夏休み、社会科学習・廃棄物処理施設見学

今年4月から本格稼働した「クリーンプラザよこて」を
18日、夏休み中の小中学生と共に見学してきました。
計画から運転管理、メンテナンスの全てが「荏原環境プラント」に任されています。

日常のゴミの出し方、要望等々説明を聞きながら
解放されたゴミ収集車も覗いて、施設内の見学です。
中学生のお兄さん、お姉さん(ジュニアリーダー)が小学生の面倒を見るという役目を担ってもいます。

a0214206_09492577.jpg

a0214206_13274059.jpg


廃棄物が燃やされやがて約1600kWの発電、余剰電力は売電
灰となったゴミの行方はセメントに
850℃以上の高温焼却でダイオキシン類の発生抑制
資源ゴミの有効資源化の動き、成果
雪国らしく大きな雪室があり、施設内の一部の冷房に一役買っていたりとか

資源のリサイクル化社会の形成に力を注ぐ形が見えて来ました。



a0214206_09500441.jpg


そんな中、
「従業員の月収はいくらぐらいですか?」
これが小学生男児の一番最初の質問。(\-\);
思いがけない質問だったでしょう 少々間が空いて
答えは「お父さんに聞いて下さい。きっと同じくらいでしょう。」(笑)


a0214206_09501775.jpg


以前、粗大ごみを何度か持ち込んだ経験がありますが、
臭気に閉口したものです。(自分たちの出したゴミの臭気が浸みこんだ結果ですけどね。)
この新しい施設ではエアーカーテンで臭気が漏れるのを防いでいるとのことです。
毎日出る家庭の生ゴミは水気を切って出して下さいとのことでした。
重さが3分の2ほどに減量されるそうです。
一人ひとりの心がけが大事ですね。

良い社会勉強でした。









トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/23150478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2016-08-23 13:44 | フォト 日記 | Trackback | Comments(0)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31