<   2015年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

26日から雪が休まず続いて、屋根の雪は約60センチ。
嘘のような暖冬を雪国の住人は信用しなかったけれど、
なにもここまでしなくても・・・と、思いながら「まあ、しょうがない。これが冬サ!」
で、雪を睨みつけて終わり。(笑)

a0214206_14123021.jpga0214206_14124082.jpg






















今朝の新聞(12月29日)は

a0214206_14145009.jpg


コラム欄では

フッテヨシ ハレテヨシ ナクテヨシ アッテヨシ シンデヨシ イキテヨシ
「不運な時読む本」 竹部勝之進

念仏詩人と呼ばれた竹部勝之進(1905~85年)の言葉だ。

空が晴れれば気持ちがいい。通勤も楽だし畑を耕すにも、ジョギングをするにもいい。
蝶も楽しそうに舞うだろう。
雨が降ってもダメなわけではない。窓を開けて雨音を楽しめるし、
家で静かに本を読むのも悪くない。
どこかに隠れていた蝸牛がゆっくり軒下を移動するのを、じっと見ていれば時間を忘れる。
雨だって降らなければ作物だって育たない。

中略

つらいことがあれば、人の温かみがわかる。
ピンチになれば、そこで出てくる自分の力に、自分で驚くこともある。
むろん試練などなければそれにこしたことはない。
死ぬのはこわい。いやだ。逃げ出したい。
そう思うかもしれないけれど、人間、どうせいつかは死ぬのだから、
それを恐れてジタバタするより、生きている時間を目いっぱい楽しんだ方がいい。

いろいろあってもなくても、人生はそれなりに悪くない。

(小説家・阿川大樹)


全く持って、その通り。
字面を追いながら自分に言い聞かせ、「時々こうした先人の達観の境地に思いを馳せたらいい。」
と、60センチの雪を恨めしく眺めながら実感するのです。(--;)


今年最後の一本桜冬景色を撮ってきました。

雪花をまとう姿も美しく感動です。
来年の桜満開を夢見て今年の締めとなりそうです。

a0214206_14461855.jpg
a0214206_14464250.jpg
今年もたくさんの方々との交流ができましたことを
幸せと感じ、心から御礼申し上げます。
年が明ければ「春」が飛び交い、
一日24時間は変わらずコチコチと刻まれます。
(ああ、またひとつ歳を取る・・・@。@;)

皆様、どうぞよいお年をお迎え下さい。







by budoudana-de | 2015-12-29 15:05 | フォト 日記 | Trackback | Comments(18)
a0214206_00274187.jpg


今年のいけばな納めも無事済んで、肩の力もド~ンと抜けました。
簡素な食事でお腹を満たします。

a0214206_00283183.jpg


あとよっつ寝るとお正月・・・・・・・・・・・・・・・・・食うか食われるか

食べましょ、食べましょ! 今日もごちそうさん。
支離滅裂^^;



by budoudana-de | 2015-12-29 00:41 | フォト 日記 | Trackback | Comments(2)

年末の壁・・ドン!

「よいお年を!」と挨拶を交わすごとに雪景色が色濃くなっています。
三度目の雪は本格的。26日。
a0214206_11511750.jpg
a0214206_11510081.jpg
やっぱり来たな・・・と、帰宅の道程でした。
a0214206_11513828.jpg
a0214206_11515487.jpg



昨夜、こよなくお酒を愛する?主人のお仲間と忘年会で盛り上がり、
今日はこれから自宅お稽古の納め日です。
さあ、お正月へ向かってまっしぐら!!

a0214206_09152925.jpg

by budoudana-de | 2015-12-28 09:25 | フォト 日記 | Trackback | Comments(8)


11月で今季の花生けが終わった筈の「四季彩の宿ふる里」さんですが
スタッフの人員不足が解消せずにいるらしく、ならば、お正月花も引き受けましょうと準備を進めました。

吊り下げスタイルとしていますが、置きにも対応可能な二組の竹器を使用しています。
並べてみると120cmにもなります。

a0214206_23300158.jpg

a0214206_21565122.jpga0214206_21570157.jpg温泉宿にふさわしい和モード。
吊り下げのポイントは
見上げた時の花顔の位置(角度)です。
いつでもお花を見て下さる方の
目線の先に
頬笑みをお返し出来ることが
大切と思っています。




















南天の実に根引松、千両、黄色のピンポン菊~お正月花の定番です。
一本だけ飛び出した千両と赤目柳、金色ワイヤーで大らかに空間を作ります。
お値段もお手頃ですし、ご家庭でお手軽に生けられること間違いなしですよ。
お正月用ピックを挿してみても楽しいですね。♪

a0214206_23095404.jpg



こちらは今日のカルチャークラブ用の見本です。

a0214206_22493051.jpga0214206_22501059.jpg












根引松、黄菊、シンビジューム、ハボタン
南天の実、千両、餅花

見本はひとつですが、皆さんには白色の同じ形の器も
ご持参願ってメインとサブとでワンセットです。
横長(30㎝)で深さ(5cm)の器ですのでお花も横広にしています。

a0214206_22494312.jpg

















ー*ー ここでワンポイントアドバイス ー*ー

手に入れた松葉が枯れていたり、折れて傷んだりしていることがあります。(左)
松は長寿を意味するお正月花材の中でも最も大事な役を持ちます。
ですので、それらを取り除いてスッキリさせておきましょう。(右)
お手入れの後は気持ちもスッキリです。


a0214206_23015386.jpga0214206_23020835.jpg















by budoudana-de | 2015-12-27 00:02 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(6)
a0214206_20032709.jpga0214206_20571383.jpg











お正月用アレンジメントがやっと完了して
今宵の急ごしらえの鍋食卓も今はさっぱりきれい。
それぞれが自室に引き上げると私の自由時間となるんですね。

酸っぱさがたまらない天然酵母使用のフランスの田舎パンに
シナモンと干しブドウの香りが絶妙なシュトーレン。
ワインを添えてまったり至福です。
どちらも美味しくいただいています。



a0214206_20270375.jpg













純米大吟醸「鳥海山」(SAKATAのKAZUさんがUPしていた)をゲット!
しかし、こちらは年越しの夜まで「待て!!」で、ウ~ム・・・





ならば、こちらはどうかなァ~?
21日重しを置いて

a0214206_20353503.jpga0214206_20354403.jpg











Xmas nightで塩梅をみてみましょう。

a0214206_20374686.jpg
いい感じ☆☆☆
水も上がって来ていますよ。

これは古漬けとなり、
そのほとんどが主人のお腹に納まることになっているのでR.

今年は負けずに食べなくっちゃ!






付録  菊芋のすまし汁
茹でて潰して、団子~片栗粉をまぶして汁の中へ。

a0214206_21025951.jpg









イワシのつみれも入ってこちらもいい感じ。
茜、なかなか頑張っとるです。(笑)



by budoudana-de | 2015-12-25 21:22 | 食生活 | Trackback | Comments(12)

ブナ

a0214206_21121527.jpg
a0214206_21122498.jpg


なんだか見たことあるような・・・
なんでしたっけ?
みんなして私を見ているような・・・

なんだっけなァ~?

黒いモクモク・・・

アニメで見てる・・・

まっくろくろすけ・・・

ピンポン!ピンポン!ピンポーン!(爆)

a0214206_21123422.jpg


a0214206_21124291.jpg


by budoudana-de | 2015-12-22 21:30 | 自然 | Trackback | Comments(6)

琴線

a0214206_20225963.jpg
a0214206_20222773.jpg
a0214206_20223921.jpg


何がなくともここに尽きます。
放光の帯、清浄、躍動、煌き。

a0214206_20415358.jpg
a0214206_20432866.jpg
a0214206_20465556.jpg



心を洗いながら人は生きるんですね。


by budoudana-de | 2015-12-21 20:50 | 自然 | Trackback | Comments(4)
a0214206_10545493.jpg

花材を前に皆さん真剣そのものです。
水仙、若松、千両、梅他

a0214206_10550341.jpg

a0214206_10544610.jpga0214206_10542951.jpg立花 
水仙一色
たくさんの約束を守りながら
立調されていきます。





       生花新風体
    二株   
        









a0214206_10542164.jpga0214206_10541208.jpg生花新風体
現代の狭小化された部屋空間や
床の間がなくても
フローリングのお部屋にも
対応可能な現代のいけばなです。
その時の自分の心に
ピーンと響き感じた花材を
徹底的に際立たせてみようと試みます。
水際だけは命の根源という動かし難い大事な
意味合いがあるので
ここはしっかりと締めて。
シンプル、弾み、粋を目指しながら生け手の
感性が表現されます。









a0214206_10540232.jpga0214206_10543893.jpg生花正風体  梅一種生
立花と比べ簡素な構成ですが
一定の比率をもった生け方での
リズムやバランスは日本の造形物
といえるのではないかと思います。
小さな莟が膨らみ
お正月が楽しみです。
お隣さんと私の習作。
私はかなり苦労しました。(左)
予定通り泣きです。
前夜のイメトレが


お隣さんへのアドバイスに役立ち
些か複雑な気持ちなんですけど
素敵ですね。^^(右)






経験不足は承知しながら臨んだものの、あまりの苦戦に自分が情けなくもあり ~  冷や汗と涙
帰宅して深夜、生け直しです。

いけばなとしての梅らしさとは?
「松のことは松に習え」ならば「梅のことは梅に・・・」苦労して覚えなさいということですね

「折れます、固いですよォ!さあ始めて下さい。」先生の声が響いて
ドッキン、ドキドキッー!(笑) 3時間、梅に触っていた計算です。

今朝、生け直して一晩置いた梅を極彩色モードで撮ってみました。
添えた勢いよく伸びる若枝、寿枝(ズワエ)や膨らんだ莟が少しは見えると思うのですが・・・


a0214206_10553120.jpga0214206_10554863.jpg






















信号待ち中、秋田駅前のイルミネーションがほんわり優しく慰めてくれました。

a0214206_12573527.jpg

by budoudana-de | 2015-12-21 13:36 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(8)

準備

a0214206_23360078.jpg


明日は池坊研究会。(こちらも今年最後)
年末らしく「今年最後」が続きますね。
昼食持参なのでにわかに作ったポテサラにレタス、トマトを挟んで
主人と母も同じメニュー。 ヨッシ!

a0214206_23361080.jpg

ランチを作り、ブログもきっちり更新^^;
しかし
大事な課題の予習はならずで、せめてもイメージトレーニングを~

このお気楽モードは明日、泣きをみるやも(____);

a0214206_23582692.jpg

by budoudana-de | 2015-12-20 00:26 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(4)

キャンドルナイト

a0214206_01022236.jpg


今季最後のXmasアレンジメントです。
介護施設のスタッフさんたちとお花を楽しんできます。

ロウソクを灯してみたら・・・
閉め切っている筈の家の中なのに
空気が移動するんですね。
炎がゆらゆら。

a0214206_01023182.jpg


ロウソクの灯って優しくて幻想的。
そして、暗くすると条件反射のように眠くなってしまうのでした。^^;

a0214206_01024051.jpg

そして、皆さんそれぞれ完成です。
やはり、パチリですね。♪

もうすぐXmas・・・

a0214206_22054617.jpg
a0214206_22073202.jpg
a0214206_22071901.jpg

by budoudana-de | 2015-12-19 22:09 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(0)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜