雪見椿


a0214206_10202342.jpg



また寒さが戻り、外はこれ以上ない銀世界。
部屋の中は雪が反射して冷たい光に溢れます。
緩めのアナ雪といったところでしょうか。
窓辺に置いた椿の背景は全て茜家、自慢?の雪ざんす。(笑)

a0214206_19052318.jpg

a0214206_19054141.jpg

色反転すれば白い雪は黒に
葉の緑は薄紫、ピンクの椿はブルー
面白いなァ~また、遊んでしまいました。

a0214206_19053291.jpg


霜もアート。

a0214206_21284906.jpg

この辺になると固唾をのんでただ見守るだけです。
畏れを抱かせるほどに厳然として
言葉は間違っているかもしれないけれど
カッコいい!


a0214206_21260907.jpg

トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/22168745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yk-voyant54 at 2016-01-14 12:37
お元気になられたようでよかったわ。
回復早いですね。若い!!やっぱり茜嬢と呼ぶのがふさわしいな。
銀世界なんて、まるで夢のような世界だわ。
1年のある時期に、すべてが真白になる光景って、
心にどんな影響があるのかしら?何を教えられるのかしら?
東京に住んでいる時は、時折雪が積もり、
いつも眺めている風景が真白な世界になった。
とても不思議な感じで、そして美しかった。
その美しさを、どう喩えればいいのか分からないけれど、
何かを語っているような気がしています。自然界は先生だから。
雪って不思議ですね。私のように知らない人もいる訳で。
まずは祝快気。
Commented at 2016-01-15 02:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by budoudana-de at 2016-01-15 22:12
ボヤントさん
こんばんは~
暖冬で戸惑いながらも、儲けた気分でいたけど
一晩で180度の豹変で、大いに汗かく・・・でした。
「雪」ね、なんでしょ?
オギャーと産声をあげた時からの長いお付き合いだもの
厳しさも美しさも楽しさも全部冬ならではの当り前ということで納まってしまうのね。
雪国のこうした自然の営みは、草木が芽吹く眩しさのためのプロローグ~
なんてかっこよすぎね。^^;
でも、この白い物が汚れを覆い尽くすとも思えるし、
田畑、樹木が雪でキラキラ輝いている光景は本当に素晴らしいと。
ここでも太陽、澄み切った空気、水の三拍子が融合しあうことですよね。
ボヤントさんも、3年位雪国の生活をしてみれば、
すべての答えが出るような気がしますよ。
大変よー^^;

インフルエンザもかなり快復しました。
毎日、少しずつ体の変化があって、少し不安も残っているんだけど
ここは睡眠が一番! いつもより1時間以上多く寝ています。
ありがとう!!

Commented by budoudana-de at 2016-01-15 22:14
鍵コメさん
いやあ~、ありがとうございます。♪
また一年頑張らなくっちゃね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2016-01-13 21:41 | フォト 日記 | Trackback | Comments(4)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31