水が使えない生活は大変~ひとりごと

九州地方に雨が降り出したと
一刻も早く破裂した水道管の修復が整うことを祈るばかりです。
人が住まなくなり、空き家のまま放置された家で水道管が破裂し、
水道水が垂れ流しのままのニュースを見ました。
空き家が増えているのは全国的な傾向です。
何かと不便の多い田舎は高齢化、少子化に拍車がかかり、職場探しも難しい~
若い世代が便利で自分に合った職につける都会を離れようとしないのも理解できます。

a0214206_14341383.jpg

人が住む限り、熱かろうが、寒かろうが暮らしは続きます。
お向かいの資材置き場となっている建物も
いつになっても雪おろしをする気配なく
これはもう潰れてもいいということなのか?
それともまだ大丈夫と自信があるのかも。

a0214206_14354014.jpg


こちらでは12月初め頃、外にある水道管は凍結防止のために
こんなふうにタオル、プチプチ等を何重にも巻いて
破裂を防ぐ処置をします。
見かけは悪いけど毎年欠かすことのできない仕事です。

綺麗事ばかりでは済まない人の暮らしですね。
負に負けない知恵と行動が安定してできたら申し分ないんですけど
なかなかこれが難しいです。

a0214206_14355162.jpg

トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/22303362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by asahinahikari at 2016-01-28 16:08
こんにちは
茜さんのひとりごと〜ズシーンと心に響きます
資材置き場の落ちかけている光景にも唖然です
水道管の保護は大切なんですね〜
今年初めて外の水道が凍り蛇口をひねっても水が出ませんでした
暖かい地方でも油断大敵ですね〜もっと凍ると破裂もあると〜
ぞっとしながらテレビを見ていました。
Commented by budoudana-de at 2016-01-28 21:40
光さん
こんばんは。
この垂れている雪を毎朝カーテンを開ける度、茫然と眺めます。(--);
心配して見ているのは我が家だけではないでしょうけどね。
春になると雪で崩壊した家屋も多く目立ちなんとも悲しい気持ちにもなるんです。
主のいなくなった家は無用の長物と化してしまいます。
壊すにしても多額のお金がかかりますし、結果、放置ということに。
ごめんなさいね。暗い話になってしまって。
光さん地方もこのたびの寒波で蛇口が凍ったんですか。
お湯をかけて氷を溶かせば大丈夫でしたでしょうけど、
自然は何をもたらすかわからない時代になりました。
本当に油断大敵です。気をつけましょう。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2016-01-28 15:28 | フォト 日記 | Trackback | Comments(2)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜