歌舞伎入門

a0214206_13325387.jpg
墓参を済ませた、翌11月11日は念願の歌舞伎鑑賞です。
歌舞伎座の前は開演直前ということで長い行列。
2年前に建て直された新歌舞伎座ですよね。
いとこも私も歌舞伎観賞は初めてですのでワクワクです。
ネットでチケット予約。
座席表を見ると1等席、2等席が少し残っており、
「初めての歌舞伎」ということでもあるので大奮発しました。
ついでに、予習もと思いましたが・・・^^;

地下のカウンターでチケットを受け取り外へ出て
先ずは、演目板の前でパチリ。
赤・黄の紅葉コンビ(笑)

a0214206_14184475.jpg


a0214206_14195058.jpg
吉例顔見世大歌舞伎
十一世市川団十郎五十年祭
(海老蔵さんのお祖父さん)
とあって、出演の役者さんも華やか。

入口でイヤホンガイドを借りて準備万端。
あらすじに添ってガイド音声が導いてくれるので便利でした。
(¥1700、 帰りに本体を返すと¥1000 戻って来る )












場内に入って座席を確認して、赤ジャケットのMちゃんをパチリ。


a0214206_09483204.jpga0214206_09480503.jpg










幕開けまでは写真撮影、飲食も構わないということでしたので
自販機のコーヒーで乾いた喉を潤おしながら幕が開くのを待ちました。



どんな装いにしようかと迷うのも女子の課題のようなものですが
和装の方もたくさんいらしたけれど
茶の紬を着ていらした方に目が止まりました。
機会があれば私も遊び着としての紬で歌舞伎鑑賞できたらいいなァ~なんてことを思っています。
ですが、やはりカジュアルスタイルが圧倒的です。
皆さん、それぞれ楽なスタイルでホッです。

一幕終わって昼食。
こちらも何をどんなスタイルで食べようと基本的に自由で
館内のスタンドテーブルで立食、自席でお弁当もOK.
私たち紅葉コンビは3階のお食事処にて。
ランチタイムは1時間足らずなので急ぎます。

a0214206_13341427.jpga0214206_13342542.jpg











テレビでしか見たことのない役者さんたちの印象もそれぞれ
女形の児太郎さんは長身、以外に小顔の染五郎さんと思いがけない印象でしたし
海老蔵さんの精悍俺様顔 -.-)な顔立ちはピカイチ!
でも、仁左衛門さんの美しかったこと!素敵でした。
主役級、女形は白塗り、端役になるにつれ肌の色が濃くなることの実際を見て
ついつい、心の中で「頑張って!」

豪華な衣装、大道具、小道具も見逃せないところです。
義太夫、長唄の方々も大変な汗で何度もタオルで汗を拭きとっていました。
花形役者だけでは成り立たない世界ということを強く感じましたし、
裏で支える多くの職人さんも含め、奥深い世界のようです。
どうもそちらの方に興味を魅かれる茜です。

5階の庭園らしきスペースから瓦屋根を写して「初めての歌舞伎」は幕となりました。
日本の伝統芸能に触れて満足、満足。
またいつかの機会に出かけたいと思います。

そして、3年ぶりの東京は歩け、歩け!
普段車が頼りですのでかなり足腰にきます。(笑)

a0214206_13354036.jpg

a0214206_13344015.jpg


















トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/21834354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yk-voyant54 at 2015-11-14 19:43
茜さん、こんばんは。
今どこ?東京なの?しっかりアップしていて凄いや。
歌舞伎は久しく行ってないけれど、東京生まれ育ちの母の遊び場が
銀座だったので、歌舞伎役者の話は耳にタコができるくらい聞いたよ。
海老蔵は華があるね。本物を見たいな。染五郎は顔が小さい?
他の人が大きいとか?うう〜ん、こればっかりは、見ないと分からない
感想ですね。秋田こまちの新幹線の超未来デザインにも、びっくりしつつ、
あの桜の紅葉も見ることができて最高でした。ありがとう。
春に桜をテーマにした企画があったのよ。
私、もう絶対に、あの茜さんの桜が最高だ!!と思ってた。
その桜の今を再び見られ感無量でしたよ。
Commented by asahinahikari at 2015-11-14 20:23
こんばんは
歌舞伎座レポートありがとうございます
紅葉コンビの従姉妹同士さん良いお席で堪能できて良かったですね〜
新しい歌舞伎座行っていません〜行きたくなりました
Commented by budoudana-de at 2015-11-14 21:48
ボヤントさん
こんばんは~
もう家へ帰っています。
墓参が一番だけど歌舞伎もとっても楽しみでした。
お母様の遊び場が銀座ね。素敵!お洒落!♪
主人のお母さんも池袋生まれ育ちでね、保険会社の経理しながら趣味は社交ダンスを楽しんでいたみたいですよ。
和と洋で楽しみ方もそれぞれだったんでしょうね。
舞台に立つと顔はやはり少し大きめの方が迫力あるかもです。
海老蔵さんは目鼻立ちがはっきりしていて「どうだ、俺が海老蔵ぞ!お~いお茶!」的(笑)
化粧映えするっていうのかしらね。

こまちの流線形はいつ見ても美しい!

一本桜をそんなふうに見ていてくれたこと凄く嬉しいです。
ありがとう。
あの存在感はなんでしょね。
紅葉の一番美しい時を待ってたんですけど、残念ながら少し過ぎてしまっていました。
年月を重ね趣きも重厚で人の心を優しく包み込むようです。



Commented by budoudana-de at 2015-11-14 21:52
光さん
こんばんは~
歌舞伎は何度かいらしたんですね。
近くだとその気になればいつでも行けちゃうから羨ましい限りです。
紅葉コンビは初めてなのでたっぷり楽しんできました。
今度は歌舞伎座前で待ち合わせができそうです。♪
また、楽しみが増えました。^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2015-11-14 14:29 | フォト 日記 | Trackback | Comments(4)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31