に嬉しいです。これからもよろしくお願いします。
Commented by itohnori at 2014-03-10 13:41
budoudana-deさん、こんにちは。
 伝統ある活花も時代の変化に合わせて少しずつ変化しているのですね。
基本になるものをしっかり抑えての変化なのでしょう。
流れる様な枝の動きが軽やかで美しいです。
Commented by tamtium at 2014-03-10 17:53
華道はからっきしであります。でも、作品を拝見するのは好きで、機会があると見ています。(^_^;

サンシュユ、素敵な実がなるのですね。
Commented by yumenoki22 at 2014-03-10 23:31
茜さん
はじめまして。
応援ありがとうございます。
茜さんのところを今日訪ねてみました。
サンシュユの枝、なんともいえない撓りに,
思わず私も撓っちゃいました、首を傾げて。
桃の花も、ああ~これだけでひな祭り!!
季節を楽しみに、またお邪魔すると思います。
Commented by budoudana-de at 2014-03-10 23:51
光峰窯様
こんばんは~。
家でもう一度生け直してみたのですが、赤系でも土の香りがするこの花器がよく似合うと思いました。
趣きがあり、味わい深い姿は理想ですがなかなか到達できませんね。
花に器はなくてはならぬもの、素敵な出会いの探究でもあります。
奥様も見て下さっていること、とても嬉しいです。♪
お互いに頑張らなくっちゃ!ですね。
Commented by budoudana-de at 2014-03-10 23:56
yumesaki_annai様
こんばんは~。
サンシュユ、素敵でしょ。
私なんか足下にも及ばないくらいお上手な先輩の作です。
どれほどお勉強されたのかと思うほどです。
いつか私も・・・無理かしら?^^;

そちらのサンシュユ、きっと咲いていいるかもしれませんね。
楽しみです。
Commented by budoudana-de at 2014-03-11 00:05
光様
こんばんは~。
子供の頃の家の間取りを思うと今の住まいとは全く違います。
畳の部屋は母の部屋だけ、縁側に雨戸、襖で仕切られた座敷もなく風情のない我が家です。
アパートやマンションに住まわれることも多く、そうなると、やはり昔ながらの大きく大らかさを求めるいけばなだけでは現代にマッチしませんものね。
試行錯誤が続きます・・・・

Commented by budoudana-de at 2014-03-11 00:08
itohnori様
こんばんは~。
何事も時代に即した形が求められますね。
私たちの価値観も様式美も随分変わったとおもいます。
それでも先人たちの教えも素晴らしいです。
Commented by budoudana-de at 2014-03-11 00:12
tamtium様
こんばんは~。
拙作を観ていただきありがとうございます。
いつか枯れてしまう植物に命を吹き込む作業が性に合っているかもです。

サンシュユの実、私も初めて知りびっくりでした。
Commented by budoudana-de at 2014-03-11 00:40
yumenoki様
こんばんは~。
コメントありがとうございます。♪
拙い作品ですが、いけばな、植物大好き!
こうして講習会に参加する仲間は皆、いけばなに魅せられていると言って過言ではないでしょう。
いつでも満足することはありませんが、お花に触っているだけで癒されます。^^
また、覗いてみてくださいね。
これからもよろしく!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2014-03-09 23:22 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(12)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30