<   2012年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ショートステイ施設見学

a0214206_15162546.jpg

母のショートステイ先に関連書類を届けながら中を見せてもらってきました。
明るくて安心しました。
さすがにお部屋まで撮影させてもらうのは気がひけたので廊下部分だけです。
ガラス戸の先がホール、そこからL字型にお部屋が続いていました。
スタッフの方も若い方が多く、皆さんきちんとご挨拶してくださいました。
a0214206_15255542.jpg

こじんまりした造りが安心感をくれます。
家からも近くまわりも家が立て込んでいる場所なので寂しさは感じません。
母が馴染んでくれることを期待するばかりです。
介護1の1泊料金は3,205円。
ベッド、テレビ、トイレ、洗面所、小タンス付きの個室です。
私もこういう経験は初めてなので一つ一つが新しい経験になっています。
いつか私もお世話になることでしょうからね。
良い経験です。

だけど、帰宅したら今度は夫がお腹痛くて気持ち悪いってコタツで横になってて・・・013.gif
カミサンいなくなるので淋しくなったのかしら?
なんだかなあ~ 
鬼の居ぬ間のなんとかっていうでしょうにさ。
by budoudana-de | 2012-03-24 15:51 | フォト 日記 | Trackback | Comments(0)

彼岸桜のお生花

a0214206_104218.jpg
前回と同じ彼岸桜を遣って今回はお生花です。

お生花が大好きなお弟子さんの作品です。

彼岸桜の樹皮色と儚げな花色は浅い春の花木にふさわしいといつも感じます。

河津桜は健康的なイメージの桜で元気をもらえますが、お稽古用としては出会えませんでした。残念。

でも、岐阜友がシャメを送ってくれました。

a0214206_110457.jpg
学院では先生の手直しの後、作品図を提出して終了となります。
余裕をもって描ける時、へろへろで雑になってしまう時といろいろですが、色鉛筆がここで活躍します。

今回は新しい色鉛筆を買いました。
消しゴムで消せる色鉛筆というので、何度も修正したくなるヘタっぴにはありがたい!
専門B・土日クラス、この時は京都の中研で汗を流しました。
まぐれの家元賞をいただいた年でした。
2年かかるのですが、お仕事をされている方や長く家を留守に出来ない方にはありがたいコースです。
参考にとその当時の作品録をひも解いてみたら、なんと平成16年 026.gif
8年も経過してしまいました。なぁ~んと!
それでもこの間二回願書を出したものの、二回とも自然災害で中止せざるをえなかったのです。
不運でしたが今回3度目の正直。
卒業まで無事に過ごせることを願っています。
by budoudana-de | 2012-03-23 11:37 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(2)
a0214206_2334841.jpg
学院とホテルの荷作りができたらホッとして気が抜けました。

同時に腹も座った・・もひとつ・・腹をくくった
い!
もうどうにでもしてくれい!!
ざんすゥー。
a0214206_23423430.jpg

午後からお稽古日の今日、午前中にステイ先の担当者、ケアマネさん、母、私との四者面談でした。

説明書、同意書、利用料金案内表等沢山の書類に署名捺印して24日にステイを見学させてもらいながら届けに行ってきます。


留守中は妹に母の所へ1日おきに行ってもらうことをお願いしてきたので先ずは安心かなあ・・・
1日で「帰りたい!」なんてことにならなければいいのだけど、ア~ァ、こんな気持ちで・・・015.gif 
長女は疲れました。

なんやかやでお彼岸も明けてしまいましたが、
週間天気予報はしつこく雪だるまが登場しています。
東京は15~18℃ですって。
なんですか、この温度差は!
疲れに任せて怒っててもしょうがないかー

おやすみなさい、皆さま。

いつもご訪問いただきありがとうございます。
by budoudana-de | 2012-03-23 00:26 | フォト 日記 | Trackback | Comments(5)

母、85歳に

a0214206_1153220.jpg
3月20日
母の85回目の誕生日
春分の日生れ
暦では春に向け発進する日です。
おめでたいですね。

妹がバースデイケーキを買って来てくれました。







我が家ではまた始まった「通帳を入れてる袋が無くなった。」で、ガックリ 008.gif とカツン 021.gif 状態で「アアー、もうご勘弁くだされ!」の真っただ中でした。
妹の目も借りて3度目の家宅捜索でやっと出できました。 049.gif
立て込む仕事にあせり、母の探し物に時間を費やしている今日この頃、でも、昨夜と先ほどで事務処理は大体完了させました。
後一つは4月に入って済ますことにして、荷作りに突入ざんす。
「母さん、なんとかお静かにお願いしますよ===!」

a0214206_11362073.jpg
終わったもの、これからのものがそこらじゅうにとっちらかっています。 007.gif

日記代わりのブログで中締めです。

a0214206_11541780.jpg










今朝も雪積っていました。
きれいに言えばなごり雪だけど・・・・・「いつまでも未練たらしいなあ、ったくー 022.gif

ちょっとスッキリしました。

アハハ
by budoudana-de | 2012-03-21 12:06 | フォト 日記 | Trackback | Comments(2)
~3月15日のローカルニュースより~
「いけばな池坊550年祭」の一環として全国の都道府県でシンボルの花を生ける活動が展開されています。
ここ秋田県の花は「ふきのとう」、秋田県連合支部が県庁を表敬訪問。
ふきのとうの自由花を贈りました。
a0214206_23195648.jpg
a0214206_23202311.jpg
a0214206_23204222.jpg
a0214206_2321112.jpg
a0214206_23211991.jpg
a0214206_23214726.jpg

a0214206_23255039.jpg
花器は川連(かわつら)漆器使用。

余談ですが、稲庭うどんの里でもあります。

大地をイメージしています。
by budoudana-de | 2012-03-16 23:31 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(2)

うぶで柔らかそうねェ~

a0214206_2231854.jpg
今日も晴れたり曇ったりそして雪が降ったりの忙しお天気でした。

バラの鉢たちは日当たりのよい軒下に移しました。

芽も出て来ています。
待ち遠しいなあ。

室内のゼラニュウムは、また、花芽が膨らみ始めました。
a0214206_22393550.jpg

アラレアの可愛い幼葉も初々しい!

慎ましいけれどしっかり陽に向かっています。

明るい緑がとってもきれい!

暖房のない場所に置いていたのですが良く頑張ってくれました。

でも、もうさすがにいけません。

昨日暖かい部屋に移しました。









成長するとこんなギザギザの葉になります。
逆光で暗くなっていますが、深緑です。
        a0214206_2248195.jpg
a0214206_23165761.jpg










スーパーでポツンと一束だけ残っていたのでつい買ってしまいました。

チュウリップとカスミちゃんはいつも人気者です。
嬉しいね 056.gif
  
by budoudana-de | 2012-03-15 23:34 | Trackback | Comments(0)

また日は昇る

a0214206_14192757.jpg
雪がハラハラ降ったかと思えば、パーッと晴れて太陽が現れたり忙しいお天気。

昨日、確定申告を済ませ、とはいえど毎年赤字の収支票でお恥ずかしい限り。

夫のすねが細るばかりじゃ、私の立つ瀬がないというもの。

といいながら、いかに家計費からくすねるかがカミサンの腕の見せ所~?
a0214206_14202188.jpg
しかし、年金生活はなかなか厳しいゾ!

私の年金が入るまで〇年あるし、それまでは青色吐息続行かもしれない。

最近はカレンダーに経費の自動引き落とし金額をきっちり書き込んでいつも夫の目に触れるようにしている。



       これは結構効果があるようで、タバコ代を自分のお財布から出すようになったの。(全部ではないけど)

      お金はある時はあるよう、ない時はそれなりになんとかなるさ的イージーさで独身時代から過して来たので、
      家計簿も三日坊主の極めて不得意とするところ。
      人さまのお金を預かる仕事をしてきた割に執着心がないのが不思議。
      その分夫がしっかりしているのがせめても・・・・・・・かしらね?
a0214206_15432493.jpg

そんな訳で戸棚、冷蔵庫の残り物でチャンチャカランチ。
買い物も毎日行かない。
お財布の紐はギュッと締める。これしかありませんね。

a0214206_1662472.jpg
もうすぐ85歳になる母。

「通帳がない、ない。どこいった?」「今月分のお金渡さないといけないから、銀行いって来て。」「ハンコはあなた持ってる?」・・・4日間同じことを繰り返し尋ねてくる母。
昨日はコタツで通帳が暖まっていた。

これが年がら年中のやりとりになってしまった。

年相応とお医者様。

でも、同じ屋根の下で暮らす私たち、神経が参ることもしばしばで思わず「いい加減にして!昨日も一昨日もその前も同じこと言ってる!」と。
怒るのは良くないとわかっていても、しっかり者だったはずの母が部分的にピントがぼけてしまった姿に苛立ちと戸惑い、自分には自己嫌悪のふりかけ状態。
しかし、「私なんかもうとっくに神経衰弱なってる!」と切り返してくるあたりはしっかりしているのかも。
骨以外は取りあえず健康になったので100歳まで生きるかもしれない。
         
by budoudana-de | 2012-03-13 16:43 | フォト 日記 | Trackback | Comments(4)

3.11によせて

a0214206_12373445.jpg

<自然からの贈り物> by Hitomi komatsu
秋田県内を中心に活躍しているプロの写真家です。
カレンダーとしても使えるように工夫されたポストカードでしたが、
昨夜、引き出しから取り出して改めて見つめ直しました。
瑞々しさと優しさは女性ならではの視点で四季折々を物語っています。
恐縮ですが、覚えたての芭蕉の言葉 <乾坤の変は風雅の種>~天と地の変化は風雅の種に溢れているという意味です。
大小に関らず自然の風興に目を向け、感じて心を開放していきたいと願いました。

今日という日が近づくにつれ、胸が騒いで落ち着かない日々を過ごしましたが、
しかし、今朝は何故か騒がしい気持ちが納まって、どうしたことでしょう。
被災された方々の過去・現在・未来はあまりに深刻故、もはや言葉としては表せるものではありませんが、
自分のできる範囲で僅かながらも協力をし続けたいと思っています。
日本国内に留まらず世界中で祈りの儀式が執り行われています。
私も亡くなられた方々の御霊と苦難に立ち向かって生きておられる方々に祈りを込めました。

a0214206_13513978.jpg
数年前にお付き合いで買い求めた水彩画です。

縄跳びする女の子等の傍らでカラスが見つめています。

何年も眺めているうち意味深な絵なことがジワジワとわかってきました。

その当時は少し暗さが気になったのですが構図が面白かったので決めました。

空にあるのは月でしょうか?太陽でしょうか?

これは常に隣り合わせの生と死を描いています。

生きるものの宿命と覚悟をしながら、だから、今日を大切に生きようと心に留めています。
by budoudana-de | 2012-03-11 14:46 | フォト 日記 | Trackback | Comments(2)

生け花・自由花・彼岸桜

a0214206_10561995.jpg



昨日のお稽古。
お仕事の都合でお弟子さん2人お休みでした。

彼岸桜に思い切ってグズマニアを添えて斜めの花、横の花の構成です。a0214206_1057018.jpg



自由花指定花器使用
(お稽古用)
a0214206_1134610.jpg
a0214206_116788.jpg










































2007年にこのカリキュラムができ、これをもとに学習を進めています。

「修業」より「学び」と表現した方が時代にマッチしてきました。

わかりやすく、目標が見える自由花の基本から応用までを示していると思います。
a0214206_11345665.jpg






付録です。
ひよこが一杯003.gif
和みますね。

この先に教場のある花屋さんがあります。
by budoudana-de | 2012-03-09 11:44 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(2)

雪が天に戻る季節

a0214206_1293965.jpg

昨日は気温も上がり曇りながら穏やかな日でした。
静岡では23.8℃まで上昇したと! ニュースを見てびっくりです。
秋田は5℃程だったでしょうか。

いつもの買い物ロード脇の田んぼですが、やけに白く煙っていました。
散々降り積った雪ですがそのエネルギーももはや終焉です。
水分を含んだ白い霧状となって、天空にご帰還です。
a0214206_12313519.jpg

「やっと終わった!」としみじみとした気持ちで眺めました。
それにしても、よくぞここまで荒れ狂ってくれたものです。
12月から年を越して2月一杯、絶えず降り続いたようなものです。
今後も豪雨、豪雪、猛暑を繰り返すのでしょうかね?
自然の営みは人間の英知を持ってしても支配することの出来ない別領域と痛感です。
それでも、<空気と光>があればなんとか・・・極論ですけどね。
a0214206_1323353.jpg

この先、秋田、山形県境で複線になる奥羽本線。
更に福島、栃木、埼玉、終着上野駅へと続く鉄の道です。

3・11から1年目に突入しようとしています。
特集番組も多く、今朝も胸が苦しくなりました。
反面、津波が海を浄化して以前より海水が澄んで海の生き物が勢いよく成長している報道もあり、
漁師さんの笑顔が印象的でもありました。
自然豊かで美しいこの東北地方、実は厳しい冬と地震とで試練を余儀なくされている地方なのです。

現実の問題、復旧、心のやりどころに毎日闘われている方々に心からお見舞いを申し上げたいと思います。
by budoudana-de | 2012-03-07 13:46 | 自然 | Trackback | Comments(0)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31