a0214206_12081112.jpg


恒例の小正月行事、かまくら祭り・梵天が15、16日に開催されました。
ちょうど16日はお稽古日でしたので通りを練り歩く梵天と幸運な遭遇でした。
町内会や企業、団体から34本の梵天が参加し、
その出来栄えを競うコンクールも楽しいものです。
今年は戌年とあって、目の前を通り過ぎた梵天は・・・
リチャードギア主演のハチ公物語が頭飾りのようです。^^
良く出来てるワァ~


a0214206_10384723.jpg


お神酒も結構入ってる様子の殿方や
足下おぼつかない、ろれつ怪しいジイチャンも
この日は誰気兼ねなく酔える嬉しい日でもあるのです。
祭りですもんね。


a0214206_12100598.jpg




a0214206_10341615.jpg



a0214206_10344648.jpg


夜、お稽古が済んでからお弟子さんを誘ってかまくら見物です。

「入ってたんせー。甘酒どうですかー。」

今年はスタバのかまくら↑もあって、甘酒ではなくコーヒーを振舞っていたり~
入口が❤形でイルミがチカチカのLOVEかまくら前は行列~(写真なし)


さて、私たちはどこのかまくらに入ろうかしら?
やはり、子供たちが迎えてくれる伝統かまくらでしょう!


a0214206_10323267.jpg


ブーツを脱いで中へ。
子供たちの屈託ない笑顔に迎えられます。
水神様を拝んで、甘酒をいただきながらお喋りを楽しんでと・・・


a0214206_10330439.jpg


お餅は一個焼き過ぎてしまったようです。
で、もう一個挑戦中です。
「ぷーっと膨れてきたらもういいよ。」と外で様子を見ているお父さんの声。
かまくらの中の楽しい時間でした。♫


a0214206_10333003.jpg


さあ、帰ろう。8時過ぎました。
サブッ!
ウインドーウオッシャーがあっという間に凍ってしまいました。
氷点下の下でお弟子さんとお別れ。また来週ね。^^


それでも、これで春に一歩前進です。期待しま~す。



YUZU、SYOUMA両氏の金銀最高でした!
ドキドキのテレビ前観戦でしたね。
涙 ツ、ツーーー171.png


a0214206_10440242.jpg



# by budoudana-de | 2018-02-17 23:28 | フォト 日記 | Trackback | Comments(4)
a0214206_09282545.jpg



a0214206_09293671.jpg



以前、お知らせした「幻灯」を主人と一緒に観に行って来ました。
今年のテーマは「こころの灯」
10日、とっぷり暮れた雪の里に明りが灯り始め
この開幕の時間に合わせたくさんの観光客が訪れました。
昨年の約1.5倍の雪量となっている当地ですが
こうして「楽しんじゃェ!」のスピリットは年々ヒートアップしています。166.png
私たちもお陰様で元気のお裾分けをいただいてきました。
前向きな行動力に改めて敬服します。

「雪、やだー、やだー」から抜けない茜。
いい加減にしないとと思いつつ
また、降り始めた雪を睨み、凹み、イラッ!笑



素直で静かに飾り気なく雪の祠の中で微笑んでくれたお子たちにもありがとう!!



a0214206_09305766.jpg


次はかまくら祭り、梵天です。




# by budoudana-de | 2018-02-17 21:38 | フォト 日記 | Trackback | Comments(6)

茶花椿

a0214206_23141573.jpg


a0214206_23142838.jpg




茶花椿が咲きました。♫
淡いピンク・・・
買った時は
真っ白のお花だったんですけど
土、肥料のせいでしょうか?
不思議です。

派手でなく
きらびやかでもないけれど
一輪が持つ存在感は
見つめる人の心を
しっかりと捉えます。

ひなびた床にあれば
艶やかさが際立ちそうです。















a0214206_23135919.jpg


その昔、ちょっとだけ日本刺繡をかじりました。ヘタ(・・);
何故か椿のパターンをいつも手帳のポッケに
挿みこんでいます。
椿の蕊のありようや花びら、光沢のある葉等
デザインするのが楽しい花木です。


a0214206_23144563.jpg


昨夕は青空が現れ、ワオ!


a0214206_12025397.jpg






















# by budoudana-de | 2018-02-16 12:05 | 園芸 | Trackback | Comments(6)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー