カテゴリ:自然( 232 )

狙う!


a0214206_10061049.jpg



時間が止まった。

石の地蔵さんのようであり
仰げば尊しだったり
瞑想のポーズのようでもあり

これがワンコなら・・・間違いなく喉を撫で撫でしてあげてる。





a0214206_10052638.jpg


サギも蛙くらいの大きさに撮ってみたいのだけど~




by budoudana-de | 2017-06-21 20:21 | 自然 | Trackback | Comments(6)
a0214206_22501270.jpg




a0214206_22502347.jpg


ご心配をおかけしています。
薬が良く効いてくれています。
お稽古も無事に終了できてホッでした。
帰り道、沈む夕日が強烈なこと!
太陽の力の凄さをいつも、いつも思います。



by budoudana-de | 2017-06-17 10:30 | 自然 | Trackback | Comments(10)
a0214206_21130981.jpg


やまばとさん、ありがとう! 嬉しいよォ~
鳥って本当に綺麗ですね。
普段は囀りを聴くことはたくさんあっても
こうして写真に納めることはなかなか難しく、この日はとってもラッキーでした。
カメラを向けている間中、きっと美味しい物があったんでしょう無心についばんでいました。


a0214206_21133788.jpg


a0214206_15173297.jpg


木漏れ日に照らされる若いシダ。


a0214206_15215461.jpg


ちっちゃな、ちっちゃな蝶。
吸蜜中。


a0214206_15030872.jpg


a0214206_21072015.jpg



うーん、これはちょっと怖いゾ。
雨蛙の卵をたくさん抱えている泡。
実物を初めて見ました。
その後、卵がポタポタ池の中へと落ちていくのだそうで
しかし、大きな蜘蛛の巣が待ちかまえているではありませんか!
それぞれが命を繋ぐための工夫を見た思いです。



a0214206_21082216.jpg


気をつけてみると羽が透明です。
羽化したばかりの蝶なんでしょうか。


a0214206_21085887.jpg


出会った全てに息をのみ、
シャッターを押しきるまで息が止まります。
頭の中のセンサーも完全に振り切れて・・・
カメラを毎日持ち始めて感性はヒートアップ中!











by budoudana-de | 2017-06-15 01:15 | 自然 | Trackback | Comments(0)

里、水無月の趣き


a0214206_09465718.jpg




a0214206_09472778.jpg




a0214206_09491939.jpg



この季節、晴れてくれたら文句なしですね。
じっとしていられなくて
コンデジ持って外へ飛び出しました。笑 ~ 6月9日

心地よい風に
目に入るものすべてが輝き、成長するものの息吹を感じます。


さて、鳥海山の斜面にパンダが隠れているらしく
グーっと寄ってみました。

いたいた!!
わかります?



a0214206_09490218.jpg



a0214206_09551568.jpg



a0214206_09482511.jpg



可愛いサクランボ。


a0214206_09480910.jpg





a0214206_11443573.jpg

































  いけばなも
  水辺を
  広く見せる
  演出で。















by budoudana-de | 2017-06-11 12:26 | 自然 | Trackback | Comments(4)

丑三時

a0214206_09191801.jpg



草木も眠る・・・

うっかり寝で気がついたら

月光を独り占めの夜。






 



















  
  










by budoudana-de | 2017-06-10 01:54 | 自然 | Trackback | Comments(0)

a0214206_18141424.jpg


a0214206_18142782.jpg


調べてみましたら、これは「カラスアゲハ」ではないかと・・・
蝶が吸水している姿を始めてみました。
ドキドキしながらそっと近寄りました。
あまりに無防備。手が届きそうです。


a0214206_18150311.jpg


a0214206_18151840.jpg


西陽の時間です。
久々のいつもの山は今日も圧倒的な籠り空間。
枝葉を伸ばし花咲くこの季節の山は計り知れない生命のエネルギーを感じます。
瞑想や、荒業にふさわしい山信仰が古くから人の心に根ざしたのも頷けます。
そういうわけで、修行?を終えた茜は
呆気にとられ、クタクタで山を下りました。


a0214206_22290701.jpg


どれたけの命があるんでしょう・・・
感動と畏れのひと時でした。


a0214206_22285522.jpg


a0214206_23021400.jpg


a0214206_23015603.jpg


a0214206_22283892.jpg


a0214206_22281557.jpg



by budoudana-de | 2017-05-31 09:46 | 自然 | Trackback | Comments(6)

ぽつりぽつり雨


a0214206_23011235.jpg


a0214206_23012959.jpg


雨が降り始めた頃、エンジの丸葉が灰色の空を反射して桜色。
まだ若くて細かい葉は花筏のようです。 綺麗です。


a0214206_23113130.jpg


倒木と腐葉土の上に咲いたむしかり。
そして、
これぞ「森」~~ うーむ、モリモリですね。


a0214206_23015905.jpg


今日は初めてのトライ
MJが優しく唄ってくれています ”SMILE"

         おやすみなさい



by budoudana-de | 2017-05-14 00:03 | 自然 | Trackback | Comments(4)
a0214206_16003747.jpg



a0214206_16002430.jpg



a0214206_16013938.jpg



a0214206_16012717.jpg



暫くお会いする機会のなかった方から、
白いカタクリが出たから、朝の内見に来てとお誘いいただき
では、ではと・・・
普段、午前中は家の中であれこれ用を足しているので
朝日を浴びる山の草木に出会うことは少なく
「ヨッシャ、行きまっせ!」・・・これ、大正解!!
山の東面を照らすシャープな輝きの新鮮なこと、午後の陽射しとは別物です。
空気感、明るさの質感がこれほど違うのかと感激のし通しです。
あれも、これも透き通るようでした。
誘っていただき良かった!出かけて良かった!
ありがとう!Tさん。




a0214206_16020522.jpg


陽のあたる斜面には貴重な白いカタクリがもう花びらをそりかえしていました。
ご自分で造られたというミニ湿原には水芭蕉とリュウキンカが花を咲かせていました。


a0214206_16015023.jpg



a0214206_21260211.jpg

by budoudana-de | 2017-05-02 21:32 | 自然 | Trackback | Comments(2)

a0214206_14583822.jpg


a0214206_14575100.jpg


a0214206_14580610.jpg


a0214206_14591439.jpg


a0214206_15011787.jpg



a0214206_14592678.jpg




これほど見せて聞かせてくれればもう言うことなし。
しぶきを浴びて言うことなし。
なんという気持ちの良さなんでしょう!




a0214206_14594654.jpg

by budoudana-de | 2017-04-23 15:14 | 自然 | Trackback | Comments(8)

伝わる?感じる?

a0214206_14010483.jpg



はにかんだカタクリ(片栗)にそっと寄り添うようなキクザキイチゲ(菊咲一華)。

では、花ことばは?
カタクリ・・・静かな貴婦人
キクザキイチゲ・・・静かな瞳

野草もすっかり目覚めて、可憐な姿を現しました。
花図鑑には普段目にとめない雑草さえ名はもちろん、
花言葉さえ添えられて驚きます。
店先に並ぶゴージャスな花も足下で息づく野の花も花は花。
皆、お花が大好き!



a0214206_14261523.jpg



a0214206_14274564.jpg

by budoudana-de | 2017-04-23 14:30 | 自然 | Trackback | Comments(2)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31