a0214206_11562588.jpg



パッションフルーツの花を初めてみてから約一ヶ月半経過しました。
たった一個だけ実になりそれなりに喜ばしいのですが
これ以上大きくならないよと言わんばかりの沈黙の果実です。
紫色になれば食べられる
期待に胸ふくらませて毎日、熱い視線を送っているんですけど動じませんね。

で、不安なので調べてみたら

食べられるようになるのは開花から約80日が目安とあり、「そうか、ということは9月中だな・・・ヨシヨシ。」
先ずは安心の報告です。


a0214206_11561239.jpg


そして、主茎から枝が分岐する辺りに甘い液体が分泌するようで
甘さに敏感なアリがすかさずやって来ます。
となると、ケロたちも当然ながらやって来るわけで・・・

ドモ―、オハヨウ!



a0214206_11574869.jpg



尻触れあうも他生の縁。 しりませんでした。   とか~


a0214206_11582604.jpg



a0214206_11591356.jpg



三つ巴?
無駄な戦はご法度じゃ。ボウやここは帰った方が身の為ゾ!?の眼飛ばし。
若いのは腰が引けてるシィ~ とか

クフフな場面が展開するのでありまするが 
ケロ達は欲望に導かれるまま獲物をお腹に納める、冬が来る前に・・・

我が家の新顔、パッションフルーツはケロ達の食欲を満たす場所となりましたとさ。笑


a0214206_12012763.jpg




# by budoudana-de | 2017-08-21 21:46 | 園芸 | Trackback | Comments(6)

剪定後、再びのバラ

a0214206_23465070.jpg


a0214206_23470475.jpg


a0214206_23471611.jpg


今季、2度目のバラです。
ひと月前位でしょうか剪定をしました。
可愛く咲いてくれて嬉しいんですけど
雨が多かったせいか葉が黒点病で無残です。
どんどん広がるんですよね。
地植えのものはしょうがないにしても、
鉢植えは雨の当たらないところへ移そうかどうか迷っているところです。



a0214206_10542193.jpg


# by budoudana-de | 2017-08-21 00:06 | 園芸 | Trackback | Comments(2)

夏のパワーをたっぷり蓄えたまま、草も木も初秋にまっしぐら。
日ざしはやや薄く、稔りのものは膨らみながら色を濃くして風にそよぎます。
この時期の緑が一番深くて濃いように感じます。
堂々の貫禄。

a0214206_23580133.jpg




a0214206_23592252.jpg



a0214206_00005536.jpg


車で移動中、目に飛び込んだ可愛いリンゴたち。
引き返してパチリ。
日光を遮る葉を落とす作業中のようです。
ここは私も蔭ながら念を送って「赤くなれ、甘くなれ~!」

稲もこちらは順調のようです。
新米が楽しみです。



a0214206_00052143.jpg


穂をつけたススキを朝採りして庭のヒオウギ、トクサで逞しい植物の生命力を~


a0214206_11090341.jpg

# by budoudana-de | 2017-08-19 10:19 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(2)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー