お隣の成長が止まらないつらら。
これは危険!大きので2mの長さに002.gif 
撮影の後、見かねてシャベルの柄で落としておきました。
共働きの若い夫婦が仮住まいしている家なので、気がつかないのかもしれませんね。
a0214206_22445850.jpg

毎日の降雪でブルもフル稼働です。子供たちの下校時間にブルもステーションに帰っていきます。基本的には早朝、夕方のラッシュ前に除雪が完了されますが、これだけ降りやまないと出動回数はどんどん増えていきます。
a0214206_2252216.jpg
a0214206_22541420.jpg

コートにひっかかって折れてしまったロウヤ柿の小枝。捨てるには忍びなくて~。シャガも賛助出演。
a0214206_23163747.jpg

# by budoudana-de | 2011-12-20 23:17 | フォト 日記 | Trackback | Comments(2)

水仙

池坊人が好む<水仙>の季節。
優しく可愛い、そして甘い香りを漂わせ冬の最中に咲く花。
気温13度で芽が出始めることから、温度計の役目を果たしたということです。
別名<雪中花>ともあります。
和のイメージですが、海を渡って日本の海岸べりに辿り着いた地中海地方生れです。
寒くなるほどに葉が伸び、花を包み守っています。
寒さに耐えながら、凛とした直ぐな姿で咲く水仙は古今を問わず、私たち日本人の心に寄り添うものではないかと思います。
a0214206_11474332.jpg
昨夜のお稽古では私自身も納得いかない姿になり、今朝気を取り直して生け直してみました。
シンプルな姿ほどごまかしがききませんが、何本もない材料でのさばきはこれまで

昨夜教場を出たら雪の夜景が。
a0214206_1158672.jpg

a0214206_11585169.jpg
街路灯に照らされ雪をかぶった木立がまるでお花見の頃を錯覚するよう。
桜並木が雪並木通りになっています。
a0214206_129241.jpg
水仙(雪中花)を生ける日にはぴったりの雪日でした。
# by budoudana-de | 2011-12-16 21:30 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(4)
繻子蘭の花茎がまた少し伸びて、つぼみも大きくなっています。
暖かな朝の陽ざしに包まれて気持ち良さそうです。
ついでに私もお天道様のおかげで落ち着いた朝です。
a0214206_2144251.jpg
今日は今日の、明日は明日の風が吹くけれど・・・・・・・・あれっ、雨の音
これですもん015.gif
めげずに進みまひょ。
空って青いんですよね。当たり前ですけどいつでも雪OKの空は青くないんです。灰色なんです。
寂しいというかスッキリしないわけです。
グダグダゆうてる私も往生際が悪い? アハッ
腹立ち紛れにもう一つ、
電柱と電線~いつものことながら邪魔なのよね。
全部の窓がこんな風に結露でダラダラです。
a0214206_21543122.jpg
a0214206_21544483.jpg
雪を被った遠くの山の先が岩手、宮城の県境です。故郷の山々は今日も泰然と構えておりました。
a0214206_2211634.jpg
やがて雪に覆われる田んぼも規則正しい縦縞模様を見せてくれています。緩やかなカーブは帰り道の跡でしょうね。センスの良いお百姓さんかも。いいなあ。
a0214206_22181434.jpg
今夜はハタハタのしょっつる。お腹がはだけてブリコがブリッ。だしが出て美味しいんですけど写真はいまいちかな?
a0214206_22252621.jpg
母の大好物。母にしては珍しく、こうして煮ると3匹はいっちゃいます。
今日の血液検査の結果、貧血は改善されてOK!2月予定のビタミンB12補給もいらないだろうということでしたが、血糖値が191と高く「200越えたら糖尿病ですよ。」と釘を刺されてきました。
ちょこちょこお菓子を食べているのでそのせいかもしれません。
二人して先生の前で説明を聞いていたのに、「その説明がなかった。」と母。・・・まあいっかあ008.gif
# by budoudana-de | 2011-12-14 22:43 | フォト 日記 | Trackback | Comments(4)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜