雪まつりPR

そして、静かに近づく冬の終わり。
そして、静かに近づく春の訪れ。
    
実感が籠ります。

a0214206_00511815.jpg
「かまくら」の作り方 ・・・ 一瞬、作ってみようかと~それは無理、無理^^;
a0214206_00513075.jpg
a0214206_00521024.jpg
かまくら館の前にもまだ入口が掘られていない「かまくら」がスタンバイです。もうすぐです。
a0214206_00525195.jpg
中ではかまくら職人さんがちょうど3時のお茶時間で寛いでいました。
「写真撮らせてもらっていいですか?」「おう、いいよ!」
こっち向いてくれればいいのに、皆さんシャイなんです。(笑)
a0214206_00522513.jpg
そして、帰りに寄った道の駅では
雪の下から掘ってきました 甘くなってます

a0214206_01141802.jpg
どれもこれも雪国らしく嬉しくってホッとしてしまいました。


トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/20838759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rie0412h at 2015-02-03 07:15
かまくら作り  やはり そちらの地域では
観光になりますね 。
このような パンフレットまで あると
興味 を 持ちますよ 。
私も かまくら職人さん に 会ってみたい ♡
どんな プレゼントかなぁ 〜 ♬
Commented by budoudana-de at 2015-02-03 11:00
チェルママさん
こんにちは~
雪国はやはり寒いこの時期がふさわしいですね。
全国からたくさんのお客様をお迎えできる行事です。
かまくら職人さんのプレゼントなんでしょうね?
そそられますね。^^
Commented by sakata_kazu at 2015-02-03 11:51
酒田の天気情報
みぞれ交じりの気象、
朝はアイスバーンで危ない状態。
明日は山形市内で会議の為、月山道越えです。
バスなので、楽です。
Commented by budoudana-de at 2015-02-03 12:43
kazuさん
こんにちは~
会議ご苦労様です。
荒れなければいいですね。
雪の月山は崇高でしょうね。
Commented by momopororon at 2015-02-03 13:43
かまくらの作り方、はじめて知りました。
作るの大変なんですね〜♪
雪もたくさん使いますね。
中で、お餅焼いて、ほっこりしたいです(o^^o)
職人さんに、挨拶すると
何がもらえるんだろう
それも気になります。
茜さん、ぜひ挨拶してみて〜(((o(*゚▽゚*)o)))

柿のヘタだけが残って、
この木も、この柿の実を食べた動物も
生きているんですね。
大きな柿の木、ずっとみんなをみて来ているんでしょうね。
Commented by yumesaki_annai at 2015-02-03 13:47
こんにちは~茜さん
雪まつりのかまくらに込められた思い・・・
何百年間も変わらない雪国のよろこび
春の到来を待つ思いが伝わって来ました
茜さんも小さいのをお庭に作って下さい~
3日間の寒い旅から凍えて帰宅しました
2日間徹夜!元気な爺ちゃん冬の富士山を
堪能して来ましたよ~笑い
Commented by 09donpo11 at 2015-02-03 18:16
これはいいえわぁ~。ゆきが沢山降るからできるんだね。
とても贅沢な楽しみに見えます。
Commented by hibikorekouji2 at 2015-02-03 18:48
かまくらの作り方を興味津々で拝見しました♪
かまくら職人さんが居るのには驚きました。
親子で雪だるまを作るが如くに作るものかと思っていました^^;

雪の中で貯蔵され甘くなった野菜、食べてみたいです^^
Commented by yuriko_chan at 2015-02-03 22:09
初めて知りました!かまくら作るのも職人さんがいたんですね!
甘いキャベツ食べてみたいです♫
Commented by budoudana-de at 2015-02-03 22:39
momopororonさん
こんばんは~
実は私もいつからかまくらのサイズ、形が決められたのか
そして、かまくら職人さんの存在も最近知ったのです。^^;
きっと、お客様にお見せする為にこうした規格が整ったんでしょう。
雪はかなりの量ですよ。ガチガチなの。
かまくら職人さんにお声掛けできるといいんですけどね。^^

柿の木とは相対すると「目が合う」ような気持ちになってます。
なんでしょね。


Commented by budoudana-de at 2015-02-03 22:46
yumesaki_annaiさん
こんばんは~
祭りは祈りなんですね。
yumeさんのコメントから、改めてそう思いました。
現代でこそ車で電車でどこへでも行ける時代ですけど、
昔の不便な生活を想像すると、神様に強く願いを込めるしかなかったのかもです。
庭にまたミニかまくら作ってみようかしら^^

Commented by budoudana-de at 2015-02-03 22:53
donpoさん
こんばんは~
今年も雪は不自由しませんよ。(笑)
ただ、湿度が多くて軟弱ですけどね。
子供たちもこれからかまくらの中でお客様に甘酒を振舞うので張り切っていることと思います。♪
市内では100基のかまくらが作られているらしいです。
Commented by budoudana-de at 2015-02-03 22:59
hibikorekouji2さん
こんばんは~
そうなんです。
昔は思い思いの形とサイズでしたが、観光化でより洗練されてきたようです。
私の子供のころも、丸くなくて四角の室を近所のお兄さんが作ってくれました。

雪の下のキャベツ、嬉しくて最初は生で今日はポトフ風にして食べました。
美味しくいただきました。^^
Commented by budoudana-de at 2015-02-03 23:03
yuriko_chanさん
こんばんは~
そうなの、かまくら職人さん登場で私も「ヘエェ~」でした。
さすがに頑丈で立派です。
市内で100基のかまくらですから大変です。

キャベツは期待通り甘さがあって美味しいです。
今夜はポトフ風でした。^^
Commented by yk-voyant54 at 2015-02-04 14:22
かまくら職人なんていう人たちがいるの?
もうびっくりです。さすが雪国。
職人がいるということは技ありなんですね。
誰でも簡単に作れる訳じゃあないってことなのかしら?
興味津々。
Commented by budoudana-de at 2015-02-04 21:41
ボヤントさん
こんばんは~
かまくらの規格サイズというものができて、専門の職人さんが大活躍です。
簡単に解けたり崩れたりしないよう気を使う、かなり緻密な仕事なはずです。
ボヤントさんも「技」発揮してね。^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2015-02-03 01:23 | フォト 日記 | Trackback | Comments(16)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31