パッチワーク通信社倒産

東京出張の帰り、新幹線から妹のメールが届き、いろいろやりとりの中
「パッチワーク通信社が倒産、ひとつ時代が終わった」と~
妹がパッチワークを知り、夢中で過してきた何十年はパッチワークの進化の時代でもありました。
インターナショナルキルトウイーク横浜、東京キルトフェシティバル等コンテストを主催し、
色刷りの見応えある冊子に、ほとんど無縁の私さえも応募作品の数々にため息しながらページをめくっていたものです。
手芸、工芸盛んなこの時代にこの報は衝撃的でした。
書籍が売れない現代、キルト人口は盤石ながら、出版社にとっては忸怩たるものがあったのかもしれません。

a0214206_20331044.jpg
a0214206_20332831.jpg
キルトファンであれば、一度は手にしたことがあるであろう「パッチワーク通信」「私のパッチワーク・キルト」等一時代の遺産となるのでしょうか?
綺麗な色刷りで思い入れひと際の作品が掲載されていた専門誌でした。



トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/21343255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 11hiyo at 2015-06-14 22:28
こんばんは~

私もかつて愛読者でした。
ショック・・・
どれだけキルターにたくさんの夢を与えてきたことでしょうか。
Commented by budoudana-de at 2015-06-15 09:08
11hiyoさん
おはようございます~。
本当に夢を繋ぐ専門誌でしたよね。
ひと針、ひと針に思いを込めた作品が集合するキルトワールドでした。
時代の変遷を強く感じます。
hiyoさんもキルトされてたんでしょうか?^^
Commented by sakata_kazu at 2015-06-15 16:23
妹さんのパッチワーク通信は残念ですね、
全国的に会員登録人数が少なくなってきたのかな?
以前の話でエキサイトの有料件、
アフィリエイトに切り替えるのですかね?
Commented by budoudana-de at 2015-06-16 00:56
kazuさん
こんばんは~。
パッチワークファンは主に女性中心にたくさんいますけれど
雑誌の売り上げが減っていることが、大きな原因ではないかと思うのです。
それにしても思いがけない衝撃でした。
excite有料化は写真の容量が一杯になってきたので、
写真掲載無制限ってありますよね。
それにしようかと・・・
アフィリエイト~わからなくて調べてみました。
そんな気はまったくありません。^^;
Commented by sakata_kazu at 2015-06-16 05:37
追加コメント
長女Yのつれずれ記Ⅱ~Ⅲで新規でする考えがありますよ、
エキサイト拝見してるとそこそこいる。
Commented by budoudana-de at 2015-06-16 13:30
kazuさん
そうなんですか~
有料にすると・・・Ⅱとなるとは、ブロ友さんから聞いていました。
じっくり見てますね。
Commented by sakata_kazu at 2015-06-16 18:26
茜さんへ
有料ではなく、無料のコースです。
例えば無料で写真一杯になると、次の新規を、
繰り返すと、ず~~~と無料コースです。
さすがエキサイトですね。
Commented by budoudana-de at 2015-06-17 08:46
kazuさん
おはようございます~。
新規で立ち上げるってことですね。
アドバイスありがとうございます。
「長女Y~」も変更したいとこもあるし・・・
そのうち、心決めます。
Commented by yuriko_chan at 2015-06-17 21:15
あっら~~
昔、愛読してました。

雄鶏社もなくなったし

出版業界も大変なのだなああ
Commented by budoudana-de at 2015-06-17 21:37
yuriko_chanさん
こんばんは~。
やはりそうでしたか・・・
雄鶏社も!?
布に糸、針って女子にとっては欠かせない趣味の分野ですよね。
それをリードしてきた出版社がなくなるって! 淋しいネ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2015-06-14 20:47 | フォト 日記 | Trackback | Comments(10)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30