140年の歴史 <両関酒造>を見学

当横手市のお隣、湯沢市に<両関酒造>があります。
用が済んで、偶然、この造り酒屋の見学をさせてもらう機会を得ました。

いつか覗いてみたいと思っていましたので、念願かなって嬉しいひと時です。
歴史を感じるいかにも造り酒屋の趣き、大事に管理されていることがわかります。
a0214206_2182278.jpg

昔は専属の消防団があり、火消し車が当時のまま展示。↓  右の蔵は現在売店になっていました。
a0214206_2193446.jpg

左の部屋はもろみを圧搾する機械があり~ (圧搾の後にできるのが酒粕)
a0214206_2195835.jpg

このタンク群に移され醸造、調合等段階を経て瓶詰めされ出荷。
a0214206_21101764.jpg

隣室のタンクは吟醸酒など高価なお酒が貯蔵されています。 手がかじかんできました。
a0214206_2112345.jpg

売店では試飲もできるのですが車なので諦めて・・・
そういえば、大原麗子さんがCMをやっていたことありました。
a0214206_21141897.jpg

a0214206_2114505.jpg

帳場~
a0214206_21151960.jpg

嬉しくなるレトロな蝶番~
a0214206_21154444.jpg

広々として清潔に保たれた空間にほのかな麹の香りが漂い、
すれ違う社員の方々全てにお声掛けいただき誠実な社風も感じ入った次第です。
a0214206_223070.jpg

お天気も良く、素敵な日になりました。
トラックバックURL : http://mirrorinn.exblog.jp/tb/19457805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hibikorekouji2 at 2014-02-12 23:21
歴史あるものは見ていて美しく、心惹かれます。
蝶番一つにも「美」を感じます。

専属の消防団とは凄いですね。
同級生に造り酒屋の娘さんがいましたが、彼女のお弁当にいつも入っていた奈良漬を思い出しました^^

Commented by jiroemon0310 at 2014-02-13 14:40
茜さんへ
こんにちは!嫁です♪
雪が溶けて早く春が来るといいですね(汗)
両関酒造見学なさったのですね♪
大原麗子の少し愛して長く愛して♪のようなコマーシャルでしょうか?
優良な会社は社員教育もしっかりなさっているのですね(^o^)v
秋田の美味しいお米に美味しい水は美味しいお酒の出来る条件が整っていますね(^o^)v
大吟醸なども美味しいでしょうね♪
Commented by yu-yu-sansaku at 2014-02-13 21:38
(*・д・)ノ*:゚★こんばんヮ☆・゚:*:゚
両関酒造を見学ですか。
雰囲気がいいですね。☆ъ(*゚ー^)v♪

私は見学するだけで酔っちゃうかも(*'‐'*) 笑^^
ご訪問いただきまして温かいお言葉を
°・:,。★\(✪ฺܫ✪ฺ)♪ありがとう♪(✪ฺܫ✪ฺ)/★,。・:・°ございます♪
Commented by budoudana-de at 2014-02-15 13:55
hibikorekouji様
こんにちは~。
恐らく職人さんの手を感じるからでしょうか?
本当に心惹かれますね。

この消防団はご近所に火災あれば消火に駆けつけもしたのだそうです。
助け合いの精神ですね。

お友達、美味しい粕漬けを食べていたんでしょうね。♪
Commented by budoudana-de at 2014-02-15 14:03
治郎右衛門様
こんにちは~。
大原麗子さんの色っぽい声を思い出しました。♪
綺麗でしたねェ~

ご主人様はお酒ダメでしたね。
でも、梅酒くらいなら食前酒として奥様いいんじゃないから・・・ ご飯も更に美味しくいただけるような気がしますよ。
美味しいお米とお水に恵まれて、その点はありがたいことです。
雪もまんざら捨てたものでないですけど・・・降り過ぎですゥゥー
Commented by budoudana-de at 2014-02-15 14:05
彦星様
こんにちは~。
清潔で広々、天井が高く良い気分でした。
あらっ、彦星さんもお酒がダメなんですね。^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budoudana-de | 2014-02-12 22:19 | フォト 日記 | Trackback | Comments(6)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜