小安温泉峡~木地山高原~泥湯温泉~川原毛地獄 ①

連休前半、4月30日、妹に誘われての栗駒高原周辺を気晴らしドライブ。
先ずは、何度も登場している小安温泉峡へ。
山の雪は今尚、こうして激しい水しぶきを上げながら里へと流れ、ダム湖を満杯に。
そんな、皆瀬ダム湖に鯉のぼりが泳いでワーイ!

a0214206_10512407.jpg


a0214206_09450159.jpg

程なく、小安温泉に到着。
先ずは「重衛門コーヒー」にて一休み。
土の香りがするカップに淹れられた、濃いめのコーヒーが美味しかった。

a0214206_09452035.jpg
店内は天然朴のがっちりイスやテーブルが山小屋の雰囲気をイカンなく演出です。
a0214206_09451204.jpg
お腹も満たさないと・・・「かえで庵」。山へ来たらやはりお蕎麦かな?
a0214206_09452927.jpg

無類の山好き女子である妹の運転に任せ、連れて行かれるままの殿様ドライブ ♫

空も青いし
a0214206_09455636.jpg
雪が残り、新緑も眩しい あの雪の辺りは?
a0214206_09460820.jpg
a0214206_09463617.jpg
重なり合う落葉に山から浸み出る水が水芭蕉を育んで
a0214206_09464645.jpg
葉がこれほど大きくなるとは! 妹が言うにはもっと大きくなると~
a0214206_09465626.jpg

この姿を見ただけでもすでに満足してしまっているのですが、まだまだ続きます。
ここは桁倉沼~キャンプも出来る広さです。

a0214206_09471354.jpg

トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/21187051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-05-03 19:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yk-voyant54 at 2015-05-03 19:16
妹さんと!いいなぁ〜。我家では考えられないな。
あり得ない、誘ってくれるなんて。
雪がまだ残っているんですね。桜も今年は早いと
書いてありましたが、桜は5月の花なのね?
不思議だね。水芭蕉は惹かれる花だね。
いつか本物を見たいよ。水芭蕉が生息している所は、
綺麗な場所でもあるという認識なんだけど当たってる?
Commented by budoudana-de at 2015-05-03 23:21
鍵コメさん
こんばんは~。
コメントをありがとうございます。♪
嬉しいです。
私の方こそいつも圧倒されながら拝見しています。
本業もきっと頑張っておられることとお察しします。
若いっていいなっ^^
楽しい連休を楽しんで下さいね。
Commented by asahinahikari at 2015-05-03 23:33
こんばんは
妹さんと仲良しドライブ楽しまれて良かったですね〜
芽吹いたばかりの木々と水芭蕉〜美味しそうな空気感が伝わって来ました〜
お家からですと何キロぐらい走るのかしら〜
温泉は何方の温泉に入りましたか〜
Commented by budoudana-de at 2015-05-03 23:36
ボヤントさん
こんばんは~。
それぞれの生き方考え方の違いはあるけれど、
そばで息遣いが聞こえているっていうだけでも、
良しということで・・・^^
血のつながりは何物にもかえられないものだしね。
水芭蕉は綺麗な水が大事のようで、この場所も腐葉土で覆い尽くされている中にサラサラと山の水が流れていましたよ。
わさび田と同じなんだなと思いつきました。
葉っぱの大きさにびっくりで1m位に成長するらしいの。
湿原の白い花だけの時を良くみるけれど、今回その後が見れてラッキーでした。
冬もそうだけど秋田の自然に案内したいなぁ。
Commented by budoudana-de at 2015-05-03 23:58
光さん
こんばんは~。
お天気も良くてドライブ日和でした。♪
今ね、家から小安峡温泉までの距離を測ってみたら、約30㎞位ですね。車で40分かな。
で、今回は車で流すばかりで温泉はなしでした。
光さんは東北の温泉に詳しいから、いつかの時に報告できたらと思っています。^^
この連休はどちらかへお出かけになりますか?


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2015-05-03 11:04 | フォト 日記 | Trackback | Comments(6)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜