霰やこんこん~水仙きりり?

a0214206_20133826.jpg


美容院でスッキリして家に向かう途中
霰がバラバラガラスを叩き
すぐ溶けることもなくワイパーに溜まるものあり
まん丸なものだから元気に跳ねるものありで
可愛いヤツだな
なんて眺めてしまいました。
このところ毎日コロコロと天候が変わって
女心と秋の空の例えは冬に至っても進行形です。


a0214206_22141221.jpg






























冬の花、水仙のお生花

お花が開くと芳しく
馥郁(ふくいく)たる香り

表現されます。




















トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/238063883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-10 20:51
なんの写真だろうと思ったら、雹ですか。
小粒で、しかも粒ぞろいですね。
確かに可愛い。

水仙、キリッと美しいです。
馥郁とは、難しい漢字。
Commented by budoudana-de at 2017-12-10 21:38
こんばんは。
さっき、「こちらはすっかり夏」拝見したところでしたよ。^^
ため息出ますねェ~
こちらはすっかり冬です。笑
ただ、そちらと同じことは季節の移り変わりがいつもより早め早めなんです。
紅葉も積雪に至ったのも早かったし。
毎年少しずつ気候が変化していますね。
白い小粒は霰(あられ)と言った方が正解かも
雹はもう少し大きいサイズを言うかもしれません。
馥郁・・・私も書けませぬ。^^;
池坊をしていたお陰で知った言葉でした。苦笑



Commented by hiro2831 at 2017-12-10 22:35
寒そう((⛄))

水仙、早春を感じます🎵
Commented by budoudana-de at 2017-12-10 22:40
ヒロさん
こんばんは。
寒いのは任せて下さい。^^;
春までたっぷり白い物をお見せできますよ。

この和水仙は冬の代表選手です。
黄色のラッパ水仙とは違ってこの厳寒時に咲くことで
とっても貴重とされています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2017-12-09 22:55 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(4)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31