<   2014年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

低気圧、高気圧、また、低気圧、高気圧とまるで打ち寄せる波のような日々。
昨日、日中は陽射しに恵まれ、薄手のコートでも十分。
こんな一日がどれほど心身に栄養をくれるのか・・・そして、1月も今日にて終わり!
次の章が終われば・・・春にまた一歩 049.gif 
我が家から一番近いスキー場を視察。^^

公園のある山を左に見ながら~
a0214206_13465257.jpg

やはり山が好き。
a0214206_1347728.jpg

20代、30代と通ったおらが町のスキー場入口。
a0214206_13472536.jpg

チビッ子たちが大勢いますね。晴れて良かったね!
a0214206_13475934.jpg

圧雪車の通った後は縞模様、赤いブーツも軽快ですヨ。
a0214206_13481960.jpg

真新しい圧雪車ではないかァ~?
a0214206_13484075.jpg

キャタピラの中はボウズタイヤ。
a0214206_13491676.jpg

エイリアンを思い出してしまったケーブルの束。
a0214206_13493693.jpg

軽くて寒さに強い素材が頼もしい!
お値段も数千万円はいくらしい・・・
a0214206_14145260.jpg


レンタルスキーでもいいからちょっと滑ってみようかと思うほどの日和。
怪我が怖いのでやめにしたけれど、懐かしさと眩しさが嬉しく来てみて良かった!!



                              063.gif

もう一つの嬉しいこと
小保方晴子さんの万能細胞発見・発明のニュースも日本中で晴れを呼び、
リケジョ、ワセジョの新語も踊り、更には女子力高しで、お肌もツヤツヤ、まつ毛もちゃんとカールして~白の割烹着の下はブランドのお洋服。
世界に轟く晴れは、30歳の女子リーダー率いるユニット。
素晴らしいですね。049.gif
取り柄のないわが身に立ち戻ると、スーパーのポイント獲得に情熱?を燃やすポイジョ!????
なんだか捨てられそう・・・(爆爆)
a0214206_14261113.jpg














 
by budoudana-de | 2014-01-31 14:36 | フォト 日記 | Trackback | Comments(16)

久々の秋田道と夕雲他

風景写真も雪だらけで我ながら飽きてしまいます。
といいながら、また~~~~また

昨日は久々に秋田道を使って秋田市まで。
一番キツイ峠はスリップ防止でしょうか、筋が掘られています。
トンネル内も同じようです。
吹雪いたり止んだりの山道は緊張の連続でしたがなんとか無事に到着しました。
a0214206_22461019.jpg


用事も済み、家に近くなった頃、これまた久々の黄昏空。
朱に染めつけられた雲が懐かしくて・・・
a0214206_22464314.jpg


先週の晴れ日、朝は放射冷却でグンと温度が下がりました。
窓の霜も様々で面白いですね。
a0214206_23145559.jpg
a0214206_2315910.jpg
a0214206_23152026.jpg

by budoudana-de | 2014-01-28 23:25 | フォト 日記 | Trackback | Comments(10)
気がつけば一月も最終週。
暮れからずーっと濃い日々を過ごしてきました。
頭の中で色々なシーンがフラッシュバックします。全部色つきで~
冬来りなば春遠からじ・・・先週中盤から晴れ、雨降りの恵みをもらいいかった肩が緩やかになった気がします。
先週の金曜日、また、雪が降りだす前にと急いで妹のところへ行ってきました。

ドアを開けるとキルト教室用の教材が積まれ、お部屋には試作のキルト雛が飾られています。
もうすぐお雛様なんですね。
「ニッポン画」の山本太郎氏にはまっているようです。
a0214206_2247536.jpg

今年は折りたためる額装に納まったようです。
明るさが漂ってなかなかの雰囲気です。♪
a0214206_22474471.jpg

ミシンキルトで切れのある仕上がり。
a0214206_22475567.jpg

毎週の教室とブティックには販売用の商品を卸すこともしており制作に必死です。
バッグがひとつ出来上がっていました。
私の友人たちからも注文をいただいているのですが、何せ一人で全てですので今のところ応じきれずにいて、 「申し訳ございません。」
手仕事は人任せにできませんね。
作者のこだわり、感性、技術、向上心、愛情等々そこに込められているのですから~
時間に余裕があれば以前のようにコンテスト作品も制作したいところなのですが、今は生活維持優先で少しお休みです。
かつての私も同じような経験を重ねた時期があるので大変さがよくわかります。
趣味から始まり生業となるまでの長く厚い時間、継続を任される重さ、そして、好きなことに出会えた幸せ・・・対極にある深い想いの中で日々が過ぎて行きます。
a0214206_2375062.jpg

by budoudana-de | 2014-01-27 23:43 | ホビー | Trackback | Comments(12)
<適当>は思いがけない所へ行きつきます。
表紙のマフラーと帽子が可愛くて、女の子もとっても可愛くて~
a0214206_10363132.jpg


なのに・・・・・・・・!

a0214206_10385564.jpg


何故かちょうど揺り椅子の幅にぴったりという結果になり、成り行き任せも納まる所に納まったということで鍵針を置きました。
この椅子に限らず、目から脳に伝達され記憶されたあらゆるもののサイズに思い当たることが結構あります。知らず知らずのうちすりこまれているんでしょうね。 

a0214206_10392753.jpg

by budoudana-de | 2014-01-25 10:48 | ホビー | Trackback | Comments(20)
a0214206_10511112.jpg

昨年の感動の一枚。
今年もまた青い空と輝く緑の中で思い切り深呼吸できるよう、健康でありたいものです。

そのためにも食生活は基本中の基本。
あまり偉そうなことは言えませんけど、ウチご飯の写真が少し残っているので・・・
a0214206_1115014.jpg

乾燥オカラと雪の下ニンジンを道の駅で求めました。
オカラは水で戻してハンバーグにみじん切りのシイタケも入っています。
雪の中で寝かせ甘さが増したニンジンは湯通ししてサラダに~
a0214206_1122630.jpg



a0214206_1193670.jpg

ニンニクで香りを出した油で片栗粉をまぶした鶏肉、シイタケを炒め、醤油・酢・酒を入れ5分蒸し煮、次にジャガイモ、チンゲンサイ、油から取り出したニンニクも入れ再び15分程蒸し煮。
ホタテの天ぷら。
a0214206_119587.jpg



お刺身は夫の晩酌用にほとんど毎日食卓に登場します。
この日はトロカツオ、酢〆サンマ。ホウレンソウのおひたし。
a0214206_1128516.jpg


冬は野菜も鍋にしたり、煮つけたりでたくさん食べられますね。
手の込んだものやお洒落なものは残念ながらあまり作れないダメ主婦ですが、家族が喜んで食べてくれると張り合いもでます。
ブログでレシピをいただいたり、ヒントにさせてもらったりでとってもありがたいことです。
by budoudana-de | 2014-01-23 11:40 | 食生活 | Trackback | Comments(4)
昨日、一昨日と雪も小休止で一気に緊張が解れ、同時にドッと疲れが出て眠いったらありません。
どちらのお宅もきっと同じようでしょう。
が、今日はまたまた降ってきました。
過疎と高齢化が止まない町(秋田県全体の悩ましい問題でもあります。)、空き家、独居老人宅の雪下ろしが毎日続いています。
一日の手間賃が一人当たり12,000円~18,000円で屋根の大きさによって2人か3人ということもあり、暖房費など冬にかかる経費を含めればとんでもない出費になります。
因みに、我が家のガス、灯油、電気料金はひと月50,000円を超えます。
雪おろしは今のところ夫が頑張ってくれてますので大助かりなのですが~

主がいなくなって久しいお宅の屋根は人の背丈を上回って、恐ろしい光景です。

a0214206_2239371.jpg


子供たちの下校時間、無邪気さに救われます。

a0214206_2240747.jpg

a0214206_22464145.jpg


雪道を自転車で~ 
これは止めてもらわないといけません。
道幅が狭くなっているうえに、デコボコの雪にバランスを崩して転びそうでした。
怖くて追い越せません。

a0214206_22514395.jpg


つい先ほどまで、ロータリー車が路肩の雪を削り落とす作業中でした。

a0214206_22592335.jpg


音もなく降り続ける雪ですが、ずっしりと重く、喧騒を巻き起こします。
これ以上事故、怪我のないことを祈るばかりです。
早朝から夜遅くまで雪と闘うおとうさん、本当にご苦労様です。
by budoudana-de | 2014-01-22 23:11 | フォト 日記 | Trackback | Comments(6)
そろそろ彩り華やかなお花が恋しくなりました。
お正月花の遣い残しも色褪せたままです。
こういうこともスッキリしない原因の一つのようです。

数年前の雑誌をめくっていたらこんなタイトルの記事が目に付きました。
<花を「面白がる」一年にしよう>
そそられるタイトルです。
簡単に言えば「お花の興味拡大」の為に催された交流会の記事で、生産者、花店、デザイナー、オハナツウ(花店のお客様)等が熱い意見交換を交わし、
寄稿者は「花をもっと面白がろう。」と学んだとまとめています。

そうなんですね。 春爛漫までまだ暫く・・・
お店には春を感じる花材がたくさん並んでいました。
ラナンキュラスはお馴染みのお花ですが、薄い花弁、色形特にシベの黒紫は迫力と神秘を感じます。
籐で編んだ細長い器にフンワリ~ (何度も遣っている花器です)
a0214206_22341167.jpg

a0214206_22351079.jpg

真四角の黒水盤に片寄の群から雪柳とラナンを飛び出させて~
a0214206_22355799.jpg
ローテーブルに置いて上から見たら正面とは違う表情がありました。
(ローテーブルがないのでコタツにクロスをしています。サビシイ~~~)
a0214206_22393527.jpg





















「面白がる」がスタートしました。
by budoudana-de | 2014-01-19 22:56 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(14)

輝く

水色の空と太陽が輝いた昨日の朝。
ツララを雫に変えながら眩しさも感じさせてくれた冬の太陽。
a0214206_1548865.jpg
a0214206_15482446.jpg

刈り込んだアジアンタムも窓辺で再生。
光に包まれて愛おしいな。
a0214206_15511963.jpg


弱々しく、瞬く間にご機嫌斜めになってしまう太陽だけど、それでも信じているよ。
by budoudana-de | 2014-01-19 15:58 | 自然 | Trackback | Comments(6)

思い切って赤い防寒靴

今年の誕生日はあらかじめ伝えておいた効果ありでプチ金一封~
去年はすっかり忘れられて「そういうことね。わかりましたァ!!」 
今更祝う年でもないしと変な落ち着き方をしたものでしたが、
思いがけない金品をいただいてしまったらそれなりに嬉しいというか人の心は現金なものです。

で、雪の中を安心して歩けるショートブーツを買いました。
除雪作業も買い物も同じゴム長ではやや淋しいのです。
元気の出る赤・・・普段着のパンツスタイルには大体合いそうです。
厚手の靴下もOK!

a0214206_23354086.jpg


お友達から今年もPC経由のグリーティングカードをいただきました。
ありがとう~❤
a0214206_23472489.jpg

by budoudana-de | 2014-01-17 23:53 | フォト 日記 | Trackback | Comments(14)
年が改まり、1月も半ばになりました。
戸外で咲く水仙の便りが届き始め思わず魅入ってしまいます。
可憐なお花が上品な香りを醸し、このことを馥郁(ふくいく)たる香りが漂うと~。
漢字変換ですぐ出てくる文字も自分では覚えられない、書けない文字です。(汗)
でも響きがいいですね。

お正月までは2本で生け清雅な姿に生けることと決まっている水仙も開花が盛んになるこれからは3本でも生けられるとなります。
2本生けより少々品位に欠けるらしく、しかも、お正月前に真剣に向き合ったせいもあり力が抜けて3本生けのお稽古は数えるくらいです。
これではいけないと悪戦苦闘の末、生け上がった姿はこんなお粗末。
冷や汗もの。
お花って不思議です。
迷わず勢いよく生け終えた姿には凛とした風情が、悩み苦しんだ末はぎこちなさがはっきりと現れます。
指先から伝わる迷いとオドオドした心は正直なんですね。

a0214206_2113774.jpg
a0214206_21344017.jpg鼎(かなえ)という竹器に生けたかったのですが水を溜める中の銅板の溶接部分が剥がれ役立たずになっていました。

ご縁が薄いと何から何まで不完全です。
修業足らずということですね。

自分自信の戒めの為、敢て載せました。
by budoudana-de | 2014-01-17 21:46 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(4)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜