<   2017年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

銀行帰り

a0214206_00360151.jpg


見事な実付きです。ナナカマド。
雨にもかかわらずあまりに鮮やかなのでパチリ。
家に帰って写真を眺めているうち、これがお札だったらとあらぬ妄想が駆け巡り、
何度か通帳をめくってみるも赤い実は現れませんで 176.png176.png176.png  なんでやねん!
10月が待ち遠しいよ、年金生活!

9月も終わりですね。
今日は曇天時折雷雨で定まらぬ空模様です。
「寒露」(でした。訂正)「白露」の節気が訪れます。

風邪にご用心。


a0214206_13311248.jpg






 葉が枯れ
 風に
 吹かれて
 律を
 見失う長葉。

 無邪気な
 風船唐綿、
 紅一点の
 トルコ桔梗に
 和みつつ

 深まる秋と
 シンクロ。




























モノクロの秋明菊はポピーにも見えます。

a0214206_00364919.jpg


 

 
 
 
 




















































by budoudana-de | 2017-09-30 14:46 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(4)

水鏡


a0214206_13503303.jpg



a0214206_13502045.jpg



a0214206_13505996.jpg


いい年になったから、今日を切に生きる~これよね。
でも、小難しいことはもういいね。
皆、生きていればこそなんだからさ。

などと、友と長電話した夜。
散々、小難しいことの話しに終始なのでした。苦笑

水鏡には自分の心も写るから身を正してきちんと生きなさい・・・怖っ!


a0214206_13511085.jpg



a0214206_13513299.jpg

by budoudana-de | 2017-09-28 22:51 | フォト 日記 | Trackback | Comments(4)

海彦、山彦 Ⅱ(完) 

a0214206_00461397.jpg


a0214206_11484218.jpg


主人を西目海岸に降ろして、さて、私は・・・
鳥海山、法体の滝(ほったいのたき)を目指します。
お天気がイマイチパッとしませんが、ススキが手を振る高原から山岳路に入るのです。
見え隠れしながら少しずつ大きくなる鳥海山に「やっとこれたァ~❤ よろしくお願いしますダ。」


a0214206_14103288.jpg


広葉樹に囲まれる山道を右に左に川は変化し、覗いてみるとごろごろの石だらけ。
荒削りで自然の成り立ちを思いながらひた走ります。


a0214206_14111863.jpg


一時間ほどでやっと標識です。
崖崩れによる迂回や予想を上回る山岳道のアップダウンの繰り返しにビビりました。
当然ながら鳥海山は広大でした。


a0214206_14310134.jpg



感激と安堵の到着! 
先ず、滝の音が聞こえ、白瀑が遠くに見えます。
そして、川の水がエメラルド色! そして、この透明度!川底が透けて見えてます。
なんて美しいんでしょう。


a0214206_00471274.jpg


赤いつり橋を渡ればもっと滝に近づける・・・


a0214206_00473893.jpg


a0214206_00483299.jpg


100段はあったろう石段の先に展望台が~ハ―ハ―ゼーゼー
「法体の滝」やったァ~!


a0214206_00590819.jpg



a0214206_00493905.jpg


鳥海山東麓、由利地方を流れる「子吉川」の源流部。
一の滝、二の滝、三の滝からなり、流長100m、落差57.4m、滝幅3~30mの名瀑 とあります。

愛用のコンデジの限界をここでも感じてしまいますが、どうか見てやって下さい。(__;)ペコリ


a0214206_00501541.jpg


a0214206_00505178.jpg


川原に下りて、石だらけの上を歩き、水面から顔を出している大きな石を飛び歩いたり
年甲斐もなく子供の頃の記憶が蘇って張り切ってしまうのでした。
お天気まあまあ、自然に囲まれ明るく拓けた空間・・・タッノシィーーーー
翌日には筋肉痛なんですけどね。



a0214206_00513169.jpg


末広がりの滝姿であることも付け加えておきます。


a0214206_00522253.jpg


本当に美しい。紅葉真っ盛りの頃はさぞや・・・

ここは「法体園地」として整備され、キャンプもOKのようです。
28日から紅葉まつりも開催予定です。


a0214206_00525040.jpg


さあ、帰らなくちゃ。
湿原も行きたかったけれど時間が迫ってきました。
自分がどの位置にいるのかまったくわからないまま、標識を確認しながらの山道走行が続きます。
猿倉登山口~こんなところから登山者が入って行く?
後で調べたらこの辺は鳥海山三合目あたりのようでした。


a0214206_00532452.jpg


a0214206_00535966.jpg


a0214206_00541896.jpg


法体の滝ドライブも終わります。
雨がぱらついてきました。
西目海岸も雨が降ってたらまずいなァ・・・
ブナ林、杉木立を横目に主人の待つ西目海岸へ急いで戻ります。

9時半に家を出て15時半には西目海岸で主人と合流。
二人とも遊び過ぎの疲れが顔に出ています。笑
でも、また、来よう!


a0214206_00543513.jpg




by budoudana-de | 2017-09-27 16:32 | 自然 | Trackback | Comments(6)

海彦、山彦 Ⅰ

a0214206_00423162.jpg


やっと釣りに行く気になった主人の狙いはサヨリ。
由利本荘市西目海岸へ11時前到着です。
にわか海彦・・・
釣り道具をすっかり封鎖してしまったのを見て
ゆっくり楽しめる時間があるのに残念なことと感じていました。


a0214206_11040329.jpg


で、釣果は?
サヨリ、ゼロ。凹;
豆鯵40~50匹。寂;

キレイにさばいて(主人が)冷凍したのを、今朝は解凍中です。
唐揚げだそうで 
ここはひとつ、カルシューム摂取出来るぞ!と喜んでプラス思考に 168.png


a0214206_11055220.jpg


この日を機会に、また、やる気が目覚めた主人です。
ヨシ、ヨシ 164.png




















by budoudana-de | 2017-09-27 11:36 | フォト 日記 | Trackback | Comments(0)

秋彼岸も明けましたね。

a0214206_16054664.jpg

お彼岸の中日は妹とお墓参りを済まし
その後、蔵見学でもしてみるかと3軒ほど廻り
古物を扱っているお店(奥に内蔵あり)で、
妹は陶器の豆皿と徳利、私は文机と竹籠が気に入りました。

値札のない古物の値段を店主から聞きだす瞬間は緊張します。
安くても高くても、顔色を変えない・・・これ必須?
そして、1,2回は値切ってみる・・・これも必須!
先方とのそんなやりとりを楽しむ・・・これ古物買いのお楽しみ。

いつか観たテレビで確かこんなことを~
ドキドキで冷汗の奮闘努力でした。(^0^~ ♫

a0214206_16063772.jpg








古物の籠も枯紫陽花、紅葉し始めた葉にも侘びを感じます。
夏の忘れ形見のような大紫露草を一輪添えて引き締めました。



彼岸明けの今日は私一人、お墓へ。
境内の観音様、合掌する姿が綺麗です。 トンボが止まりました。
本格的な秋の到来ですね。 





a0214206_16073198.jpg



by budoudana-de | 2017-09-26 17:50 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(2)
a0214206_10573912.jpg


鉢植えのホトトギスを切り戻したら、本来の姿が戻りました。
バラもそうですが、いつも鋏をいれることをためらってしまう素人の悲しさョ、です。
でも、ひょろひょろとか細くなるばかりで、
しかも、風に揺さぶられている様子はあまりに痛ましい・・・
思い切りましたです。ハイ。
結果、莟も花色も力強く艶やかに蘇りました。

竹籠にペンペン草も添えてみました。


a0214206_10572764.jpg


そして、この日(22日)お昼前、パッションフルーツの花が再び開花したのです。
明け方がかなり寒くなってきましたので
”情熱の果実”はさすがに休止状態に入ったのだろうと思っていましたが
徐々に莟が膨らんでいくのでした。↓


a0214206_11373303.jpg


これから ↗ 1週間後ほどで ↘


a0214206_11240686.jpg


食べられるほどには期待できませんが、思いがけない奮闘に大満足!
蕊の逞しいこと!
ドローンのようにみえませんか? 飛んでいきそう。


a0214206_11243045.jpg







by budoudana-de | 2017-09-25 00:46 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

小さな秋の花

a0214206_23150636.jpg


一輪が5㎜ほどの小さな、小さな花爆蘭(はぜらん) 
午後3時頃に咲いて日が落ちるとともに閉じるを繰り返します。
別名・三時草とか三時の貴公子とも。
思い切り蕊を張って「ここにいるよ!」って虫を呼んでるようですね。
繁殖力が強く藪庭で更に野生化しています。(@。@;)


a0214206_23144440.jpg


孔雀草が今年もレンガ道をふさぎ始めました。
バサバサと垂れてる感じがらしくて好きなので束ねることなくこのままです。


a0214206_23153030.jpg


孔雀草とは対照的に紫苑は真っ直ぐ空に向かって伸びていく姿です。
私の背丈を越えたものも出て来ました。

今日は日中日ざしが強く汗ばむようでした。
かと思えば寒くて重ね着してみたりと
そんなことを繰り返しながら秋が進んでいきますね。
夏の疲れが出るころでしょうか、家でじっとしているとお昼に眠気が・・・



a0214206_23160689.jpg

by budoudana-de | 2017-09-25 00:25 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

舌鼓な秋分の日

a0214206_21074241.jpg


何人かのブロガーさんの炊き込みご飯を見せていただいたら
もう、たまりません。^^;
アサリ、ゴボウ、ニンジン、シイタケ、油揚げで
小さな炊飯器(3合炊き用)で2合炊きました。


a0214206_21075350.jpg


こちらは主人のプランターで育つニンジンを間引いたもの。
天ぷらが美味しいというので、早速ジュワッ!


a0214206_21072162.jpg


お彼岸となればおはぎですね。
昨日のお稽古でお弟子さんが教えてくれました。
白玉粉にお豆腐を混ぜると固くならないと
えっ!? 
これまた即実行です。
お供え用に朝作って、残った一つを夜食べてみましたら
柔らかいままなんです。
マジ、嬉しい!

我ながら、どれもこれも美味しく出来たお彼岸の中日でした。ヤッホー!!



by budoudana-de | 2017-09-23 21:28 | 食生活 | Trackback | Comments(0)

低山秋めく趣き

a0214206_21255614.jpg


a0214206_21261041.jpg


a0214206_21262462.jpg


a0214206_21264655.jpg


a0214206_21265973.jpg


a0214206_21271250.jpg


a0214206_21272455.jpg


a0214206_21273696.jpg


a0214206_21275625.jpg


a0214206_21281735.jpg


ほぼ、中毒です。
春、夏、秋~それぞれ月に最低2度は入山しないと震えがきます。汗




by budoudana-de | 2017-09-21 21:40 | 自然 | Trackback | Comments(2)


a0214206_09432689.jpg


お供え用に桃と梨を買ったら、オマケに桃4個 ↑
しかし、3個・・・美味しそうでつい1個食べちゃいました。 笑
店頭にはいろんな種類が並んでいて、覚えてるだけ挙げると
「ゆうぞら」、「黄貴妃」、「甘甘燦燦(あまあまさんさん)」 どれもこれも美味しそうです。


a0214206_09435360.jpg


そろそろこちらも稲刈りが始まります。
先日、迷いこんだ集落がどうなってるかとフラッと寄ってみるつもりが
また、一本道を間違えて、、 まあいいかァ。--;
オッ、ここは刈りとられてる! ↑
自家用でしょうか?台風通過前に稲を刈ったんですね。きっと。
意識して食べ比べたことはないですけど
天日干しがなんといっても美味しいと。
子供の頃はほとんどがこうした風景でした。

一方、刈入れ前の田んぼは風の跡がはっきりわかります。
いりくんで倒れてしまっています。 ↓



a0214206_09442171.jpg


台風が過ぎ去ってホッとしたのもつかの間、
今日、午後3時過ぎに空は灰色の雲に覆われ、雷に稲妻そして土砂降りの雨が降り出しました。
外に出られないほど強い雨です。
スーパーの中で小一時間ほど待機も、小降りになった隙間を縫って車に飛び込みました。
なんと激しい気象なこと!
「わっぱか!」お手上げ状態を秋田弁で言うとコレ!


a0214206_19180889.jpg



by budoudana-de | 2017-09-20 20:11 | フォト 日記 | Trackback | Comments(2)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜