「ほっ」と。キャンペーン

なぜ、花をいけるの?

大雪に見舞われている鳥取をはじめ西の各地方、
慣れぬ雪は本当に大変なことです。
私たち雪国の者は毎年のことで
セッセと除雪に励むだけの日々ですが
昨日今日の報道を見るにつけ
住まわれていらっしゃる方々の寒さ、交通混乱、家屋の保全等々
不安にさいなまれていらっしゃることとお察しいたします。
一日も早く太陽が顔を出してくれること願い
併せて、心よりお見舞い申しげます。

太陽と風、雨があれば雪は消えてなくなるのですが・・・

昨夜、帰宅途中の降雪による自然渋滞です。



a0214206_15063093.jpg



この日、車の中に連翹を寝かせ持ち帰り
今朝、生け直して落ち着きました。
それでも
時折、「なぜ、お花をいけるんだろう」と思いながら
鋏を持つことがあります。
何故でしょう。
学び・夢中・達成感の大きな存在価値がそこにあると
これもいつも辿り着く結論です。
お花に限らず、仕事や趣味に埋没できる時間を持てるのは
人として最高の幸せ。
と、
自分に改めて言い聞かせたのでした。
長く同じことをしていると
ふいに立ち止まってしまうことがあります。。。ね。



a0214206_14344876.jpg









# by budoudana-de | 2017-02-11 15:38 | いけばな・アレンジメント | Trackback | Comments(4)

月夜

a0214206_00325070.jpg



PowerShot S120は光輪を幻想的に表わしました。
上はややシャドー加工。
肉眼ではもっと鮮明に月面を捉えているんですけどね。
キリリと締まった空気は月光を銀色に見せてくれます。

神々しい月、祈りの星。


a0214206_00330702.jpg

# by budoudana-de | 2017-02-11 01:00 | 自然 | Trackback | Comments(3)

薄い月


a0214206_21433225.jpg



目まぐるしく天候が変わるこの冬です。
そんな日々をやり過ごしているうち
春は近くまで来ていると感じた今日。
猛烈な吹雪の後に、
眩しくてサンバイザーを下してしまうほど太陽が照りつけました。
そんな太陽を背にすると薄い月が見えて

「見晴らしの良い場所へ行こう!」

優しく儚げな月です。

ふっと思いました。
私たちは月の子じゃないのかなァ~
そういえば・・・
かぐや姫も月に帰っていったっけ。

あと少しで満月です。




a0214206_21421949.jpg




# by budoudana-de | 2017-02-08 22:09 | 自然 | Trackback | Comments(2)

収支決算

a0214206_22212786.jpg

全力投球(?)の結果は・・・
伝票の仕分けが終わっただけで右ひじが痛い。
加齢の決算はすぐ出るんですけどね。
休憩時間の方が長いし(笑)



今年もこんなかなァ~
さぶい!


a0214206_22300862.jpg






# by budoudana-de | 2017-02-06 22:32 | フォト 日記 | Trackback | Comments(2)

たまには緩めても

a0214206_19401797.jpg


「くの字」も「真一文字」も目標は一緒だから
それなりに大事。
だけど、時には緩めたいね。

a0214206_19403141.jpg


眼下の山々は微動だにしない。
今日は青い。
明日は白一色?
ほんのり灯がこぼれる?
皆、生きながら張ったり緩めたり。


a0214206_19404263.jpg


幻に 行きつ戻りつ まつ毛愛し  (字あまり)



# by budoudana-de | 2017-02-05 20:31 | 自然 | Trackback | Comments(0)

平凡な田舎暮らし。毎日の嬉し、楽し、気がかり、感じたことを綴ります。お花に触れていると幸せを感じます。


by 茜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28