放射冷却

今朝、校庭も霧に包まれて

a0214206_13555733.jpg

赤白のポールは雪が積もった時の校舎までの道標。


a0214206_13554519.jpg

河川敷は更に深い霧。
太陽と霧のせめぎ合いですね。
この後、太陽の勝利。暖かな日となりました。


a0214206_13561005.jpg


枯れ色ながらまだ色が残って「冬」という言葉を持ち出すのに複雑な心境です。
去年の今頃はこの土手はすでに雪で通行止めになっていた筈。
霧の中から白鳥が近づいてきているのがわかります。
鳴き声が聞こえて来ました。


a0214206_22184567.jpg




トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/21928126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by satohit at 2015-12-15 10:59
幻想的な風景ですね ^^
赤白のポールも雪国を思い出させてくれます。
真っ白の世界で、このポールを初めて見たときには、
なんてありがたいものなんだろ~と、感心しました。
これから雪の季節ですね !
Commented by voyant-art at 2015-12-15 13:26
茜地方は本当に美しいですね。
これも茜さんが愛しているからこその写真ね。
日本画の世界ね。というより、この景色から日本画が
生まれたのかしら?もう雪も普通にあるようね。
こちらは今、楓が真っ赤に染まったところ。
蒲の穂って面白いのよね。こんなに詰まっていたの?と
いうくらい出てくる出てくる。私も蒲がすき。形がいいよね。
それから茜さん、天ぷらを上手に揚げるのね。こういうサクサク感、
プロが作る天ぷらみたい。我家、母娘共に下手なんですよ。笑
Commented at 2015-12-15 13:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by budoudana-de at 2015-12-15 23:00
satohitさん
こんばんは~
確か、福島にご縁があったかと記憶しています。
同じ赤白のポールの存在があったんですね。^^
今年はこのポールもやや虚しさを感じてしまうほど雪がありません。
何十年と冬は雪の刷り込みで、今年のこの様子には嬉しいけれど戸惑っています。
そのうち、やっぱり来ちゃいましたァ~ってガタガタ、ブチブチいってるかも^^;
Commented by budoudana-de at 2015-12-15 23:11
ボヤントさん
こんばんは~
毎日、雪のない道路を走れているのが不思議です。(笑)
そして、朝起きると放射冷却でこの通りの霧。
雨露風月・・・字面からして和そのもですよね。
日本絵、着物や工芸品、いけばな、お茶、俳句、短歌等々こうした自然を根底に持つ文化と思います。
山ガールもどきは一層その思いを強くしています。

天ぷらは一番簡単かなと思ってるんだけどどうかしら?
前にもそんなこと話しましたっけね。
刻んで揚げるだけですもん。^^
Commented by budoudana-de at 2015-12-15 23:13
鍵コメさん
こんばんは~
よろしくです。♪
それと、お気遣い無用です。
な~も気にしないでください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2015-12-15 00:10 | 自然 | Trackback | Comments(6)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31