<   2016年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

小安温泉を過ぎると程なく大湯温泉。
広々の道路を走りながら心が弾みます。


a0214206_09513732.jpg「日本秘湯を守る宿」~興味をそそられます。
この旅館はテレビでも時折紹介されているようで
秘湯ファンならばだれしもご存知の宿なのかもしれません。











a0214206_09514670.jpg















屋根つきの廊下を下りると野趣たっぷりのお風呂場があり、もちろん露天風呂も。
見降ろすだけでもこのひなびた感は垂涎ものです。

a0214206_09520044.jpg


いつかここのお湯を頂戴するとして今回は先へ進みます。
トンネルを抜けて左折すれば今回の目標地栗駒山(須川岳)・須川湖です。


a0214206_16345732.jpg

まだ消えきらない雪が点在し始めてちょっと興奮してきます。
やはり、現地に来てみないとわからない自然のありようなのでした。


a0214206_16352333.jpg
つづら折りの山道、緑を見て、時折雪を見て・・・

須川湖に到着です。

a0214206_16361628.jpg

アルファ波出ますよね。
水面と木々を眺めながら湖畔を散策。
気持ちよかねェ~よかよか^^
気持ちええなァ~まんずまんず^^
九州弁も秋田弁も出ます。(笑)


a0214206_16363745.jpg
a0214206_16370185.jpg

冬季閉鎖が解かれて間もないこともあって、観光客もあまり多くはありません。
人がごった返す場所はどうも苦手の私にはありがたき静けさです。
因みに私は山羊座。孤独を愛する星座?
山に佇むのが好きなのもこの辺りに因果関係があるのかも・・・
な~んちゃって^^

a0214206_16372082.jpg

須川岳まであと2㎞の位置なのですが
例によりタイムアップです。
戻ります。

a0214206_10480613.jpg

少しばかりかき集めた雪をワイパーに乗せてご機嫌ドライブ ♪

a0214206_10482472.jpg
消えないうちに撮っとこう!
水の気配がするものがそばにあるって気持ちいいんです。


a0214206_10483867.jpg
大分戻りました。
さあ~、右折です。
左折すれば宮城県栗原市へ。
秋田、宮城、岩手の三県にまたがる栗駒山(須川岳)、標高1626m。
登山口もたくさんありました。

a0214206_10485554.jpg
a0214206_10491179.jpg

正真正銘、奥羽山脈、真っただ中です。
そして、全部緑。
全てが息づき厳しかった冬とはあまりに対照的、
めりはり大のダイナミックな自然に包まれて今回も満足ドライブでした。


a0214206_10492593.jpg


by budoudana-de | 2016-05-31 13:37 | 自然 | Trackback | Comments(4)
峡谷を覆う新緑が眩しく
(機会を逃し10日ほど前の様子をUPです。)
a0214206_19114289.jpg

岩の隙間からお湯が

a0214206_19130205.jpg

そろそろ湯気が見え始てきました。


a0214206_19123351.jpg

噴湯です。

a0214206_19134404.jpg
a0214206_19145604.jpg

大迫力!音もスゴイ!
看板によれば「雷神のような響きを立て......湯が出ている。」

200年以上前の紀行文に記録があるということは
つまり
現在と同じ場所で延々と噴湯が吹き出ているということになるらしく
それもスゴイ!


 
a0214206_19140412.jpg

噴湯の通路を急ぎ足で通過すると
次は心臓破りの長~い石段です。
今回3度目なので
覚悟はできてる。万全だっ!
一気に登り切ればいい。

a0214206_19143860.jpg

な、訳ないっ!

心臓バクバク、ついでに膝関節悲鳴!

お陰で4日間、膝、ふくらはぎが痛んで階段を下りるのに一苦労でした。(爆痛)

そして、後ろにいた筈の年配者のグループはいつの間にかいなくなってると気付き
「引き返す勇気が肝心」の訓を思い出しつつも
「ここで引き返しては女が廃る」・・・を選択したのでした。
アハハ


a0214206_19154422.jpg



ここは以前にも何度か紹介させてもらっている、秋田県湯沢市小安峡温泉・大噴湯。

a0214206_19465292.jpg


この小安峡温泉前の稲川町は稲庭うどんの生産地でもあり、
途中各生産工場の看板やお食事処も何件かあります。
目に付いた看板だけのUPですが他にもたくさんの生産工場があります。
コシがあり平たくてつるっつるの上品な喉越しが持ち味の稲庭うどんです。
稲庭そうめんがまた美味しい!


a0214206_20113591.jpga0214206_20115508.jpga0214206_20121336.jpg












a0214206_20120448.jpga0214206_20123404.jpg













by budoudana-de | 2016-05-30 16:38 | 自然 | Trackback | Comments(6)

あれっ!

a0214206_21471308.jpg


えっ?

a0214206_21482958.jpg


どうしたの?

a0214206_21493081.jpg


コミュニケーションとりたいなァ~。
よこしまなもので気を引こうと・・・

a0214206_21505074.jpg

匂いを嗅いだきりスル―(__);

体をびくっとして凝視しているのは
ここに何かいるのかもしれない。


a0214206_21520987.jpg

ここはソバ畑。

畦のハルジオンが夕陽を受けてか、ひと際鮮やかな桃色。


a0214206_21513614.jpg
a0214206_21533819.jpg
夕焼けがキレイな夕餉時
ニャンコと見つめ合いました。
猫が好きと言う人の気持ちがわかったような気がします。
キレイ尽くしでした。


今日は5月最後の日曜日。
早い・・・
朝早く福島県郡山市に出かけて来ます。

a0214206_21543303.jpg


by budoudana-de | 2016-05-29 00:33 | フォト 日記 | Trackback | Comments(2)

葡萄棚とメタセコイア 

蔓が伸びる、のび~る!
雨後の晴れ間は夏の陽射しのようです。

棚を作らなきゃ・・・雨や仕事で3日ほど眺めてやっと晴れた今朝作業を開始しました。

園芸用の杭がいつものように大活躍です。
蔓が這うのに効果があるのかどうか?^^; 今回は斜めにも杭を渡してみました。


a0214206_12442972.jpga0214206_12590788.jpg





















素人演芸(園芸のつもりが変換でこれが出て)
見透かされているではないか!
な~る、ごもっとも。


葡萄の収穫はもちろんのこと、
棚は2mの高さだから夏場の日陰スペースを作ってみたいのが第2目的でもあるのです。
それに去年はケロちゃんが葡萄の上で良い表情を見せてくれました。
今年も期待しています♪


そして、いつも山野草を持って来て下さるT氏から今回このメタセコイアをいただきました。
貴重なものですし、ちゃんと育てられるか不安で遠慮したのですが、
「大丈夫、気にしないでいいから! 涼感を楽しんで~」とありがたい一言でした。


a0214206_12451101.jpga0214206_12452194.jpg















存在感大のカメに化粧石も置いてくださったり、
心憎い演出にウルッ 040.gif
ありがとうございます。
明るい場所を好むようなので東側に置いてみます。








by budoudana-de | 2016-05-28 14:04 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

雨と光の恵み

a0214206_22234425.jpg
a0214206_22240656.jpg


池の片側は崖になっていて、岩肌にしがみついているような雑木群です。
崩れはしないか心配になります。
今日の池の周囲はすっかり緑が濃くなって鬱蒼としていました。
去年の紅葉も感激しましたが、この深い緑もそれに負けていません。

a0214206_22231807.jpg


ポツリ、ポツリ

a0214206_22243526.jpg
a0214206_22245138.jpg


ゆっくりしていられないので帰ります。

若いヤマボウシが新鮮で綺麗でした。
葉もツヤツヤ、感動です。

a0214206_22253955.jpg
ジーコ、ジーコしているうちに光の玉が見えて来ました。
カメラを持つ手が震えました。

a0214206_22250871.jpg
a0214206_22402771.jpg

by budoudana-de | 2016-05-25 22:55 | 自然 | Trackback | Comments(8)

紫蘭を生ける

花壇も畑も雨が欲しい頃ですね。
夏日が続いて地面はカラカラです。
そんな中、
庭で盛りの紫蘭を生けてみました。


a0214206_13231399.jpg

a0214206_13233202.jpg










西陽が当たる場所に紫蘭のスペースがあり
花葉の向きが同じ方向に偏ってしまうので
姿を整えるのに苦心します。
野趣を残しながら生けることとはいえ
庭花となると、野山にあるそれとは当然違いがあると悟ります。

今年は草花の成長の勢いが強く、
しかも、一斉に咲き出すので「ウワッ、待ってちょ~うだい!」

それでも「らしさ~」を目指して真・副・体。^^;






庭で大紫露草が咲きました。
午後には花びらを閉じようと丸まってきます。

a0214206_13234823.jpg

3日前に一輪咲いたアヤメも次々に開花してかなりの数になりました。
季節毎の花色も大別すると春の黄色、桃色そして白から紫へと移行していくように感じます。


a0214206_13235751.jpg

鉢の中ではナデシコ、そして、斑入りの葉に青の小花がついたこれは?
名を忘れちゃいました。
頭、ドヨヨ~ン (@/@;)!!
寄せ植えの空間を埋めるに役立つお花ですが
今年は可愛いお花を咲かせました。

a0214206_13241101.jpg
なんだっけなァ~
コリウスの仲間でしょうか・・
青いお花が可愛いんです。
a0214206_13242489.jpg





by budoudana-de | 2016-05-24 22:43 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(8)

庭に君臨するあれとこれ

よか被写体です。
いい仕事してくれますね。ケロちゃん。

a0214206_19444918.jpg

野イバラの中のクイ。
またがればいいものを
敢てギリギリを選んだこの後ろ姿
思い切り受けながらシャッターを切ったけど
後でケロちゃんの真剣さが伝わり
真面目にブログUPを誓ったのでした。
ご覧の皆様も真剣に見てやってください。(笑)

a0214206_19443906.jpg

クイも斜めだけれどケロの半ケツ落ちと目線の先が
緊張の瞬間を示唆しているようで
かっこいいなァ。


a0214206_19442822.jpg

こちらは働き者の蟻ん子。
昆虫の羽根を見つけたんでしょう。
かぶされば自分の体が隠れてしまいそうな大きさです。
軽いけれど風が向ってきたら羽もろともひっくり返る・・・
急ぎ足で巣に運ぼうとしています。
くわえている口元が陰になって残念。

a0214206_19451030.jpg


人も花も虫も生き生きの5月ですね。



by budoudana-de | 2016-05-22 20:31 | 園芸 | Trackback | Comments(10)

我が家の花たち 


a0214206_09404314.jpg

卯の花にほう朝、小さき花弁が一斉に開きだして・・・
と、いきたいところですが春の暴れ風はそれを許しません。なんと!
香りどころかシャッターを押すのも風に揺れて一苦労です。
「あっ、止んだ!今だ!」の一枚。

ひと月前の桜満開からひと時静寂が続いた庭花は今一気で、
ウカウカしているとバラが咲き出しそうな勢いなので、その前にひと区切りの庭花たちを。

裏の藪庭では山野草が頑張っています。


a0214206_15271847.jpg

a0214206_15263991.jpg
シャガ、
白山吹




















a0214206_15363696.jpga0214206_14305490.jpg
チゴユリ、
スズラン

もう終わりかけです。












a0214206_00582344.jpg


a0214206_14323313.jpgシラン

          ホウチャクソウ?アマドコロ?区別が・・・



















by budoudana-de | 2016-05-22 16:21 | 園芸 | Trackback | Comments(2)

夕陽とシェアする里風景

a0214206_08412408.jpg


昨日今日が田植えのピークでしょう。
季節は巡ります。
田んぼも川辺も朱赤の太陽に染まりました。

a0214206_08432109.jpg
a0214206_08435193.jpg
a0214206_08440874.jpg

まだ陽が高い時間には~

美容院の帰り、初めて辿ってみた公園道から鳥海山がよく見えました。
富士山によく似たこの山の高さは2236m。
東北で一番高いとされる山です。
私の生活圏内からもいろいろな場所でこの山を眺めることができますし
いつでも憧れながら見つめる山でもあります。
遠くの山は水の色です。

a0214206_08494488.jpg
a0214206_09082472.jpg

by budoudana-de | 2016-05-22 09:22 | 自然 | Trackback | Comments(4)
a0214206_01555399.jpg
a0214206_21155370.jpg
a0214206_21160298.jpg

残しておきたいこの瞬間ってありません?

お隣の空き地に増殖しているタンポポ。
風任せに飛び散る種も寂と希の姿だけど
飛び散る前のひと時を切りとりしてみたら・・・

その昔(20年くらい前でしょうか)いけばな人は考えました。

a0214206_02050349.jpg
ヘアスプレー
メーカーは問いません。(^.<);
そっと吹きつけてみて下さい。
見事な球形の姿そのままを維持できます。

鋏を入れた茎もクルン
もうすぐ4日目を迎えようとしています。


a0214206_15534182.jpg
明日美容院を予約しました。
仕上げにスプレーでしょう。(笑)






































































by budoudana-de | 2016-05-20 21:58 | 園芸 | Trackback | Comments(2)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜