びっくりケヤキ!

ブログを始めてからカメラ(デジカメ)をバッグに入れるのが習慣になりました。
もともと、絵を描いたり写真を撮ったりすることは好きでしたのでついつい拍車がかかります。
それまでは画素数の大きい携帯で十分だったのですが、そうもいかなくなりました。
それにこれまではあまり得意でなかった山際にもそっと行ってみたりもします。
で、驚くばかりの大木と遭遇しました。 <ケヤキ> 樹齢400年(推定)とありました。
この雪国でこれほどまでに枝葉を張らし続けてこれたこのケヤキに、目を見張りました。
知識がなかっただけかもしれませんが・・・
見てください!
a0214206_2255172.jpg
a0214206_2262756.jpg

祠とセットです。ここもまた、農業を護る御神木と思いました。
樹木には神が宿っているとする日本人の祈りを改めて実感しました。

a0214206_22202953.jpg

庭の草花に目を落とすとネプチューンの花芽が大層柔らかく見えました。
トラックバックURL : https://mirrorinn.exblog.jp/tb/12800713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こまち at 2011-06-09 16:34 x
こんちわ!

どこのけやき?
けやきって春先に花が咲くよね!?
堂々と空に向かって手を拡げてるようだね。
夏油温泉に行ったとき祠の隣に大木があって花がついていたような、、、土筆が顔を出し始めた時だったわ。
温泉のおじさんがこの木はなにかわかるか?って質問されてわからなくてさ。。。「けやぎだ、でっけべ~~~!」って教えてくれました。

う~ん、、、思い出してきたわ。。。ありがとう!

昔のことが直ぐでないのはまだ若い???なんちゃってね。
Commented by 長女Y at 2011-06-09 22:58 x
けやぎ~もと西成瀬小前通過して左折するとあたァ。
ほんとにびっくりしたなあ・・・!
一人勝ち。
Commented by 住民B at 2011-06-11 09:14 x
おはようございます。

やっぱり想像は想像でしかないようで、頭の中の想像が吹き飛びました。

枝というには、普通の木の幹なみの枝ぶりがすごいです!
このぶっとく、力強い様は、まさに風雪に耐えてきた歴史を物語っていますね。

ケヤキは冬枯れの枝が夕暮れ時にシルエットになっているのが好きなんですが、
このケヤキなら、絶対雪が枝に降り積もった景色を見てみたいです。

我が家の近くにもケヤキの巨木が何本かあるのですが、会いに行きたくなりました。
Commented by 長女Y at 2011-06-11 21:08 x
住民Bさん ありがとうございます。
>雪が枝に降り積もった景色を見てみたい・・・
こんなコメントを頂いただけで、ゾクゾクッとしてしまいます。
今までは松山が好きでしたが、土にどっかと根付いたこのケヤキの迫力には脱帽です。
雪の季節の楽しみができました。
白野原で思い切り吹雪いている時を狙ってみたいなあ。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2011-06-08 22:26 | フォト 日記 | Trackback | Comments(4)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30