「初午」ってなぁーに?

春に先駆けて毎年執り行われる「初午祭り」。
寒さ厳しく雪深い当地では旧暦3月がその月となりますが、
今年がその当番となりました。
十数年前に訳もわからず一度経験したのを思い出します。
で、「初午」ってなんなのでしょう?

ネットで調べてみると・・・

「一般に稲荷の祭日と知られ、稲荷神社に油揚げを供えて、主祭神である穀物担当の神様に
この年の豊作祈願も併せて行う。」と~
そして、時代が流れ家内安全、良縁・招福、商売繁盛、合格祈願等々いろいろお願いしちゃうようになったようです。
日本人の柔軟性?というか、ちゃっかりあれこれ・・を感じますね。(笑)
稲荷寿司はここからきているんですね。
3月30日朝から準備に取り掛かり、ご神体を納めてからは、神社を空にできなので翌日まで当番の方が詰めます。
力仕事は男衆(といっても住民高齢化で70代と60代が半々)
お隣さんと私はお札(原紙をコピー、次に朱印を押す)をそれぞれ100枚ずつ担当です。

ウチのコピーで御利益あるかしら? ちょっと複雑・・・
コピースタートから念を入れてみましたけど(笑)

a0214206_16494827.jpg

滞りなく全てが終わり再び戸が閉じられた田舎の可愛い神社です。
鳥居が赤いのは魔物に対抗する色だから。
フッと思い出すことがあります。
この神社の後ろに父の畑があり、
夏休みにジャガイモを堀に行ったものでした。
今は道路になり、中学校のグランドに変貌しています。

a0214206_18122635.jpg

31日夕方から都合のつく10人でご苦労さん会でした。
主役の油揚げ、班長さんの奥さんが炊いて下さったお赤飯、残ったお酒も皆で分けてお持ち帰りです。

a0214206_18182544.jpg

こうしてみると、実に神事の多いこと!
そのほとんどは、やはり、お米の国である日本らしく、
四季を通じ人々が五穀豊穣を神に願い続けてきたことがわかります。
時代が変わっても、主産業が農業の当地には欠くことのできない節目の神事なのですね。

若い頃はまるで関心のなかったことですが、
歳を重ねるほどこうした神様とのお付き合いに興味をそそられるようになりました。





トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/21073026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yumesaki_annai at 2015-04-01 19:07
今日は一番乗り~やりました!
「初午祭り」お疲れ様でした~
茜さんの作ったお札は御利益ありそうです
1番乗りのご褒美に余ってたら欲しいです~笑
Commented by budoudana-de at 2015-04-01 21:18
yumesaki_annaiさん
一番乗りありがとうございま~す!
私の作ったお札でよければいつでもどうぞ^^
早速、枝が赤く色づいた山のもみじを持って来て下さった方がいて、これも御利益かなとルンルンです。
もっと、いけばなに励めということなんでしょね。

Commented by asahinahikari at 2015-04-01 22:21
こんばんは
赤の鳥居のお写真を見ているだけでもパワーを貰えた気分です
伝統の神事を受け継いで行くというのは大変ですね
でもその分どこかで加護がある事と思います
お疲れ様でした。
Commented by budoudana-de at 2015-04-01 23:53
光さん
こんばんは~。
そうか、そうですね。
加護があるかもしれない・・・
丁寧にそぐわなければですね。
いつもありがとうございます。^^
Commented by kima2011 at 2015-04-02 00:07
茜さん 伝統行事の意味が分からず祭りに参加
してしまう私です
当地でも、地域の連帯の強さがまだ少し残っています
素朴な祭りが好きですよ!
桜は、まだですか?こちらは、満開です~
Commented by budoudana-de at 2015-04-02 00:24
kimaさん
こんばんは~。
暦的なことって、複雑で難しくってなかなか覚えようとしませんね。
こうしたことにも、関心が向くようになって来たのも、
加齢の恩恵と考えるべきでしょうか?^^;
桜は3週間ほど後でしょうかね。ゆっくりです。
Commented by itohnori at 2015-04-02 08:47
budoudana-deさん、お早うございます。
 伝統行事が未だ続いているのですね。
そして、それが少しずつ現代版にアレンジされているのですね。
お札のコピーはその代表的なものですね。(笑
こちらではこの様な行事がなくなってしまいました。
何か寂しい気がします。
Commented by yk-voyant54 at 2015-04-02 09:20
ご心配?をおかけしました。ただの宣言です。
当たらない予感です。笑 もしくは願望?
いえ、叶います。そうなります。
神事というのは身が引き締まりますね。
5月連休3日間は盛大な浜松祭りで、今じゃあド派手なんですが、
祭りのスタートは、やっぱり神事なんです。
その時だけ、厳かで厳粛なピリっとした空気が流れ、
とっても好きです。
神に祈る、日常の節目に感謝するって大切なことですね。
お赤飯が美味しそうで食べたくなっちゃった。
お昼ご飯はお赤飯になるかもです(パックが置いてある)笑
Commented by budoudana-de at 2015-04-02 22:12
itohnoriさん
こんばんは~。
キャノンコピー機でお札を・・・^^;
もちろん初めてのこと、いいのかしら(笑)
でも、班長さんに喜んでもらいましたよ。
時代が変われば道具も意識も変わる文化ですね。
Commented by budoudana-de at 2015-04-02 22:32
ボヤントさん
こんばんは~。
「念ずれば叶う」これでしょう!^^
女神さまはあちこち寄り道しながらも、徐々に近づいているかもですよ。

土を耕して太陽と雨の恩恵を受けて作物が育ち、いよいよ収穫の時、心からその喜びを神様にお伝えしたんでしょうね。
そして、また豊作を祈願する・・・
改めて考えてみると、とっても美しい人の営みですよね。
たまにはこうして古くから引き継がれてきた神事に想いを馳せるのもいいかもです。
浜松の大祭はどんなでしょうね。
観てみたいな。^^
駅も浜名湖もいつも通りすぎるばかりで、いつか降り立ってみたい・・
そして、ボヤントさんとコーヒーすすりながらお喋りを~♫
念ずれば叶う?
お赤飯、もうお腹の中かしら。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2015-04-01 18:53 | フォト 日記 | Trackback | Comments(10)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31