箱ゾリ、藁靴~横手お城山にて

12日夜、お稽古が済んで、3階の教室からいつもより明るい横手城が目に飛び込んできました。
かまくら祭り(15、16、17日)も近いしきっと撮影チームが来ている予感がします。
去年もお稽古帰りにお城山に寄り道してみたら
テレビ局の撮影真っ最中でした。
なので、今回も懲りずに寄り道です。

オッホー~~! 懐かしい箱ゾリが!
子供の頃にはこの箱ゾリが各家々に一台はあったと思います。
大きさはそれぞれなんですけどね。
小さい子供が2、3人は乗れますし、もちろん、荷物を積んで移動も。

a0214206_12341290.jpg

こちらには藁靴、七輪に座布団、雪の神棚に水神様です。
祭り当日はこの中で子供たちがお客様に甘酒やおミカン、お菓子等を振舞いますよ。


a0214206_12343431.jpg
札幌ナンバーのアンテナや照明器具を載せた車がやって来ていました。
スタッフはなにやら「待ち」の状態です。

a0214206_12345657.jpg
a0214206_22331851.jpg
a0214206_12384430.jpg
毎日、少しずつ雪量が減って15日からのかまくら祭りが心配になっていますが
かまくら職人さんの手で作られたかまくらは頑丈です。
カチコチのテカテカです。
近年は温暖化の影響で湿って重い雪がドーンと降り、
昔のように長続きしません。
そして、また、ドーン!!
祭りは盛り上がってもらいたいけれど、暮らしの面では助かりますね。
お城山への坂道も今年はスイスイでした。


a0214206_12354199.jpg

少し前なんですけど、そんなの聞いてないぞ―的突然のぼた雪。
びっくりしちゃいますね。ほんとに。


a0214206_23153350.jpg


トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/22442543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by iomlove at 2016-02-20 22:36
こんばんは!

幻想的に写る かまくらの世界。
箱のソリ―を初めてみて 道具と地域の素晴らしきアイディアだと思いつつ
この箱ソリ―に乗ってみる子供の思い出もいいな。
荷物を入れて運び姿も想像してみたら なんて素敵なんだろうと思いました

かまくらの中に靴が。
これまた 見たことがなく 先人の知恵の凄さにも驚きつつも
モノは大切に使い 作りたいな。ってシミジミ思いました。
同じ日本にいながらも
雪の世界を知らないので こうして拝見出来てありがたいとも思ってます。
ツララや雪と灯りの反射 素敵な幻想的な世界を ありがとう!
Commented by budoudana-de at 2016-02-20 23:00
iomloveさん
こんばんは。
箱ぞりも藁靴も今では観光用になってしまい、懐かしい思い出です。
雪の生活を知らない・・・ボヤントさんもしきりにそのことを言い、
憧れと興味深々というところは同じようです。
できることならご招待したいところですけどね。^^
暖冬とはいえ厳しさも変わらずあり、雪に負けまいと地域でいろいろ雪まつりが催されています。
未知の雪世界を喜んでくださったこと、嬉しいです。
こちらからも、ありがとう!!^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2016-02-13 23:23 | フォト 日記 | Trackback | Comments(2)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31