剪定後、再びのバラ

a0214206_23465070.jpg


a0214206_23470475.jpg


a0214206_23471611.jpg


今季、2度目のバラです。
ひと月前位でしょうか剪定をしました。
可愛く咲いてくれて嬉しいんですけど
雨が多かったせいか葉が黒点病で無残です。
どんどん広がるんですよね。
地植えのものはしょうがないにしても、
鉢植えは雨の当たらないところへ移そうかどうか迷っているところです。



a0214206_10542193.jpg


by budoudana-de | 2017-08-21 00:06 | 園芸 | Trackback | Comments(2)

カクテル突然変異 ?

a0214206_23582366.jpg



今年はバラの当たり年です。
良く咲いてくれています。

家で一番に咲くバラ、カクテルに先日一輪白が出ました。
赤色が抜けたというか、所々に赤の名残りを残していますが
こういうことがバラにもあるんですね。 びっくり!

本来の赤の隣りにチョコンと。
来年、もしかしたらこの枝に白がでるかもしれませんね。
この茎は切らないでおきます。

そばにアイスバーグが咲いていて、その相関関係も影響ありかしらと考え中。



a0214206_12014850.jpg





a0214206_10084107.jpg



こちらはニゲラ(黒種草)
「欲しかったらなんぼでももってけ~」で、根っこを引き抜いてもらってきたのですが
後で移植を嫌う植物と教えられて・・・
でも、水色の花が咲き今は種ができ始めました。 いやはやラッキー!
和名通り、中の種が黒いので黒種草というのだそうです。
因みに、ニゲラとはラテン語の「黒」という意味です。
細く儚げながらたくさん咲くことからか花ことばは「霧の中の恋人」「茂みの中の悪魔」と・・・
アレンジにも重宝しますので秋に種を撒いて育ててみます。 ルン♪
下部の大きめの葉はパッションフルーツ。
ニゲラが終わり、蔓が伸びて花咲く頃を楽しみにしています。



a0214206_10085427.jpg



a0214206_23584572.jpg


剪定のし過ぎで去年はゼロだったスモークツリーも一年お休みした成果が出ました。
たっぷり咲いてくれたのでそれぞれを集めて " welcome!”

帯状疱疹も医師から「もう大丈夫ですね。ただ、痛みは慢性化することがありますよ。」でした。
疲労、ストレス等気をつけて過ごしていこうと思います。
皆様からのお見舞いコメントに改めてお礼申し上げます。
ご心配をおかけいたしました。



a0214206_23335308.jpg



秋田は昨日、梅雨入りしたばかりというに

まっ、いいかァ~

素敵なハーモニー♪







by budoudana-de | 2017-06-22 21:02 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

我が家のバラたち


a0214206_20470967.jpg


親の欲目とでもいうんでしょうか

今日は~いいね

明日は、もっと、と

毎朝、バラにカメラを向けているものだから

「家の周りでカメラを構えている姿を見ました。」と知人からメールが~笑


a0214206_20472550.jpg


a0214206_20474404.jpg


a0214206_20484829.jpg



a0214206_20503242.jpg



a0214206_20554794.jpg



a0214206_20561533.jpg

by budoudana-de | 2017-06-13 20:23 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

カクテルが咲きだした

a0214206_10173460.jpg


我が家で一番に咲くバラ~カクテル。
これが咲くことで庭の植物たちが夏に向かう節目のように感じます。

もうすぐ6月・・・「あと、半年で白い物が降って来るぞ!」
         この季節の主人の決まり文句。 ギャッ!


a0214206_10181082.jpg


玄関先の卯の花も満開です。

去年はまったく花が咲かなかったスモークツリーも今年は挽回の勢いです。
モコモコ~が楽しみ。

a0214206_10184889.jpg


パンジーがやや重たそう。
切り戻しの頃なんでしょうか?
鋏を入れづらいですゥ~。
お散歩途中の方がとっても喜んでくれました。


a0214206_10182313.jpg

by budoudana-de | 2017-05-30 10:42 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31