パッションフローラ

a0214206_11524836.jpg



あっ!



a0214206_11513301.jpg



a0214206_11492047.jpg






 パッションフルーツの
 花が見たい一心で
 植えたのですが
 今朝、一番が咲いていて
 図鑑で見てはいたものの
 実際を見ると
 なんという姿!
 花びらの色、形~奇跡
 直径7cm。

 商品タグを改めて
 見直すと
 当然ながら

 実になる・・・・・・・
 筆で受粉・・・・・・・
 グリーンカーテン?
 どこまで伸びちゃうの?
 
 これは大変です。
 調べてみないと!










花だけ見れたら満足のつもりが、
結実を見たい、あわよくば食べてみたいと
欲望が芽生えまして
すぐ受粉に取りかかった次第です。 なんと!



a0214206_11482704.jpg
    

















# by budoudana-de | 2017-07-05 12:29 | 園芸 | Trackback | Comments(6)
a0214206_14340485.jpg


思わず歓声が上がります。
天守あるお城の立派さにただただ、ただただ見惚れました。

金沢・兼六園を歩いた翌日は長野にお昼前到着。
荷物を駅前のホテルに預かり、篠ノ井線で約1時間。松本を目指しました。
この特急列車は名古屋へ行く・・・土地勘がないだけに名古屋はそんなに近いのかと~
まあ、それはいいとして

国宝 松本城のしおりから引用させていただくと

400余年の風雪に耐えて・・・
現存する日本最古の五重天守にふさわしい風格ある環境景観。
歴史的・文化的、さらに美的価値も見逃せません。

来て良かったです。ホントにもう!!
お濠から浮き出た様な石垣の上の黒い城。
感動です。
日本のお城はカッコいいですね。



a0214206_14331494.jpg


a0214206_14344077.jpg


a0214206_23252992.jpg



a0214206_20133226.jpg



城内へ入る前に、キュートな殿と姫君が記念撮影OK!ですよ。
でしたが、じいやとばあやは恥ずかしいのでご遠慮申し上げました。

石落、鉄砲狭間、鉄砲庫、三方ふきぬきの月見櫓等々・・・
足を滑らしたら大ごとになりそうな急な階段を上って下りて~
外観は五層ですが中は六階建て(階段を上るのに必死で階数まで気が回らず)のようで
運が良ければ美しい山並が見えた筈です。
残念ながら晴れすぎたせいか遠くの連峰は霞んでおりました。


a0214206_14370537.jpg

幸運でしたらこれでしたでしょう。⇊

a0214206_15093781.jpg



この旅行に際し、ブログで交流させていただいている、
Oさんのお力添えが大きな力となりました。
日程がほぼ決まった段階で、折角だから「せめてもお声だけでも聞けたら~」と
連絡の手はずを取りましたところ、
こうして、時間を割いてわざわざ出向いて下さったのです。
向おうとする先々のビューポイントを抑えて下さり、更に予備知識も与えていただき
見知らぬ土地を旅する者にとって本当にありがたく心強いものでした。
心から感謝申し上げます。

じいやも感謝です。↴


a0214206_14372740.jpg


お濠に黄色の水連が咲いていました。


a0214206_14334155.jpg


そして、Oさんが用意して下さったビッグプレゼント。174.png
美ヶ原高原へ向うことになりました。
森の中を走り、徐々にレンゲツツジが現れ始め、ついには樹木も眼下に見えるようになり
一帯は見頃のレンゲツツジの群生が広がっています。


a0214206_15144222.jpg


途中、湧き水を飲んで喉を潤おし、
ママチャリでこの山道を一人元気に走るお兄さんには、もちろん、声援を送ったりとなんとも愉快・爽快。
遠くに牧場が見えて来ました。
牛が草を食んでいます。
雲が絶えず変化し、目の前で雲が急速に湧き上がってきます。
この辺りは標高約2,000m程でしたでしょうか~


a0214206_15181448.jpg


a0214206_19481441.jpg


高原の風に吹かれながら、雄大な自然を満喫しました。
もう、夕方になっていました。
松本駅でOさんとお別れし
夕闇の中を電車で長野へと戻りました。

次は旅の最後、善光寺のお参りと続きます。









# by budoudana-de | 2017-07-04 20:26 | フォト 日記 | Trackback | Comments(6)
a0214206_20370555.jpg


「大人の休日倶楽部パス(東日本)」15,000円で~上越妙高まで行けるではないか。
ならば、この際だから金沢観光も計画に入れてみよう。
地図上に斜めに定規を当ててみてもさほど遠い土地ではない。
伊豆辺りと同距離かしら?
で、
朝、6:20に家を出て、金沢到着が13:39。
秋田・東北新幹線(大宮乗換)⇒⇒北陸新幹線で
大宮を離れると初めての風景が流れ、富山では秋田と続く日本海が見えて嬉しがりながら
程なく金沢駅到着。
きらびやかな「ひゃくまんさん」が出迎えてくれました。


a0214206_20382042.jpg



a0214206_22191442.jpg



そして、兼六園。
広大で複雑にいりくんだ路が迷路のようで地図を何度も見返しながら、
それでも、ここはどこ?が何度も 泣笑

ことじ灯籠の向こうは内橋亭

a0214206_20392207.jpg


a0214206_22020425.jpg

根上松

a0214206_22025293.jpg


加賀百万石の庭園は松と池が主役でしょうか。
老松は水を求めて水辺へと枝を伸ばすと聞いたことがありました。
思い出します。


a0214206_22105180.jpg


親孝行旅行でしょうか~?
車椅子を押しながらの旅行者も多く
つい、目がそちらへいってしまいました。

こういう形もあったのだなァ・・・


a0214206_20402492.jpg


かなりの時間歩いて、
やっと、金沢城公園入り口、石川橋。
足が痛くなるほどで、ホテルに戻りたい気持ちを我慢して そらっ、歩け!!


a0214206_20411960.jpg


海鼠(なまこ)壁が見えて来ました。
どこに海鼠がいるのか?
どうして海鼠なのか?


a0214206_20450166.jpg




a0214206_11062930.jpg


!?


a0214206_20422277.jpg



a0214206_11060709.jpg



a0214206_22454604.jpg



海鼠(なまこ)壁の内側は~


a0214206_22491300.jpg


土壁と竹、縄、石
ああー、なんという労働力だったのでしょう。
当然ながらすべて手仕事なんですね。
当時、どれたけの人がこれを・・・

非常に興味あった石垣も様々でした。
感激、感心の連続でしたが
あまりに長くなるのでいずれ機会を設けてUPとします。


a0214206_22495469.jpg




大概のとこは踏破して夕5時。
ひとまず香林坊のホテルに戻り休憩。

さあ、お楽しみのお食事です。

ネットで調べておいた「安い、美味しい165.png」の大衆居酒屋・川端鮮魚店(片町)へ。
能登沖で獲れた新鮮なお魚を食すが目的です。
細い階段を上がり、巨大なマグロの頭が2匹並んだ場所で案内を待ち、
通されたテーブルはなんと!ステンレスの流し台のようで、
しかも、注文した地元のお豆腐入りサラダはステンレスボウルでドン。
ネットで覚悟はしていたものの想像以上のなんというか・・・ 豪快
が、しかし、お客様がどんどんやってきます。
皆さん、美味しい場所を知っているんですね。

茫然としている所に、お待ちかねのお刺身7点盛り。
シロエビを始めて食べました。
生ビールで乾杯、地酒もいただき、超新鮮で美味であったお刺身と
大衆酒場の賑いも併せて楽しい、美味しい、安いの三拍子でありました。

そうそう、金沢おでん。
大根を頼んだら ↓ ややっ、70mm high!
イグアナが襲ってきそうに盛られた辛子もスンゴイ!
傍らの菜っ葉は地産のモロヘイヤ類で・・・名前が出て来ません。^^;
酢の物にもこれが入っていました。
美味しかったのでほぼ完食です。



a0214206_23061529.jpg


因みに、北陸新幹線内で食べた駅弁はこれ。


a0214206_11511096.jpg

a0214206_11512211.jpg

次は松本城です。

















# by budoudana-de | 2017-07-03 12:12 | フォト 日記 | Trackback | Comments(12)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー