消えそな明かり、消えた明り

ややっ!十字に交差するケーブルが雪の溜まり場になっています。
比較的穏やかな雪おろし日和だった今日ですが
積って冷えて、陽射しを受けてと繰り返しているうちに
こんな固まりになっています。
停車位置によって信号機が見えない・・・少し前に出てやっと3色確認できました。

a0214206_22041209.jpg




蔵通りは観光用に指定された外装工事が盛んですが
この通りの唯一のスナックは昨年末で明りを消し、お隣の街へ引っ越しました。
9時前には人通りのなくなる通りでピンクの看板がポツンと光って
ある種の風情さえ感じ好きな光景でした。

「思い出してね、時々は~」
ママさんの叫びが聞こえてきそうです。

a0214206_22043110.jpg
a0214206_22044313.jpg


この建物もいつか取り壊されてしまうのでしょう。
新しく生まれ変わり、商業施設となってお客様をお迎えする・・・
蔵の町にふさわしい佇まい・・・
個性が薄まるようで複雑な気持ちです。
記録に残そうと思いました。



トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/22209455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-01-18 15:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by budoudana-de at 2016-01-18 21:34
鍵コメさん
こんばんは~
どのタイミングでどうコメントを差し上げてよいのか
思案しておりました。
明るく素敵な笑顔でお正月を迎えられて大したものと心から嬉しく感じたものです。
皆さんが集まって賑やかに乾杯し、お節に舌包みを打つひと時も
もしかして、皆さんの精一杯の盛り上げだったのかと・・・
そうであってもなくっても、お母様はきっと大満足だったことでしょう。
コメントを読ませていただきながら、目頭が熱くなりました。
ほぼ同じ歳の親を抱え、辟易することも多々、ストレスに負けそうになることも数限りありません。
血のつながった親ならばこそ、怒りも失意も心のまま表わしてしまうようで
つくづく人は感情の動物なのだとね。
そんな悩みを抱えながらも、心模様を上手にコントロールしながら
なるたけ後悔の少ないように接していきたいと願っているところです。
きついインフルエンザでしたが、もうほとんど大丈夫です。
食べ物の味も元に戻りつつあります。
一家の中の主婦の存在は大きいですね。
大病しないようにとひたすら願って、家を支えなけらばいけません。
鍵コメさんのおっしゃる通り
心して残りを頑張らなくては!

まだまだいろいろとしなくてはいけないことがたくさん残っていらっしゃることでしょう。
明日も寒そうです。
お疲れもおありでしょう。風邪にはくれぐれもお気をつけてお過ごしください。
心よりご冥福をお祈りいたします。
合掌。




名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2016-01-17 22:41 | フォト 日記 | Trackback | Comments(2)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜