混乱続く

未だに先の大雪被害が解消しない地域の方々が案じられます。
食糧、灯油・ガソリン等が底をつき、停電の世帯もあり、寒さと暗闇をどう凌いでいらっしゃるのでしょうか?
早く、早く救援の力が届きますよう!!
普段通りの生活が一刻も早く戻ってきますようにと願うばかりです。
雪国の住人は毎年のことでいやいやながらも覚悟して向かいますが、経験のない方々には思いもよらない災いとしかいいようがありません。
一概には言えませんが、<人間というものは知識と経験の範疇でしか物事を考えられない>ということを痛感しています。

a0214206_13371495.jpg


a0214206_13372630.jpga0214206_1337389.jpg
a0214206_13421642.jpg






*コメント欄が表示されません。
 「変更する」をクリックしても変化なしでがっくりですが、comments(0)をクリックしてくだされば欄が表示されます。スミマセン。

トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/19482737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by momopororon at 2014-02-19 16:00
こん♪
異常気象も、夏に続き、冬までも
地球が、悲鳴をあげているかのようです。
仙台でも、78年ぶりの大雪らしく
はじめて。。の声が聞こえて来ます。
雨がなかったので
そんなに重くならず
カーポートなどの被害も
数えるくらいです。
それでも、やはり東北
雪には、慣れている人が多いようです。

車のタイヤ、靴、雪かきの道具にしても
揃っているのでね。

本当に孤立されて今でも大変な方がいるので、
なんとかならないものでしょうかね。
自然災害の前では、本当に無力ですね。
Commented by gojyagojya at 2014-02-19 18:23
こんばんは。
茜さんのところも積雪がかなりありますね。
今年は、普段降らなかった地区に
雪が降り積もり大パニック・・
命も危ないくらい・・・
反対に家の方は、何時もどっさり降る雪に、対策万全でそろっていましたが、ほとんど雪がないといっても過言ではないくらいなのぅ。
不思議な現象が起きていますね。
Commented by kima2011 at 2014-02-19 22:00 x
茜さん こんばんは~
凄い雪ですねー 歩道を確保するのも大変ですねー
茜さんのブログを見る度に雪国の生活の大変な事を感じます
日ごろから、食料 燃料等の備えをしておかなくては、いけないですねー。災害に遭われた方が早く元の生活に戻れますよう・・・・・
早く春になって欲しいですねー
Commented by budoudana-de at 2014-02-20 10:40
momopororon様
こんにちは~。
先ずは、そちら雪が納まって何よりです。
78年振りって、知らないと同じ事ですよね。
そちらのブログでの様子を見ると、日陰の路地はガチガチのデコボコで歩きづらいし、車の運転も気をつけないとですね。
カーポートや家の柱等より頑丈にすべきかもしれませんが、自然はどんな顔を見せるかもわかりませんしね。
それにしても夏も冬も酷がつく激しさ~備えを忘れずにしておかないとと思います。
穏やかな春であってほしいです。

Commented by budoudana-de at 2014-02-20 10:45
ごじゃごじゃ様
こんにちは~。
そちらの雪も東北・秋田で引き受けてしまったのかも^^;
うず高く積まれた雪壁ももう見なれた景色になっています。
後は太陽、風、雨で雪が消えていくのをただ待つのみです。
自然の営みの変化には漠然とながら不安を感じますね。
Commented by budoudana-de at 2014-02-20 10:50
kima様
こんにちは~。
3.11の地震の時も僅か2日間停電におたおたしました。
まだ雪がちらつく日々でしたので、寒いし何より明りのない夜に厳しいものを感じたものです。
ですので、この度の孤立したままの地域の方々の不安を思うと人ごとでありません。
もうすぐ復旧と期待していますが、頑張って欲しいものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2014-02-19 14:18 | フォト 日記 | Trackback | Comments(6)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31