カテゴリ:フォト 日記( 704 )

宵待ちアワー

a0214206_10183768.jpg


a0214206_10190039.jpg



16日(土)の夕景です。
岩手の花生けが済んで地元に戻りましたら
空がピンクと青紫に焼けていました。
嵐の前の静けさか、、、、、恐ろしさを内包しているような怪しい美しさでした。

そして、

この夜 待宵草が華麗に咲いています
何故夜咲くのだろう?
フッと疑問に思いましたら
明るい時間は競争相手が多すぎるため
夜活動する蛾に受粉を促すことを選択したのだとか。
神秘と進化に感じ入ります。
やせ地でも毅然と咲き続けるこの花が好きで
年に一度は家に持ち帰り夜の花を楽しんでいます。173.png


a0214206_10191969.jpg










by budoudana-de | 2017-09-18 21:02 | フォト 日記 | Trackback | Comments(0)

流れ

a0214206_22163380.jpg



a0214206_22174452.jpg



a0214206_09292879.jpg


今朝の新聞、「きょうの言葉」から

世間じゃない。あなたが、ゆるさないのでしょう?
「人間失格」 太宰 治

あたかも他人の目があるからやらなくてはならないように言うのは、
問題をすり替えているし、
自分を外に置いた不誠実な態度ではないか。(小説家・阿川大樹)


面子、プライド、執着に縛られると
こんなすり替えが起こる・・・ネ


「直心是我師 じきしんこれわがし」
本心は何なのかを問い続ける。
その問い掛けこそが、迷い事から救い出してくれる師となる。(桝野俊明)


我が意を得たり!ながら
今日は思い切り真剣に考えさせられ
悶々・・・
いろいろです。ハァ~


















by budoudana-de | 2017-09-07 00:16 | フォト 日記 | Trackback | Comments(0)

夕空を見上げれば

a0214206_21303244.jpg


電線マン、電線ウーマンが一杯ですけど
電気ってありがたいですね。


a0214206_21305511.jpg

宵の明星が左端に現れました。
見えますか?
明日はいいことありますように。


by budoudana-de | 2017-09-04 21:40 | フォト 日記 | Trackback | Comments(0)
a0214206_13100003.jpg





  探し物をして書棚をゴソゴソしているうち 
  以前、美術館で買った
  滝平二郎氏の切絵本やカードが目にとまり
  ペラペラめくり始め、9月のページへと誘われて~

  目的の探し物のことはといえば・・・
  
  
  
  














  秋は朱と赤が郷愁を呼ぶよな・・・
  秋の七草を抱えている村娘の赤、深い赤ですね。
  秋草、トンボ舞う夕空、子守りする子たち・・・




a0214206_09573891.jpg



少し経って、探し物を見つけ、ついには雑誌の処分まで始まってしまい
そこでまた、またまたページをめくりしばし没頭~
懐かしく貴重な記録等々・・・茜、頑張ってたなァ~
そんなことはどうでもよく
時間はあっという間に過ぎてお昼です。
それでも、終わってみると書籍の重さで撓んだ棚がやっと息継ぎできたようで良かった、良かった!笑

そんな9月の始まり方です。


a0214206_10195240.jpg



夕陽に照らされた穂物が輝き、グレードアップします。
キラキラ・・・
楽しみましょう。


a0214206_14181780.jpg


a0214206_14183694.jpg



















by budoudana-de | 2017-09-01 14:33 | フォト 日記 | Trackback | Comments(4)

迷いこんだ集落で

a0214206_01293573.jpg



静寂に包まれた山間の集落に迷い
時が止まったような風景に出会いました。
でも、そこには
端正な人の営みの形があり、
田畑を耕し、種を撒き育て、草を採り、花も愛でながら
収穫を迎える人の姿が見えるような光景でした。



a0214206_22345112.jpg



a0214206_01314926.jpg


豊穣を約束してくれる土の色です。
畝も美しい・・・


a0214206_01321791.jpg


a0214206_01324399.jpg



by budoudana-de | 2017-08-30 22:40 | フォト 日記 | Trackback | Comments(8)

分厚い暮らし

a0214206_23373140.jpg



a0214206_23383517.jpg


時折お邪魔させていただいている花雲の舘さんは
薪割りに汗しておりました。
冬支度です。
ユキワリソウはじめたくさんの山野草がある温室や山小屋の暖房に薪が使われます。


a0214206_23384833.jpg


今ではこうした便利な薪割り機が、
ボタンひとつでV字の鋼鉄に丸太を押しやってバッカーンと割ってくれます。
とは言うものの、丸太の量が半端ではありません。
無数の薪を割り、積み上げる、片づけする・・・をこの蒸し暑さの中で一人で頑張っています。
これらの全ては男仕事です。
大変じゃ!


a0214206_23390328.jpg


新しい薪の断面が美しい。


a0214206_23391623.jpg


家電品が流通する以前は煮炊き、お風呂、暖房等すべては火を起こすことから始まりました。
小さい頃の記憶の中にはっきりと残っています。
燃料とされる物の全てが床下や小屋の中に収納され、
ゴロゴロとして堅く重く嵩張るそれぞれでした。
煙たいし、灰も掃除しなきゃいけないし、運悪くくしゃみなんかしたらもう大変。

それに引き換え現代は

ボタンひとつで冷暖の風が流れ、ご飯が炊け、お湯が出る生活は快適そのもの。
人一人にかかる労力はまるで比較になりません。
そして、便利さは男の仕事、女の仕事の境を狭めました。
お陰様で助かっているんですけどね。^^;

でも、なんでしょうね・・・
便利で快適な暮らしって・・・
人の息遣いが細くなってしまったようで
いつも清潔、涼やか、軽快、たおやかを装っていなくちゃいけないんでしょうかね。(自戒を込めて)
肉厚な暮らしってなんでしょ?

ほ~っ


a0214206_23413948.jpg


カマキリも思い切り逞しく精悍です。
威嚇してきました。
野生はこうでなきゃ~などと


a0214206_23415527.jpg



by budoudana-de | 2017-08-23 22:47 | フォト 日記 | Trackback | Comments(0)

3.5合炊き

a0214206_21370443.jpg




長いこと使ってきた炊飯器ともいよいよお別れしました。
この度は3.5合炊きです。
夫婦二人きりになり、毎日研ぐお米は2合で
それでも食べきらないこともあります。
ちっちゃい内釜の可愛いことね。^^;
おもちゃみたいで本当に炊けるのかと思うほどでしたが
炊けました。ハイ。

ヤマダ電機の超お得価格にポイント分が引けて更に歓喜価格でワ~イ、ワ~イ!!
(レジでは冷静沈着を装う)爆


a0214206_21371981.jpg




もう一つ。
ご当地フード、いぶりがっこが " IBULI GACCO " となっちゃたTシャツ。
大根が燻されてるデザインもなかなかいいではないかと~
こういう洒落系に目ざとい妹の話を聞いて
面白いので私もゲットでした。
ジャケットを羽織ればオサレに見えなくもない・・・?


a0214206_21320653.jpg




by budoudana-de | 2017-08-17 22:42 | フォト 日記 | Trackback | Comments(10)

まるまると肥って

a0214206_22443144.jpg







  
 














  健康優良児 172.png

  
  隠れたつもりじゃないだろう
  けど
  なんだか
  いないいないばァ~





a0214206_22441771.jpg



a0214206_22493519.jpg




by budoudana-de | 2017-08-16 23:02 | フォト 日記 | Trackback | Comments(2)

虹色錦秋湖大滝




a0214206_23265497.jpg



                 
           ラ             のようでもあるウ ♫
              
      ファ



      
a0214206_23275433.jpg




a0214206_23285336.jpg



a0214206_23303710.jpg


楽しかったね  乾コーン!

お宿の花生けも頑張った後の楽しいひと時でした。

さあ、明日はお墓参り。


a0214206_23333669.jpg




by budoudana-de | 2017-08-13 00:03 | フォト 日記 | Trackback | Comments(2)

お盆仕様

a0214206_11050696.jpg



台風も近付いてきてますけど
お盆ももうすぐ。
今年も先ずは供養とうろうでお盆仕様開始です。
こうした仏事にはことさら几帳面に向き合っていた母に変わり
今年からは私の勤めです。
60年も経つお仏壇でしょうか
生前、母はお仏壇を新しくすることを嫌がりました。

毎日手を合わせ見つめるあれこれに
不思議なものです・・・
今、私もこの古いお仏壇に愛着を感じています。

地方によりお仏壇飾りもいろいろなんでしょうね。






by budoudana-de | 2017-08-08 22:29 | フォト 日記 | Trackback | Comments(4)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜