<   2015年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

そぼ降る

a0214206_00231738.jpg

蔵ブームで日中は多くのお客さまで賑う街中となりました。
週末を待つ夜、いつものように静か過ぎ。
車を停めてカメラを構えていると怪しまれます。(笑)
28日(金)仕事帰り


天気図はついに秋雨前線が西に・・・

a0214206_23470379.jpg




by budoudana-de | 2015-08-31 00:27 | フォト 日記 | Trackback | Comments(2)

こっそり覗いてみたよ

a0214206_14091845.jpg
オッ、ちゅじゅめ!
そーっと、窓を開けて・・・
a0214206_13021054.jpg
落ち着きませんね。挙動不審・・・毛が立ってる
a0214206_13022289.jpg
んっ!?
a0214206_13354105.jpg
ホオーッ
a0214206_13234051.jpg
あ~ら よっと!
a0214206_13551353.jpg
向き返しで んにゃっ!
a0214206_13365877.jpg
超々、イ、イナ、バウゥゥーーーアァァァァ~!

クリーンアップ作戦終了であっという間にいなくなりました。


a0214206_14270498.jpg
毛繕いも飛ぶこともないケロはうずくまって虫を待つだけです。
ここで蟻ん子を待ってますが、
寒い朝は自分も厳しいね。

茜も洗顔にお湯を使うようになりました。
さらば夏。



by budoudana-de | 2015-08-29 14:39 | 自然 | Trackback | Comments(6)

夜8時前から開花が進み出しました。
宵を待って咲き出すという黄色の4枚の花びらは今(10時)完全に開きました。

a0214206_22025107.jpg


紅葉したナツハゼ、ケイトウ、ススキ、リンドウ等すっかり初秋のイメージになりました。
欲しい物がなく間に合わせの花材だったり、いろいろ不足もありますが、
待宵草の開花に間に合わせようと頑張ってみました。

a0214206_22083145.jpg


下準備も怠れない約束の多い花形~立花正風体。
暫くの間生けていなくて忘れてしまったことも多々です。
初心に戻ることも目的のひとつでした。

a0214206_22094565.jpga0214206_22095432.jpg








庭のシャガで下段の要となり、力と引き締めの「胴」を下準備です。
今回切り落とされてしまったナツハゼの実。
可哀そうですが葉も枝もギリギリまで落としていきます。
大事な部分を引き立たせるために必要な作業です。
                                   


土手の待宵草はすっくと立ちあがって風に揺らいでいます。
今頃は野でもたくさんの黄色い花が咲いて虫の音と一緒に賑やかな宵なのでしょうね。

a0214206_22225888.jpg




by budoudana-de | 2015-08-27 22:42 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(6)

黒目勝ちの潤んだ瞳はまさにボルドー色。
手足、腹部をまだらブドウ色に変化させながら、前方を見据えた姿は神々しい?~かどうかはわかりませんが
s120の飛び出たレンズが最接近しても動じる気配はまるで無し。
主の威厳は文明の機器なんぞなんのそのなのでしょう。
惚れますです。 

a0214206_20073687.jpg
この日は葡萄棚に。
ややっ、背中に脂が乗ってる!
成熟の極み?
よくまあ、こんなところにお行儀よく座しているものです。
a0214206_20075468.jpg


昨夜の大風で葡萄棚が斜めになっていて、
棚を軽くしなければならず、急遽収穫となりました。
もう少し、そのままで甘さを出したかったんですが~

a0214206_20231529.jpga0214206_20232381.jpg









トウモロコシとトマトをいただいたお礼にお隣に2房お返しをしたのですが
お隣のお爺ちゃん曰く、「この葡萄の木は茜ちゃんが生れる前からあったんだぞ。懐かしい味だ。」と
そうなんです、祖父母が所帯を持ったときに植えたと思われる葡萄です。
時代が変わって一時は放置されたままの時もあったのですが、
根だけはきっちり生きていたわけで・・・
20年ほど前から、茜、根性入れて再生してみました。(笑)
そして、今年は「摘果」を知って素人判断ながらそれを実践してみましたら、
房がそれなりに充実しました。
暑かった夏であったこともあって、色付きも去年より半月早いように感じます。

a0214206_20300080.jpg


我が家と実家の仏様にお供えと妹にも1房渡しました。
数字が貧弱なのは10房しかできないからです。^^;(汗)
母がつまみ食いで小を1房
主人と私で1房
後はキープ。
ここに植えられて約70年は経過したと思われる葡萄、祖父の顔が浮かびます。
ブログIDをbudoudana-deとしたのもそんなことからだったのかもしれません。


by budoudana-de | 2015-08-26 21:12 | 園芸 | Trackback | Comments(8)

待宵草

草がキレイに刈られて見晴らし良くなった土手に
ひと際明るく輝いていた待宵草(マツヨイグサ)。
月見草とばかり呼んでいたのですが、調べると間違いでした。
月見草の花色は白、最近は希少植物となりなかなか見ることができないと~
となれば、当然ながら私にとっても幻の花・・・そうでしたか・・・
竹久夢二は「宵待草」で夕方から咲き始めるこの花と儚く消えたひと夏の恋を重ねたのでしょう。


大小2本を持ち帰って夜を待ちました。
そして、気が付いた深夜、間違いなく朝とは違う場所の花が開いています。
朝の花は朱色に変わり萎んでいました。

a0214206_14095837.jpg


家の照明を消して、暗闇に咲く花を撮ってみました。
気前よくシャドー調整もして^^;

a0214206_14094946.jpg

今夜もまた晩夏の宴が楽しみです。

a0214206_14093631.jpg

朝の内の健康色とはまるで違ったイメージです。
北米原産の帰化植物ということも今回知りで、
知らないことのなんと多いことよ・・・(--+)”~?





by budoudana-de | 2015-08-25 16:23 | 園芸 | Trackback | Comments(2)

どちらも七色

ご飯を食べるように
日課的になった川沿いを走ること・・・
野ブドウが可愛く多彩になってきましたよ。

a0214206_14091210.jpga0214206_14093552.jpg









a0214206_14100851.jpg










a0214206_14135563.jpg
a0214206_14125425.jpg













               こちらは若く初々しい⇒
かつて、花材探しにいろいろな場所を彷徨って
辿り着いた野ブドウの群生でしたが
今はあの場所へはどうやっても行けません。
でも、この川沿いの道ではすぐ手が届くのです。
田畑の季節模様、野草、野鳥たちがより身近になりました。
吹き渡る川風の気持ちいいことといったら・・・



車に乗り込もうとしたら、大きな虹です。
こんな端から端まで見える虹は何年振りでしょう!
田舎バンザ~イ!!(笑)

a0214206_14410513.jpg
a0214206_14411942.jpg

野ブドウも虹も同じ色を持っていると気づいて嬉しい発見です。














by budoudana-de | 2015-08-24 14:49 | 自然 | Trackback | Comments(24)

容赦なかった真夏の間、水やりが精いっぱいだった庭。
気がつけば、否、気がついてはいたけれど見ないふりを決め込んだ結果草ぼうぼう(@=@;)
なんとかせねば・・・ウーン、その気にならずで困ったァ・・・
それでも、今朝は藪庭の草花の区切りとして記念撮影です。
よく植物たちは生き続けました。

雨がお似合いの紫陽花はカラ梅雨にその後の日照りとどれほど喉が渇いたことかと・・・
茶色に焼けた花びらを除けて家の中で命を吹き返してあげましょう。

a0214206_10361626.jpg


a0214206_10365751.jpg


人気者のヒオウギ~数年前には北海道へ、今夏は福岡県へお嫁入りしました。
ベランダで朱色のお花咲いてくれたかしら^^

a0214206_10430936.jpga0214206_10464944.jpga0214206_10463132.jpg




















夾竹桃もすっかり北国の風土になじみました。
何度も越冬を繰り返し、瀕死の状態のことも。
今、柔らかく花を咲かせています。

バラたちも大健闘!
花色が濃くなってきたようで、
こちらも秋を意識します。
白桔梗はそろそろ残花です。


a0214206_10464005.jpga0214206_10560000.jpg












a0214206_10553425.jpga0214206_10550200.jpg
a0214206_10563590.jpga0214206_11111511.jpga0214206_11105384.jpga0214206_11113517.jpg






























忘れ形見のように野カンゾウが一輪。




ブドウは摘果の効果でしっかり?色がつきました。
今度は味見の番です。

寄せ植え講習会のペチュニアも涼しくなってピンク、紫が濃厚になりました。




いつも夜風を入れるために窓を少し開けているのですが、
フッと肌寒さに気がつきます。
日中はまだムシムシ、夜は鳥肌立たせで晩夏と初秋の境を行ったり来たりです。
























by budoudana-de | 2015-08-23 11:45 | 園芸 | Trackback | Comments(6)

揺らめく川面アート


無数のうたかたは空と雲。
微風そよいで遊んでみたのかもしれませんね。

a0214206_00530861.jpg
a0214206_00511781.jpg
a0214206_00514047.jpg
緑の川の匂い
a0214206_01014956.jpg
振り返ればただ広くて
a0214206_01033170.jpg


饒舌なそれぞれを心で感じる日々かなぁ
a0214206_01020101.jpg
そこに佇めばお宝のよう
日々、感謝です。

by budoudana-de | 2015-08-21 09:49 | 自然 | Trackback | Comments(8)
a0214206_01291263.jpg今年の枝豆の美味しさは格別です。
我が家では、毎日、食卓に登場です。
SIMPLE IS BEST そのもの。

隣村の不動滝を見た帰り、
野菜でも買って行こうと立ち寄ったら
「今日はお休みです。土日祭日だけの営業です。」って
目立つ看板なのに、営業日の記載がない・・・

a0214206_10051739.jpg






でも、何か作業をされている方がいるので、なんだろう・・・?と近寄ると
大好きな枝豆が流れて来ているではありませんか!
珍しいので、初めて見る選別機と作業を撮らせてもらいました。
a0214206_10095794.jpg


①畑から収穫されたばかりの枝豆。
 これから、茎から豆だけ削ぎ落されます。 
a0214206_01303046.jpg
②そうして溜まった実はローリングする歯車に乗ってバラバラに
a0214206_01302143.jpg
③細い山形の筋にポトリポトリと納まりながら分別作業台へ~
a0214206_01301118.jpg
④ベルトコンベア兼作業台に散らばるようにゆっくり流れて来ました。
a0214206_01294194.jpg
⑤キズ物や鞘の豆の数(確か、店頭に並ぶのは鞘に2~3粒入っているもの)が適合しない物ははじかれていきます。
 1kgで約300円弱の枝豆・・・
 こんなに几帳面に寄りわけないと商品として受け入れられないことを話しには聞いていましたが、
 実際の作業を見てしまうと、生産者、加工者の気持ちはいかばかりかと(--;)

a0214206_01293470.jpg
「キズものでいいから、売って下さい。」とお願いました。
最初の写真がその枝豆です。
袋に2kg、わしづかみを2回のおまけで400円でした。^^;

⑥こうして振り分けた豆を綺麗にする洗浄機です。

a0214206_01295679.jpg

合格した枝豆は袋に入って陳列棚に並ぶのですね。・・・

茎から豆をもぎ取るのは苦労です。手が痛くなるし、後の茎の処理も面倒です。
今、不適合除け以外はこうして全て機械がやってくれることを知ったわけですが、
生産者サイドに課せられたシビアな選別作業には極めて複雑な気持ちになりました。
自然の光と水で育つ野菜も商品規格に合ったものでなければならないし、
私たち消費者も店に並ぶ麗しい野菜をなんの疑問もなく当り前に手に取る時代です。

茹であがった枝豆を見つめる目が昨日と違いました。









by budoudana-de | 2015-08-20 11:34 | フォト 日記 | Trackback | Comments(5)

昨日のお客様に玄関の苔玉を褒められ、「私にも作ってェ~!」
褒められると弱い、シンプルな頭の中身は子供のころから変わりません。(笑)

で、2作。 ワイヤープランツとラセンイ。
容器も少し工夫してお洒落にしてみましたけど、どうかしら?
ワイヤープランツはこれからの葉付きを楽しみにし、かなりシンプルにしています。

a0214206_12593551.jpg
いろいろ飾ってみる・・・
a0214206_12585398.jpg



何種類かの土と苔で、泥んこ遊びしてお団子を作るような気分で。
あとは上手く育つようにお水の管理でしょうか。
神奈川と埼玉にお嫁入りしました。
聞けば、苔ブームとか、、、こちらに苔専門店がないのが残念です。


余談
コカコーラの新ボトル(アルミ缶、250ml)が出たんですね。
コカコーラの赤はそのままです。
「コ―クと呼ぼうコカコーラ♪」のCMも懐かしく思い出します。
もはや、青春飲料となりましたが(私には)
それでも、ゴルフで大汗をかいてフラフラの時に飲んでみたら目が覚めました。
糖質とカフェイン、炭酸が体を覚醒させたんでしょうか?

以前にもブログUP したことがあり、未だに引き出しの奥に眠っている
2000年記念ボトルを引っ張り出しました。

賞味期限が001111:
a0214206_12595591.jpga0214206_13001581.jpg



捨てることも出来ずにいます。(汗)











同じく、アメリカの象徴である、Mr.ミッキーも一緒に並んで。
1976年にHONG KONG の工場で生を受け39歳になりました。

a0214206_13000689.jpg
誰もが憧れた大国、古き良き時代のアメリカの傑作ですね。




by budoudana-de | 2015-08-18 14:14 | 園芸 | Trackback | Comments(2)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜