プチ・社会科学習~ビールの友、枝豆選別作業^^

a0214206_01291263.jpg今年の枝豆の美味しさは格別です。
我が家では、毎日、食卓に登場です。
SIMPLE IS BEST そのもの。

隣村の不動滝を見た帰り、
野菜でも買って行こうと立ち寄ったら
「今日はお休みです。土日祭日だけの営業です。」って
目立つ看板なのに、営業日の記載がない・・・

a0214206_10051739.jpg






でも、何か作業をされている方がいるので、なんだろう・・・?と近寄ると
大好きな枝豆が流れて来ているではありませんか!
珍しいので、初めて見る選別機と作業を撮らせてもらいました。
a0214206_10095794.jpg


①畑から収穫されたばかりの枝豆。
 これから、茎から豆だけ削ぎ落されます。 
a0214206_01303046.jpg
②そうして溜まった実はローリングする歯車に乗ってバラバラに
a0214206_01302143.jpg
③細い山形の筋にポトリポトリと納まりながら分別作業台へ~
a0214206_01301118.jpg
④ベルトコンベア兼作業台に散らばるようにゆっくり流れて来ました。
a0214206_01294194.jpg
⑤キズ物や鞘の豆の数(確か、店頭に並ぶのは鞘に2~3粒入っているもの)が適合しない物ははじかれていきます。
 1kgで約300円弱の枝豆・・・
 こんなに几帳面に寄りわけないと商品として受け入れられないことを話しには聞いていましたが、
 実際の作業を見てしまうと、生産者、加工者の気持ちはいかばかりかと(--;)

a0214206_01293470.jpg
「キズものでいいから、売って下さい。」とお願いました。
最初の写真がその枝豆です。
袋に2kg、わしづかみを2回のおまけで400円でした。^^;

⑥こうして振り分けた豆を綺麗にする洗浄機です。

a0214206_01295679.jpg

合格した枝豆は袋に入って陳列棚に並ぶのですね。・・・

茎から豆をもぎ取るのは苦労です。手が痛くなるし、後の茎の処理も面倒です。
今、不適合除け以外はこうして全て機械がやってくれることを知ったわけですが、
生産者サイドに課せられたシビアな選別作業には極めて複雑な気持ちになりました。
自然の光と水で育つ野菜も商品規格に合ったものでなければならないし、
私たち消費者も店に並ぶ麗しい野菜をなんの疑問もなく当り前に手に取る時代です。

茹であがった枝豆を見つめる目が昨日と違いました。









トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/21564929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by asahinahikari at 2015-08-20 13:33
こんにちは
これと全く同じ作業をテレビで見ました〜
アメリカから来た枝豆農家さんが日本のこのやり方の非常に驚いていました
豆は朝早く収穫しないと甘みが落ちてしまうそうですね〜
早くに収穫した豆をこの几帳面な選別方法で分け冷蔵して出荷するようです
日本の農業の機械化がここまで進んでいると知り驚きました
Commented by budoudana-de at 2015-08-20 19:11
光さん
こんばんは~
同じ作業をテレビで~  私は今回初めて目で見ました。
たったひと鞘のために大の大人がこうしてチェックを入れている作業はかなり衝撃的でした。
高価なものであればそれなりに納得できますが、
枝豆ひと鞘のためですよ。
受注先の規格に合格して利益を得るということですが、なんとも複雑です。
新鮮でなかったり、味が悪かったりでは商品価値はないと思うのですが
こうまでタイトな枝豆規格は生産者の設備投資費と労力を翻弄しているようです。
もう少し、おおらかであっていいと思うのですが・・・
我々日本人の消費感覚はいつの間にやら形にあてはめられているようです。
Commented by budoudana-de at 2015-08-20 19:14
光さん
7行目・・・受注先となっていますが「発注先」です。
訂正してお詫びいたします。
Commented by kouhougama at 2015-08-22 02:00
こんばんは~
枝豆美味しそう
しかし生産者さんのご苦労もあるんですね~
有田焼の選別も超厳しいです
どこに傷がと思う食器類がどんどん弾かれます
大量に早廃棄されます・・・
デパートとかがお取引だと発注先さんの
選別が更に厳しくなる感じ・・・

そしてまた大量の燃料使って大きな窯で焼成する
なんか資源がもったいない感じがします


Commented by budoudana-de at 2015-08-22 13:08
光峰窯さん
こんにちは~
ああ、そうなんですか・・・
本当にもったいない!
取引先の完璧を望む姿勢もわからないではないですが、
職人さん、生産者にしてみると涙をのんでとういう無念を絶えず受け入れなければならないんですね。
機械でポトリポトリとできあがるものではなく、
人の手と感性、長い間の経験とで作り上げていくわけですから
均一にはね・・--;
より良い物を作りだすための経費と労力は想像以上と聞いています。
むなしくならないようになんとか心の持ち方を考えねば!
枝豆の選別には、こちらの方が驚きと同時に自分だったらやってられない~
と感じてしまいました。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2015-08-20 11:34 | フォト 日記 | Trackback | Comments(5)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31