ダリア


a0214206_10172539.jpg





水が下がりやすいダリアの水揚げ中です。
ダリア園から急いで帰り、湯揚げして深水で養っています。
余計な葉や茎、咲きそうもない小さな、小さな莟等も忍びないけれど思い切って取っています。
そうすることで水が無駄なくいきわたります。
やや色づいてきた莟も綺麗に咲いてくれるでしょう。
植物は水から水へが基本ですが、なかなかそうもいきません。
なので、自宅での水揚げ処理は大事な仕事です。
それでも、切ってから三日目で弱ったものも出ました。
また、花びらを広げ始めたものも↘ 
開花の兆しが見え始めたころの状態が一番好きです。
希望と期待のひと時を楽しんでいます。




a0214206_10183677.jpg







付録
ダリア園の後ろには山が控えており、
ちょっと覗いて見ました。




a0214206_23221930.jpg




紅葉が始まったばかりで、おまけに雨雲が立ち込め重苦しく
こんな日の山は緊張します。



a0214206_21155637.jpg


a0214206_23245146.jpg




松枯れです。伝染するらしく無残です。
立派な松がこんな姿に変貌してしまって・・・
松くい虫の被害が蔓延しているようですが、予防等費用も莫大とかで悩ましい事態です。



by budoudana-de | 2017-10-13 11:14 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(2)

a0214206_18141424.jpg


a0214206_18142782.jpg


調べてみましたら、これは「カラスアゲハ」ではないかと・・・
蝶が吸水している姿を始めてみました。
ドキドキしながらそっと近寄りました。
あまりに無防備。手が届きそうです。


a0214206_18150311.jpg


a0214206_18151840.jpg


西陽の時間です。
久々のいつもの山は今日も圧倒的な籠り空間。
枝葉を伸ばし花咲くこの季節の山は計り知れない生命のエネルギーを感じます。
瞑想や、荒業にふさわしい山信仰が古くから人の心に根ざしたのも頷けます。
そういうわけで、修行?を終えた茜は
呆気にとられ、クタクタで山を下りました。


a0214206_22290701.jpg


どれたけの命があるんでしょう・・・
感動と畏れのひと時でした。


a0214206_22285522.jpg


a0214206_23021400.jpg


a0214206_23015603.jpg


a0214206_22283892.jpg


a0214206_22281557.jpg



by budoudana-de | 2017-05-31 09:46 | 自然 | Trackback | Comments(6)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31