灯る

つい 「ジーレガし貸」 と 左から読んでしまって・・(汗)
これが掲げられた当時は象徴的な看板だったのではと眺め
急ピッチに進むこげ茶色の街並保存色と格子戸があてはめられることになったら少し残念。
a0214206_10173408.jpg
ここまではシール貼りアーティストは来ないでしょう。
a0214206_10174821.jpg

トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/20744221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yumesaki_annai at 2015-01-18 11:08
おはようございます~茜さん、
雪国の裏通りに入ると深々と冷えて
表通りの除雪された道と違い夜は滑りそうですね
お散歩気を付けて下さい~

Commented by budoudana-de at 2015-01-18 20:15
yumesakiさん
こんばんは~
人気のいなくなった道は、おっしゃる通り深々と寒さが伝わります。
コンビニの帰り日中は車を止めづらい場所に寄って郷愁を確認してきました。
今回はモノクロかなと思ったのですが・・・
Commented by asahinahikari at 2015-01-18 20:37
こんばんは
屋根の上の雪を見ただけでも大雪の様子が伝わります
つい左側から読んでしまいますよね〜
まだ有ったのですね〜大事にしたい看板です。
Commented by budoudana-de at 2015-01-18 21:46
光さん
こんばんは~
通りが綺麗に整っていくのも気持ち良いものですけど
歴史を感じるものが少しずつなくなって複雑です。
この屋根の雪はかなり重いはずです。
今雪おろししとかないと~心配でした。
Commented by yk-voyant54 at 2015-01-19 02:44
写真家アングルと視点のような現実描写。
伝わってきます。凄いです。
雪国の奥深い辛抱や切なさ、この世界から
春を迎えた時の歓びは、輝きでしょうね。
ある意味で、この環境で育ったことは、ありがたいこと
だったのですね。雪を知らないノー天気な娘には
分かり得ない世界。
若い時に見た、黒沢明監督の「デルス・ウザーラ」を
思い出します。大好きな映画のひとつなの。
Commented by satohit at 2015-01-19 12:23
う~ん・・雪国ですねぇ
雪のいろいろな意味の重みが伝わってきます。

貸しガレージ・・・
私、若い頃に転勤で大阪で4年暮らしたのですが・・
大阪で見た最初の光景・・・「モータープール」???
要は「貸しガレージ」でした ^^;

哀愁漂う写真です ^^
Commented by yumi_yamagata at 2015-01-19 21:08
茜さん、こんばんは。
私もつい、左から読んで。。。ん!?あ~~って(泣)
とっても、カッコイイ写真ですね☆
しかし、屋根の雪が何層にも積み重なって
重そうです(@_@)
Commented by budoudana-de at 2015-01-20 13:46
ボヤントさん
こんにちは~
子供のころはワンコと一緒で喜びかけ廻るなんですけどね^^;
この看板の場所はなんともひなびた感じで好きなんですよ。
もう一か所是非撮りたいところがあるんですけど、またのチャンスを窺っています。
なんだか、いなせな健さんが現れてきてもおかしくないね。
厳しい冬を除けば暮すには最高の場所でもあるから、植物が逞しく息づく季節を大いにエンジョイしなくちゃね。♪
Commented by budoudana-de at 2015-01-20 13:53
satohitさん
こんにちは~
明かりが古びた建物と屋根の雪を照らして、空虚な雰囲気でした。
このまま、この建物が残ってくれると嬉しいんですけどね。
ただ、かなり古くて建て直しを迫られているのかもしれません。
モータープールの方がモダン?(笑)
Commented by budoudana-de at 2015-01-20 13:58
yumiさん
こんにちは~
お蔭様でカメラもおnewになって、相変わらずいろいろ撮りたいんですけど、
外出れば雪・・・雪自慢かァ~みたいでね。(汗)
yumiさんの看板だらけの写真からこの場所の良さに気がついたの^^
ありがとう♪
屋根の雪~かなり圧縮されているからきっと重いはずね。
Commented by sakata_kazu at 2015-01-21 12:58
昭和を代表する写真家、木村伊兵衛と土門拳の、
雰囲気が伝わってきましたよ。
Commented by budoudana-de at 2015-01-21 20:55
kazuさん
こんばんは~
人目を気にする日中はどうしても難があるんです。
なので、いつものついで撮りでした。
写真芸術の両頭の雰囲気に・・・うひゃー、お恥ずかしい限りです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2015-01-18 15:22 | フォト 日記 | Trackback | Comments(12)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31