衝動的に鳥海太郎へ

3、4日前の鳥海山は巻き毛のような山肌がとても綺麗でうっとり。
もっとそばに寄ってみたいなァ~と・・・

a0214206_20312559.jpg

今日は生憎の曇天、桜もまだだし、でも、写欲は衰え知らず。
困ったものです。(笑)
午前中、窓ふきして春のチリ落としもしたし(一部)、買い物のついでに行けるところまでいってみようかァ・・

a0214206_20404486.jpg

・・・! すそ野まで見えて、電線も入らない雄姿。
a0214206_20420011.jpg
感激です。広大です。
a0214206_20423797.jpg
左折すれば鳥海グリーンラインの標識でしたが、夕飯の支度が頭をよぎり主婦の宿命と敢え無くUターン。
1時前出発4時帰宅の衝動ドライブ
a0214206_20412258.jpg
鳥海りんごジュースで乾いた喉を潤おして、さあ急いで帰りましょ。
a0214206_21334609.jpg

何通りかの道も覚えたので、新緑の頃主人と一緒に訪れます。


トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/21117121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yumesaki_annai at 2015-04-13 21:56
1枚目のショット~何ですか?
怪しすぎますね・・・このモワモワ?
3枚目の鳥海山みて大満足!
私も日曜に選挙に出掛けたのに河口湖まで
250kの衝動旅でした~笑い
Commented by budoudana-de at 2015-04-14 00:46
yumesaki_annaiさん
こんばんは~。
負けました!(笑)
遠回りの投票場でしたね。^^
でも、好きな場所にはついですね。
モヤモヤの山肌は強い西陽が当たって、おそらくカチンコチンに凍った雪が反射した表情と思います。
よく晴れた日でしたので、普段見えていない部分も見えたかと。
Commented by yk-voyant54 at 2015-04-14 22:32
1枚目の写真、こういう雪模様の山は見たこtがない。
ひょっとしたら、茜さんだけに見せてくれたのかもしれないね。
私も車があったら、気の向くままに走らせることが多いと思う。
地方に住んでいて車がないのは、自分の気持ちを遮断してしまう。
(東京は電車があるから動けた)
夕飯・・そうね、子どもが生まれて一番のストレスが、気ままに動けず、
制約を受けたことかな。慣れちゃうんだけど、どこかで
本当の自分を表現しきれてないようなだったな。
そういうな時期もひとつの体験として貴重だと思うようになったよ。
しかし、本来の自分に戻りたいね。
今は自由の身だけど今度は貧乏すぎちゃって動けず。苦笑 
鳥海山って不思議な魅力がある山だね。きっと、茜さんを見守って
下さっている山なんだね。こういう存在が自然の中にあるっていうのも凄いな。
茜さん、幸せだね。
Commented by budoudana-de at 2015-04-14 23:56
ボヤントさん
こんばんは~。
田舎で車の無い生活はもう考えられないです。
スピードの出る物が好きだから尚更ね。(笑)
ブログを始めてから余計にいろんな道を走ることが多くなって気がついたのが、鳥海山があっちこちで見られるんだってこと。
何十年の間に田んぼの中に立派な道路ができて便利になり、若い頃には知ることの無かった景色が展開するわけですよ。
農家の方は山や田畑で作業しながら毎日鳥海山を見ていたんだなァとね。
今は忙しくて山に行けなくなった妹は私以上の鳥海山ファンなの。
故郷の山はありがたきかなですね。
年を重ねると、自然と共に暮らすことの幸せを強く感じるし、
かけがえのないものでもあると・・
嬉しい時も、疲れた時もいつでもドーンとそこにあることを知ったのは大きい収穫かな。
見つめる心模様は日々違うけど。
ボヤントさんの新転機のほどはどうかしら?
気になっています。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2015-04-13 21:46 | 自然 | Trackback | Comments(4)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31