薄い月


a0214206_21433225.jpg



目まぐるしく天候が変わるこの冬です。
そんな日々をやり過ごしているうち
春は近くまで来ていると感じた今日。
猛烈な吹雪の後に、
眩しくてサンバイザーを下してしまうほど太陽が照りつけました。
そんな太陽を背にすると薄い月が見えて

「見晴らしの良い場所へ行こう!」

優しく儚げな月です。

ふっと思いました。
私たちは月の子じゃないのかなァ~
そういえば・・・
かぐや姫も月に帰っていったっけ。

あと少しで満月です。




a0214206_21421949.jpg




トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/23611969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by voyant-art at 2017-02-09 18:21
こんにちは。チョイお久しぶりです。
読んでなかった記事まで遡ったら
2月になってからの初訪問だった!信じられないわ。
大きな写真なので、始めに青い空と月を見て、
▼をクリックしつつ下へ下がると雄大な雲が現れました。
更に▼すると雪山が現われました。やっと1枚の写真の
全体像が見えました。2クリックなので3枚の映像として
見た訳よ。2つ目に現われた雲ね、イヌワシ、オオワシ?に
見えたんだよ。雲の中に鷲がいる〜!!って、びっくりして
見てたんだよ。
Commented by budoudana-de at 2017-02-10 00:12
ボヤントさん
こんばんは。
月も儚げで吸いこまれましたけど、この黒い雲もひと際です。
イヌワシ、オオワシ・・・改めて見たらそうですね!
嘴がちゃんと出来てる!
不思議な雲でした。
ビッグサイズの写真はいつの間にか小さく出来なくなって
まあ、いいかァでドーン!笑
ボヤントさんとこは緻密に練っているから
私、恥ずかしい^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2017-02-08 22:09 | 自然 | Trackback | Comments(2)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー