紅葉 Ⅲ ~半透明の際立ち

赤黄の紅葉の中で、コシアブラと思うんですけど透けるような淡黄緑色の葉と黒い実。

a0214206_22095922.jpg
a0214206_22101278.jpg
a0214206_22193535.jpg

「華道」11月号に寄せられた記事です。
折に触れ感じていることがここにありました。

花の道しるべ 桝野俊明
「体露金風」 目に触れるものそのものが悟りの姿

「金風(きんぷう)」というのは秋風のことです。
山の木をにぎわせていた葉も、秋風に吹かれてすっかりと落ちてしまいます。
もう少し紅葉を楽しみたいと願っても、
秋風は容赦なく葉を散らしていく。
そうしてやがて木々はその幹を露わにします。
「体露(たいろ)」とはすべてが露わになっている状態を意味します。
これこそが自然の計らい事であり、人間が立ち入ることのできない理です。
目に触れる自然。
それこそが悟りの姿そのものであることを意味した禅語です。
・・・
中略
・・・
ただそこに厳然として存在しているもの。
春風が吹けば山はもえ、冬になれば姿を露わに見せる。
日が暮れれば潮が満ち、そしてまた引いていく。
延々と繰り返されるその営みを前にして、人間はどうすることもできません。
自然の中に身を委ねて、共に生きていくことしかできないのです。
それは決して「あきらめる」ということではありません。
自然に対して「明らかに見極める」ということなのです。
私たち人間もまた、自然の一部であることを忘れてはいけない。
自然は相対するものではなく、共存していくものです。
自然からの恵みを十分に受け入れながらも、
自然に対する畏怖心を持っていなければなりません。
畏怖の心を忘れ、私たちが傲慢になったとき、大自然は牙をむくのです。
たくさんの葉と実を付けた木も、枯れ果てて姿を露わにした木も、一本の同じ木です。
姿形は変えても、その本質を変えることはありません。
そしてその本質の中にこそ、最も大事なものが宿っているのです。


トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/21777138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by asahinahikari at 2015-10-27 08:12
おはようございます
コシアブラは春の芽出しの時期しか知りませんでした。紅葉は優しい黄色になるのですね〜この木も秋の山の彩りに一役かって3枚目の写真ように存分に秋を楽しめますね〜
自然を見極め〜身を委ね〜楽しく共存するのですね〜私は野菜で四季を感じ大地の恩恵に感謝し日々を送って行きますね〜
Commented by budoudana-de at 2015-10-27 22:33
光さん
こんばんは~
山から下りながら見た、コシアブラの透き通るような淡い黄緑はスペシャルでした。
主張しないでいるようで、しっかり目立つ・・・

出会った記事にもありましたけど、自然の恵みと畏怖心を持って共存するということを心に刻みたいと思います。
土、太陽、水それに人の知恵と労力の積み重ねの野菜作りも同じことですね。
楽しみながら頑張ってね!
Commented by yk-voyant54 at 2015-10-30 10:37
素晴らしい思考・意識ですね。載せてくださって、ありがとう。
いつも忘れないようにしたい内容。でも忘れて、だからこうして
時々思い出させて頂く文に出会えるのは、ありがたいですね。
黄色の葉っぱと実が美しい。抽象画みたいですよ。私好み。
話は脱線しますが、ブログで多くの写真を見ている訳ですが、
心に響いて絵を描いてみたいと思える写真には、なかなか
出会えません。実は心に響き脳裏に蓄積されている映像は、
茜さんとhibikoreさんの写真なんですよ。驚いた?
私は写実ではなく抽象画なので、空気感や幾何学的・デザイン的面白さに
惹かれるの。茜さんの視点は生け花ヒントにされているような。
茜さんの美的感性・思想が私にとっても心地よいのです。
Commented by budoudana-de at 2015-10-31 00:34
ボヤントさん
こんばんは~
「体露金風」~目に飛び込んでなんだろう?から言葉を拾いながら読み進んだわけですけど、
自然の恩恵と畏怖心を同じように感じながらカメラに納めている日々の私にとって、これぞ言い当てた言葉そのもの!
仏の教えは自然の中に神を見ている・・・仏と神は同一?

hibikoreさんと茜の写真に心を寄せて下さってること嬉しいなっ!^^
いけばなが生活の中の一部とすれば、おのずと植物、そしてそれを育む環境に目が向きます。
そして、先ず感ずるままを撮ってみよう!の繰り返し^^
でも、感じたままを表現するって難しいね。
自分の限界も大いに感じながらUPしちゃうけど、今回のように嬉しいコメントいただくと、
お調子者だから木に登ります。(笑)
今は先ず撮影の学びタイムということで男前の写真を見てやって下さい。
ありがとう!!


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2015-10-27 00:28 | 自然 | Trackback | Comments(4)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー