ウエルカムアレンジ

お弟子さんのご主人が中学時代の同期生で還暦のお祝い。
昨日は少し離れた温泉旅館に一泊、そして今日は地元で切り盛りする山荘にて昼食と懇談ということでした。
嬉し、懐かしでさぞや盛り上がったことでしょう。
そんな皆さんをお迎えするフラワーアレンジを頼まれ、今朝お届けしました。
a0214206_20342782.jpg
a0214206_20344794.jpg

築何十年経つのでしょうか、きれいに掃除が行き届いて床もピカピカですが、やはり古い。
せめて壁がもう少し明るめだったら良かったのに・・・
でもでもお花も崩れないで運べたし(夫が運転、私は背もたれを倒した上で必死でお花を支えていました。)、根曲がり竹の子の卵とじやちまき、漬物、ウーロン茶のお土産までいただいてご機嫌です。
深夜、完成した作品がこれ。
a0214206_205327100.jpg
背景で雰囲気が大分違います。

午後から母のお注射で病院へ、帰宅したら島根へ無事に着いたと叔母から電話があり一安心です。

母は7回目の注射が済みました。夫に「お母さん、元気だねえ。美空ひばりのようだよ。」と声をかけられ、母の切り返しが「とんでもない、私なんか<曇り空てる子>だわよ。」・・・!
なかなかやるじゃありませんか。
夕飯もきっちり食べ、今は爆睡中です。
あと3時間もすれば「何かさっぱりしたものない?」ってくるでしょうけど(笑)

今年もわらびをいただきました。旬の物をいただけて幸せを感じます。
a0214206_21112845.jpg
a0214206_21121267.jpg
a0214206_21124527.jpg
ご馳走様です。
右はみょうがのおひたしです。
# by budoudana-de | 2011-06-12 21:18 | フォト 日記 | Trackback | Comments(2)

古いアルバム

叔母(父の一番下の妹)が飛行機を乗り継いで島根県からやってきました。
大きな病気を抱えながらも、明るく気丈です。
敬服します。
小さかった頃、この叔母のそろばんのタイム係をしたことが懐かしく思い出されます。
従兄の家で古いアルバムが出てきました。
思わず見入ってしまいました。
a0214206_19523769.jpg
a0214206_19534412.jpg

祖父が雪の中で遠くを見ています。
a0214206_19552277.jpg

出兵前に撮った家族写真でしょうか?真ん中が父です。
a0214206_1957455.jpg

夏の水兵服の父と左に腰掛けているのは~?戦死した父のお兄さんかもしれません。
a0214206_2031967.jpg

冬用の軍服でしょうか・・・父のお兄さん? つめいりは父でしょう。
生きていれば88歳になっていますが、50代半ばで病に倒れました。
そして、「これは誰?・・・違う。わかる?」と大騒ぎした女たちです。(笑)
a0214206_20213330.jpg


このアルバムの時代から約70年経とうとしています。

父が残したぶどうの木がまだ細々と生きています。
今年も私は棚を作りました。ちゃんとブドウができるのがスゴイと思ってます。
a0214206_20353789.jpg

# by budoudana-de | 2011-06-10 20:43 | フォト 日記 | Trackback | Comments(10)

びっくりケヤキ!

ブログを始めてからカメラ(デジカメ)をバッグに入れるのが習慣になりました。
もともと、絵を描いたり写真を撮ったりすることは好きでしたのでついつい拍車がかかります。
それまでは画素数の大きい携帯で十分だったのですが、そうもいかなくなりました。
それにこれまではあまり得意でなかった山際にもそっと行ってみたりもします。
で、驚くばかりの大木と遭遇しました。 <ケヤキ> 樹齢400年(推定)とありました。
この雪国でこれほどまでに枝葉を張らし続けてこれたこのケヤキに、目を見張りました。
知識がなかっただけかもしれませんが・・・
見てください!
a0214206_2255172.jpg
a0214206_2262756.jpg

祠とセットです。ここもまた、農業を護る御神木と思いました。
樹木には神が宿っているとする日本人の祈りを改めて実感しました。

a0214206_22202953.jpg

庭の草花に目を落とすとネプチューンの花芽が大層柔らかく見えました。
# by budoudana-de | 2011-06-08 22:26 | フォト 日記 | Trackback | Comments(4)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー