横手の雪まつり・ぼんでん Ⅱ

尻込みする新人に「大丈夫だから、やってみろ!」と先輩等の激励が飛びます。
ここまでかなり時間がかかっていますが「おっ、上げた!」

a0214206_15491354.jpg
が、風も強くあっという間に倒れてしまいました。
a0214206_15494062.jpg
「いいか、こうするんだぞ!見てろ!」と言ったかどうかはわかりませんけれど
先輩達が次々にぼんでんを持ちあげていきます。
a0214206_15501187.jpg
「さっ、いくどォ===!」
a0214206_15504970.jpg
「どうだァ===!!」 パチパチ
a0214206_15512192.jpg

この子らも、将来の若衆予備軍でしょう。
こんにちは~

a0214206_15515945.jpg
後ろ姿はまだ赤ちゃんの名残りが残っているようで可愛い。
a0214206_15522956.jpg

いつの間にか大きくなった祭り男の甥っこも、明日は休暇をとって奉納に参加するそうな。^^
今年は生憎というか道路に雪が無く真っ白の中の祭りとはならず、些か残念な気も~
去年までの豪雪には泣かされましたからね。
儲けた気分です。
ぼんでん、かまくらが終われば春を意識し始める私たちです。



トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/20896015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kima2011 at 2015-02-16 20:49
茜さん~
ぼんでんまつり 初めて知りました
30キロの物を操る 北国の男性は力持ちでたくましい
ですねー 今日はお天気で良かったですねー
雪が降っても祭りは、あるのでしょうか?
これが終わると春がやってくるのねー
後ろ姿のチビ軍団可愛かったよー
ナイスショットでした。
Commented by asahinahikari at 2015-02-16 20:54
こんばんは
伝統行事のぼんでんは纏と同じように振り回しながらあげるのですね〜
とっても重そうですね〜コツがあるのでしょうね〜
伝統は目上の方から教わり受け継いで後世に残して行く大事にして欲しいですね〜
横手のかまくらはニュースでも紹介されよく知っていますが
このぼんでんもメジャーになると良いですね〜
Commented by budoudana-de at 2015-02-16 22:40
kimaさん
こんばんは~。
昔は男衆は断然力持ちであることが尊ばれたんですよね。
現代とはかなり価値観が違いますね。^^;
ふくふくでピヨピヨの子たちも可愛かったなァ~
かまくらもぼんでんも楽しんだと思います。

Commented by budoudana-de at 2015-02-16 22:48
光さん
こんばんは~。
その昔は火消し役の人たちがこれを担っていたという説もあるので、纏いを連想されたのは正解かもしれません。
かまくらが全国的に有名になっていますけれど、同時にこのぼんでんも春前の大事な行事です。
競って神社に奉納をするので男性軍が燃えます。^^
後継者はきっと無くならずに受け継がれていくことと思います。
Commented by satohit at 2015-02-17 16:52
ぼんでん祭り・・・寒さを吹き飛ばすような元気なお祭りなんですね!
かまくらのある風景もいいです。
小さい子供たちがペンギンのようで可愛いです ^^
Commented by budoudana-de at 2015-02-17 23:24
satohitさん
こんばんは~。
「雪に負けなおゾ!みんな健康で春を待とう!」の気持ちが溢れるお祭りですね。
こうしたお祭りは男衆がとっても生き生きですよ。
子供たち、ほんとうにヨチヨチのペンギンさんみたいですね。^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2015-02-16 16:25 | フォト 日記 | Trackback | Comments(6)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31